酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:干し鱈

塩たらを3日かけて水で戻しました。

今日はこれを使って料理します!
IMG_2871

ソムリエ教本にも載っていて、試験前に作ってみたブランダードというタラとじゃがいものマッシュポテトみたいなやつ。
当時は干し鱈もわざわざ買わず、普通のそこら辺の切り身のタラを使いました。
美味しかったけど、なんか特に印象にも残らない味でした。

しかしフランス現地で食べたブランダードは、舌に干し鱈の繊維が触るようなざらつきと、たっぷり使われたハーブがとてもワインを飲みたくなる逸品でした。
せっかく干し鱈があるので作ってみようと思います。


ブランダード
2人分くらい
材料
もどした塩たら 2枚
じゃがいも 小4つ
牛乳 1.5カップ
にんにく 2かけ
ローリエ 1枚
タイム 大さじ1

作り方
塩たらは皮を剥き、2センチ幅くらいに切って鍋に入れます。
その鍋に、牛乳、にんにく、ローリエ、タイムを入れて煮ます。
沸騰したら弱火にし、吹きこぼれないよう気を付けながら5分くらい煮ます。
IMG_2872

その間にじゃがいもを茹でます。
私は早く火を通したいので、小さく切って水はひたひたにします。
IMG_2873

茹で上がったタラは、牛乳を半分除き、身をほぐします。
というかマッシュします。
茹で上がったじゃがいもも同様にマッシュし、タラと牛乳と合わせてよく混ぜ、滑らかにします。
余った牛乳はパンでも浸して焼いてフレンチトーストにでもするといいと思います。
IMG_2874

耐熱容器に移し、オーブンで表面に焦げ目をつけます。
今回は200度で20分焼きました。
IMG_2877

出来上がり!
写真ではわかりにくいけど焦げ目がついています。
IMG_2878

お味はまさにフランスで食べた、ワイン欲しくなるあの食感、あの味!
ハーブとにんにく、牛乳がタラの臭みを消して、とてもいい味を出しています!
(塩たらは袋を開けた瞬間から漁港を凝縮したようなすんごい臭いがします)
しかしこのタラ4切れ分入って1600円くらいだったことを考えるとおいそれと買えるものでもありません。
食感考えると、ツナ缶で代用できないもんかな?と思っています。

フランスで食べたブランダードは、この写真の真ん中の、バットに入ったもの。
南フランスらしくハーブがたっぷり入っており、滑らかで、ステイしていたワイナリーの白ワインととってもよく合いました!
IMG_6387

五反田の南米食材店で、ブラジルの塩ダラを買ってきました。
これで大体10cm×20cmくらいの大きさで、4枚タラが入って1600円くらいでした。 
ブラジルの、というか元々はポルトガルの食べ物です。
IMG_2820

このパッケージの中にタラが4切れ入っていました。
厳重に包まれたラップを開けると、途端に魚屋さんというよりもはや漁港みたいなすごい匂いがします。
IMG_2821

まずは2切れ戻してみます。
これの周りについた塩を流水で洗い流した後、水につけ、冷蔵庫にいれておきます。
この水を1日4-5回交換するという作業を3日ほど続けます。
さらに、この水も冷蔵庫同じ温度ではないといけないそうで、ペットボトルに入れて一緒に保存します。
もしかして動物飼うよりめんどくさいのでは。
IMG_2822

3日後の塩たらがこちら。
ふっくらプルプルになっています!
IMG_2871

このページのトップヘ