酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:長距離バス

メンドーサからブエノスアイレスに来る時も軽くトラブって、アルゼンチンのバスには若干トラウマがあります。
ちょっとバス乗るくらいでブログに書くなよって思うかもしれませんが、なかなか今回もひどかったので記しておきます。

ブエノスアイレスのバスターミナル、Retiroからのバスをネットで予約しました。
4040ペソ、ペソが値下がりしており、7000円くらいでした。
レティーロにもバスチケット屋はたくさんあるので直接買うこともできますが、チケット屋がありすぎて意味がわからなかったので、ネットで買いました。
昼15時にブエノスアイレスを出て、翌朝9時半にイグアスに着きます。

レティーロのバスターミナルは、田舎と違い、発車プラットフォーム番号を知らせてくれる電光掲示板があります。
バスが来たらそこに表示されるんですが、私のは15時を過ぎても表示されず、また置いていかれたのかとヤキモキしていました。
15時10分くらいにさすがにインフォメーション行くか、と歩いていたらバス到着の表示が出てきました。

バスに乗ってすぐの機内食のおやつ。
FullSizeRender

クリームサンドのクッキーとクラッカー、マテ茶です。
マテ茶飲みたいけどこのバスお湯がないです。
FullSizeRender

そしてお夕飯。
写真ぶれてるけど、ビニールの蓋の中にめっちゃマヨネーズが飛び散っています。
しかも持ってくるとき縦にされていました。
ひどい。
FullSizeRender

飛び散っていたのは、ハムの下にあるライスサラダのマヨネーズでした。
ひどい。
味は悪くないけど、車内の冷房だけで冷えていたっぽいこの弁当、食品添加物が若干気になる。
IMG_1428

この後、誰かがトイレで何かをやらかして、物凄い濃縮されたマリファナのような臭いが車内に充満、それをなんとかしようとくっさい香水を撒き散らす客がいたりと、なかなかでした。

到着時間は朝10時30分ごろ、おそらくチケットに書いてある時間より1時間ほど遅れるのがデフォルトなようです。

アルゼンチンのバスは、飛行機よりちょっとだけお安いです。
市街地と近いのでタクシー乗らなくていいのもポイント高いです。
私は1000円あったらホステルとメシで一日生きられると思ってるので少しでも節約したいし、そんな急ぐ旅もしてないのでバスでいいです。
ただこのクオリティやらを考えると、短期間のバックパッカーや個人旅行なら、飛行機の方をお勧めします!

おとといはバスを逃しましたが、昨日無事バスに乗り、今日今さっきブエノスアイレスに到着しました。

バスは片道3700ペソ(しかしネットでチケット買ったので手数料が乗って4070ペソ)のCama席でした。
アルゼンチンの長距離バスは、フルリクライニング3列シートのバスのことをそう呼ぶみたいです。
夜は本当にしっかり爆睡できます。
前のモニターにはUSBチャージャーもついています。
IMG_0613

途中夕焼けがとてもきれいに見えました。
IMG_0616

このバスはなんと機内食が出ます。
キッシュっぽいもの、なかなか美味しいフランスパン、デザートが先に来ます。
IMG_0617

そしてメインはこのカネロニという名前のアルゼンチン式なんちゃってイタリアン。
アルゼンチンはイタリア系の人がたくさんいて、イタリアンのお店がたくさんあります。
しかしなんかよくわからない独自の解釈をされていることが多いです。
また別で記事書こうと思います。
IMG_0619

朝は朝ごはん的なものが来ました。
カップケーキとクッキー、別でお湯が来るのでコーヒーをつくります。
IMG_0621

そんな感じで超快適にブエノスアイレスに到着しました。
飛行機もそんなに高くないけど、荷物追加するとお金がかかるので、こないだのワイナリーツアーが高かったから1円でも節約したい民の私はバスに乗りました。
みんなプラットフォームはしっかり色んな人に確認しよう。

トルコに入国後もなんかバスの中に警察とか来たけど私爆睡しててあんまり覚えてません。
サービスエリアに止まりますが、こういう肉プレートや肉サンド系の料理はだいたい20リラを超えます。
ATMはありません。
私の手持ちは20リラ、うまそうな肉を横目にここからは必死で2リラのクッキーを買いまくって食いつなぎます。
IMG_3384

時々洗車休憩もあります。
IMG_3385

みんなが元気になったら、運転手さんが音楽のボリュームを上げます。
イランでは歌うことも踊ることも法律で禁じられているため、みんなここぞとばかりに踊って盛り上がります。

とあるサービスエリアで止まったとき、タバコの箱数抜き打ちチェックがありました。
イラン人は越境時にタバコを3カートンまでしか持ち込めないのですが、時々越境後に違法なタバコおじさんから買ったりするのでその対策だそうです。
全員荷物を全て持ってバスを降ろされ、大きな荷物も全部開けて調べられました。

6月30日昼過ぎ、アンカラに到着します。
バスターミナルの横だし、昼間だし、アンカラでおりとけば良かった。
IMG_3387

イスタンブールに着いたのは夜10時を過ぎていました。
オルタキョイの橋から、ブルーモスクたちが見えました!
IMG_3395

降ろされたのはイスタンブールの繁華街、アクサライ駅付近。
ここはイラン人街になっているようで、些か治安がよろしくない感じがします。
イラン人向けなのか、ATMはクレカも国際キャッシュカードも受け付けてくれませんでした。

地下鉄Yeni Kapi駅から終電に滑り込んで数駅、Otogal駅はバスターミナルに直結しています。
しかし目的地であるイズミルはビーチで有名、バスはどこも朝まで満席でした。
そこでなぜかイズミル行きの呼び込みをしていたのでチケット買ってみたら違法バスだったみたいで、ものすごく小さいバスでした。
IMG_3399

隣の人が痴漢で、暴れながら7時間、やっとイズミルに到着しました。

友人宅の猫さま。
わたしおつかれ
IMG_3419

2019年6月29日朝10時、テヘラン西のアサーディー塔近くのバスターミナルから、イスタンブール行きのバスに乗りました。

荷物を預けた時のチケットは、パスポートに直貼りされます。
IMG_3353

機内食は、最初に出てくるジュースとお菓子、あとこのお弁当のみです。
ぜひ色々買って乗り込むなり、道中買い足すためのお金を持参するなりしましょう。
FullSizeRender

お席は3列シートのゆったり仕様、女性の一人旅でも安心です。
IMG_3359

国境到着前、Khoyという街の交番でパスポートチェックがあります。
全員パスポートを一度回収されます。

そこから約2時間ぐらい、20時頃国境に到着しました。
これがイラン側の国境。
ここでバスを降り、荷物を全部持って越境します。
IMG_3369

やる気のない担当者による荷物検査を経て、血圧を測ります。
なんで血圧かはわかりません。
担当のオッさんはノリノリでセルフィーしていました。
IMG_3370

イラン側のゆるゆるパスポートチェックを経てトルコへ入国します。
このローマアルファベットの安心感が半端ない。
IMG_3371

トルコ側のパスポートコントロール。
ここでは全く英語が通じず、ソーリー?と聞き返すとソーリーという地名か何かだと思われました。
IMG_3373

この後に税関でタバコのカートン数チェックがあります。
3カートンが持ち出しの限度です。
トルコ側に行けば違法タバコおじさんがいて、買えたりします。

越境。
奥にうっすら見える山はアララト山、ハイキングもできるみたいです。

この後同じバスに乗るのですが、バスの越境に3-4時間かかるため、ここで待つ必要があります。
外はかなり冷え込んでおり、思わずパーカーを引っ張り出しました。
IMG_3374

このページのトップヘ