酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:温泉

コルカ渓谷ツアーに参加しました。
朝3時から夕方6時までのみっちりツアー、朝食、昼食、バスとガイドつきで80ソルでした。
入場料は別で70ソルかかります。

コルカ渓谷はこんな感じで棚田がどこまでも広がっています。
色んな写真スポットで止まってくれましたが、だいたいどこも同じようなこんな景色でした。
田んぼはインカより前の時代に使われていたようで、じゃがいも、トウモロコシ、キヌアが栽培されていたそうです。
キヌアは鉄分を多く含み、酸素が不足しがちな高地において、血液中のヘモグロビンを増やすのに一役も二役も買っていたそうです。
IMG_9741

この近くにはコンドルの十字架と呼ばれる場所があり、十字架は単なる目印で、野生のコンドルを見ることができます。
私もトイレ行って出てきたところでちょうど飛んでるコンドルを見ることができました!

その他訪れたのは素晴らしすぎる温泉、アルパカ保護区です。
アルパカ保護区にはビクーニャやリャマなんかもおり、違法ハンターたちから守られています。
立ち寄りはしませんでしたが、車窓から野生のフラミンゴも見ることができました!
IMG_9808

ちなみにお昼ご飯のビュッフェがなかなか良かったので書いておきます。
これはリャマのスープ。
トマトベースのピリ辛のスープに、たくさんの人参が旨味を足しており、大変秀逸でした。
IMG_9804

こちらはメインでとってきたやつ。
ピーマンではなくトウガラシの肉詰め。
ちょっとピリ辛ながら、お肉によくあっていて美味しいです。
クリームのやつはアルパカのクリーム煮。
さっきアルパカ愛でたのに。
大変美味しかったです。
IMG_9805

今日はコルカ渓谷ツアーに参加しました。
朝3時にお迎えが来て、夕方までみっちり観光でした。
このツアーの大いなるお目当は、温泉!!!
もう3ヶ月くらいお風呂に浸かってないし、プーノのホステルのシャワーは水だし、アレキパのホステルも水シャワーだし、さらに昨日の夜は断水で、満足にシャワーを浴びれていない私にはもはや福音です。

川を渡るのは吊り橋もあるけど15ソルでジップラインすることもできます。

入湯料は15ソルです。
湯船はいくつかあり、もちろん露天、天蓋がある浴槽もあるので、日焼けもマシです。
温度は日本人好みの熱め!
泉質は石灰多めで透明、硫黄の香りはしません。
IMG_9793

そしてなんとビールも売ってます!!
しかもアレキパビール!
あったかい湯船に浸かりながらビールまで飲めて、ここはみちのく深沢温泉でしょうか。
私はとっても幸せです。
IMG_9794

コタキナバルには2つ温泉があり、うち一つがPoring温泉です。
この温泉は進駐していた日本軍が作ったそうです。
ジャングルの中で戦ってても温泉に浸かりたい気持ち、わかりすぎる。

浴槽は足湯だったり全身だったり、色々屋外にあります。
IMG_1142

しかし追加料金を払ったら、プライベートジャクジーを借りれます!
安いやつは1時間15リンギ、ラフレシアジャクジーは20リンギでした。5リンギットは約150円、悩む値段ではありません。

これが個室。
ラフレシア、の表札が。
IMG_1143

風呂。
温泉の水道があるので、それでお湯を溜めて浸かります。
IMG_1140

温度はなかなかあったかく、海外の中途半端なぬるさではありません。
日本出国から3週間、久しぶりにお湯(結果的にお湯になってる水ではなく、お湯)を浴びれて浸かれて、大変蘇りました。

このページのトップヘ