酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

タグ:植物園

ホステルのルームメイトに勧められて、オアハカ植物園に行ってきました。
メキシコ全土に生息するサボテンやら樹木やら、珍しいものまで色々あるそうです。
この植物園はサンドミンゴ教会隣の博物館からも一部見えますが、やはり中に入ってみた方が良かったです。
IMG_8932

しかし気をつけないといけないのが、この植物園は園内ツアーでしか入ることができないこと。
そしてツアーの時間も決まっています。
私が行った時はスペイン語ツアーしかありませんでした。
50ペソで、園内を回る時はソンブレロを貸してくれます。
説明も断片的に理解したところのみ書きます。
IMG_8905

この柑橘系の実がなる木は、かつてサポテカ文明では宗教儀式に用いられたそうです。
どの部分かは聞き取れませんでしたが薬効があり、咳に効くそうです。
この近くにはチョコドリンクのテハテに使われる花が咲く木もありました。
IMG_8907

この木はユカタン半島に多く生息し、マヤ民族の神聖な儀式で使われてきたものだそうです。
IMG_8909

こちらの木も薬効があり、おそらく月経関連?女性特有の症状に効く、とのことでした。
パリパリと皮がむけている様がなんとも日焼けした後のようで面白いです。
IMG_8911

この太くて大きなサボテン、横の人と比較するとすごい。
IMG_8918

こちらが植物園のフォトジェニックスポット!
大変きれいなところでした。
IMG_8925

イギリスに来て約2週間ほど経ちますが、晴れた日は数日ほどしかありません。
そんな常にどんよりしてるイギリスで、昨日は超珍しく快晴だったこともあり、滞在先から車で30分ほどのところにある樹木園(植物園みたいなもの)にお散歩に行ってきました。
やっぱり冬場は日も照らず毎日ジメジメしていて、この日はイギリス人もみんなお出かけしており、道路は激混み、植物園も人だらけでした。
子供連れの家族や、犬なんかのペットもたくさん連れられてきていました。
日本だとそこまで公園で犬をたくさん見ない気がします(しかしこっちの犬はものすごいちゃんとしつけられてる)。
Winkworth Arboretumは、ナショナルトラストというイギリスの自然保護団体に保護されており、ここの会員になっていれば入場料はいりません。
私は通常の大人料金9ポンドを払いました。

園内には栗がたくさん落ちています。
これはホースチェスナッツといって食べれないとか。
IMG_7505

快晴の秋晴れ!
そういえばこんな空久しく見てない。
IMG_7511

秋は紅葉が綺麗で、この木のみならず真っ赤に紅葉したもみじがたくさんあります。
FullSizeRender

日本風庭園や日本の植物はイギリスで大変人気で、ガーデニング屋さんに行くと日本コーナーがあるほどです。
もみじや柳、石灯籠とかが売られています。
国名でコーナーを作ってもらえているのは日本くらいだったので、大変誇らしく、また先人たちの努力に身が引き締まる思いです。

このページのトップヘ