酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:牛肉

アルゼンチンの牛肉は美味いというのは何かで読んで知ってはいました。
しかし私は牛肉がそれほど得意ではなく、特にステーキとか焼き肉とか、さしが入ってたり脂身が多い肉の臭みみたいなものがとても苦手でした。
だからスパイスをたっぷり使ったハンバーグやケバブなんかを好んで食べていました。
しかしアルゼンチンで食べたステーキは私の牛肉に対するイメージを180度変えてくれました。
アルゼンチンで食べるステーキはどれもこれも飲むように脂身すら食べられます。
噛むごとに溢れる旨味みたいなものが今まで食べた牛肉とは段違いでした。

ブエノスアイレスから乗った豪華客船で出会ったアルゼンチン人のご夫婦にいろんなことを教えていただきました。
アルゼンチンの週末の娯楽といえばアサード(牛肉バーベキュー)であること、エンパナーダには地域ごとにスタイルがあること、スペイン語の表現などなど。。
そんな彼らが教えてくれた中でも衝撃的だったのがこれ、Matamble a la pizzaという、牛肉のあばらの部分のビロンとでかい肉をグリルの上にどどーんと置き、チーズや具材をのっけてピザにしてしまうという大変贅沢なものでした。

Matamble a la pizza
材料
ステーキ肉
ピザチーズ
トマト
ピーマンなど

作り方
牛肉は脂身大っ嫌いなので赤身のもも肉をチョイス。
柔らかくするため、細かく格子状に両面に切れ目を入れ、ワインビネガーを振りかけて30分ほど置く。
30分後ビネガーを洗い流し、キッチンペーパーで肉の水気をとったら塩胡椒をすり込む。

フライパンに少量油を敷き、肉を焼く。
片面にある程度火が通ったら裏返し、弱火にする。
IMG_3776

ピザチーズ、スライストマト、ピーマンなどを乗せ、蓋をしてじっくり火を通す。
IMG_3777

盛り付けて、肉汁は上からかけて完成!
FullSizeRender


これはめちゃくちゃおいしいです!
完熟させたトマトに軽く熱が入ったことによっていい感じに甘みが引き立って、チーズと牛肉のこっくり感を和らげてくれています!
今日すぐ作るからビネガー漬けにしたけど、多分玉ねぎのすりおろしなんかで漬け込んだらそれも大変柔らかくて美味しいステーキになったと思います。

これ、アルゼンチンの本物の牛肉でやったらどんだけ美味いんだろう。。。食ってみたい。。

私もメキシコに実際来るまで、タコス以外のメキシカンはモーレというチョコ唐辛子ソースの料理しか知りませんでした。
すごく当然なんだけど、意外と色々あるもんだなというのが感想です。
その中の一つが、Birriaというビーフシチュー。
これはテキーラ村のあるハリスコ州(カルロスサンタナの出身地)の名物料理です。
初めて食べたのは市場の食堂、荒々しい感じでプラスチックの皿に盛られ、お好みで薬味をトッピングします。
image
肉を漬け込むのに一晩かかるけど、美味しいので作る価値ありです!

Birria(2-3人前)
材料
牛肉もも 400グラム
メキシコの唐辛子(今回はうちにあったAnchoという種類のやつ) 2個
玉ねぎ 8分の1個
にんにく 2かけ
トマト 1個
ワインビネガー 大さじ半分
生姜 チューブのやつで2センチ
クミン 小さじ1
オレガノ 小さじ2
タイム 小さじ2
胡椒 小さじ1
シナモンパウダー 小さじ1.5
クローブパウダー 小さじ1
ローリエ 1枚
薬味の玉ねぎみじん切り 好きなだけ
薬味のパクチー 好きなだけ 

作り方
肉のマリネ液を作る。
まずはメキシカンのあるある工程、唐辛子の出汁をとる。
別でお湯を沸かしておく。
唐辛子を切って、中の種を取り除く。
image
強火でトータル5分ほど両目しっかり焼く。
image

沸かしておいたお湯約300ccの中に唐辛子を柔らかくなるまで(約10分)漬けておく。
image

さっきのフライパンに油を敷き、強めの火でにんにく、玉ねぎとトマトを炒める。
ジュージューいってきたら、クミンを入れて一緒に熱する。
軽く火が通ればok、玉ねぎが透明になるのを待つ必要はない。
image

その間に唐辛子の出汁が取れる。
汁は明日使うので取っておく。
image

フードプロセッサーに、出汁をとった唐辛子、炒めたトマトとにんにくと玉ねぎとクミン、ビネガー、オレガノ、タイム、胡椒、シナモン、クローブ、生姜(つまりローリエと肉以外)全部入れて、全てがドロドロになるまで回す。
image

マリネ液完成。
もうちょっと回してもよかったかも。
塩も小さじ2足しました。
image

肉はカレーより大きめくらいに切るのが現地っぽい。
image

この肉をマリネ液に浸し、少なくとも一晩は置く。
image

一晩経ったら、フライパンに油を敷き、肉からマリネ液を軽く落とし、肉だけをまず焼き、表面に火を通す。
その後圧力鍋に焼いた肉とマリネ液全部、昨日取った唐辛子の出汁を入れて、圧がかかってから45分煮る。
もしくは鉄の鍋とかに入れて蓋してそのままオーブンで4時間焼く。
image

45分たったら火を消し、自然と圧が下がるのを待つ。
味見しながら必要に応じて塩で調味して完成!

薬味はみじん切りの玉ねぎと、パクチーがなかったのでネギ。
メキシコっぽいかと思ってすだち添えてみた。 
image

実食。
もう、本当にメキシコに戻ったような味がします!!
旅してた日が懐かしいです。
スパイス類は、手に入りにくいようなら多分クミンとオレガノとシナモンのみでも構いませんが、その場合タイムの分もオレガノを、クローブのぶんもシナモンを足しましょう。
悔やまれるのは、パクチーが手に入らなかったこと。
この季節はいつも手に入りにくいそうです。
今回は現地のレシピに忠実だったけど、酢の代わりに醤油かめんつゆにすることと、マリネの時点で少しはちみつを入れるとコクが出るかなと思いました。
写真はヤギ肉のBirriaの店のもの。
やっぱりトルティーヤと一緒に食べたい!
image

このページのトップヘ