タグ:占い

コカ博物館で見たコカの葉占い、ネットで調べたらなんと見つかりました。
30分で約30ドル、大変有意義な時間を過ごせました!
ここから英語で予約できます。
 

アンデスのおっちゃんがやってきました。
布を広げ、さらに占い用に神様を降ろす敷地を決める布を置きます。
そこにコカの葉を広げ、大地の神様パチャママをはじめとするインカの神様に祈りを捧げます。
この時使う言葉はケチュア語!
インカの人々が使っていた言葉です。
隣ではツアーガイドのお兄さんがケチュア語から英語にしてくれます。
クスコの住人の約20パーセントがケチュア語話者だそうです。
ツアーガイドのお兄さんは、おばあちゃんがケチュア語を話してるのを聞いて覚えたとか。
IMG_9217 
祈りを捧げるのに使ったコカの葉から、綺麗なものを何枚か選びます。
占いは選んだコカの葉を放り投げて、その落ち方で運勢を見ます。
葉っぱが裏返しになったり、この黒いゾーンから外に出たらあまり良くない運勢です。
また、葉っぱの付け根と付け根が重なるのもよくないサイン、しかし先っぽ同士だったらいいサインだそうです。
なのでつまりタロットや占星術のような細かいリーディングというより、イエスノーを表すような割と単純なものです。
それに応じて質問の仕方と質問の内容も考える必要があります。
IMG_9220

私は、一般運、旅の運、仕事、お金、恋愛などについて聞きました。
一般運は、なんかあんまり良くないね、って言われているのが映像に残っています。
旅運は問題なし、仕事もお金も問題なし、恋愛はまだまだ先に出会う人と男の子を一人産むとかでした。
映像にはありませんが、一部センシティブな内容も質問したところ、葉っぱがいろんなところに飛んでいったり裏返ったり、思わしくない結果になる部分もあり、質問内容は考えないといけないなあと思いました。

キャロリンさんのご友人のタロットリーダー、Madam Lunaさんに占いをしていただきました。
素敵な布を敷き、セージやお香を燃やして空気を浄化します。
セージはトルコで香ったものよりも香りが強い気がします。
私は今世界中を旅している最中で、いつ旅を終えるのか、その後何をするのかも具体的に決めていない、とだけ伝えて占っていただきました。
IMG_7317

あなた不安でいっぱいみたいだけど、大きな夢があるのね、心配だろうけど挑戦に必要な見識や経験も十分にあるみたいだし絶対成功するから大丈夫よ、と言ってもらえました。
道中どこかで私を助けてくれるような人と出会うようで、射手座で、情熱を持った人物だそうです。
FullSizeRender

新月から三日月になり、満月になるようなカードが出ていました。
タロットの方は、似たようなPentaclesとSwordのカードばかりが出てきて、ぴったり現状を示してくれました。
鳥肌がたったからあなたは大丈夫よ、と言っていただきました。

 

トルコはお茶もコーヒーも両方飲む国として有名です。
飲み終わったトルココーヒーのカップを使って占いをすることができます。

トルコはイズミルというエーゲ海に面した街、Konakフェリーポートで降り、徒歩5分程度でバザールに到着します。

造りはイランのバザールと似てるけど、売られているものがやはりトルコ、現代的な水タバコや、各国の輸入品などが多くあります。
IMG_3518

バザールの一角にはカフェがあり、トルココーヒーやチャイを頂いて一休みすることができます。
お店によってはトルココーヒーでコーヒー占いしてくれる人がいる店もあるみたいです。
私は、イズミルの友人Nurちゃんに占ってもらいました。
FullSizeRender

トルココーヒーは、底にコーヒーの澱が残ります。
これは飲んじゃうと苦いので残します。

この段階で、占いたいことを考えながら、蓋をカップにかぶせ、ひっくり返します。
写真はNurちゃんの手にかかった様子。
私のラッキーをちょっと彼女に分けたことになるようです。

その後カップが冷めるまでしばらく待ちます。
カップが常温になったらひっくり返してリーディング開始します。
IMG_3522

補助的にタロットカードも使いながらリーディングしていきます。
持ち手から時計回りに現在から未来を見ます。
カップの奥は過去を表します。
以下は自分の旅と旅の後の経済事情を占った私の結果です

・おそらく9月にフランスで走る予定のマラソンは、思っているよりも結構走れそう
・名前か苗字がBで始まる人(多分女性)の印象が悪くなる。
・おそらくマラケシュだと思われるところででスピリチュアルななにかを感じる
 (大きな建物が二つ並んでるところ)
・三角形の、アラビア文字みたいなものが書かれたものに守られてる(その時ちょうど日本の強力なお守りを持っていたので二人で鳥肌)
・お金は旅している場所ではなく、例えば日本など、現地から離れた遠いところで稼ぐ
・カップのふちにキスしている2人が見えるため、旅の初めか終わりに感情的なつながりがあると思われる
・澱があまり残っておらずカップが綺麗なので、旅に危険や問題はない。どこかに思ったより長く滞在し、そこで誰かの結婚式に参列する
・旅のうち5.6箇所ほどすごく身近に感じる場所があり、そこは多分前世で行った場所
・旅の間はあんまり始めて会った人を信用しない方がいい
・突然の嬉しいニュースがある
・固定資産を表すラクダが見えるため、どこかで家を買っちゃう感じがするが、その時に騙されないように、コストと実物をよく確認すること
・なにか食関連か魚介類の資格か認定をとる
IMG_3523

以前にも日本のトルコ料理屋さんでコーヒー占いをやってもらったことがあるのですが、その時も色々当たってびっくりした記憶があります。
特に今回は持ち物(お守り)の形までピタッと当たったため、強烈にびっくりしました。
今後の旅路に問題はないとのことで、大変安心いたしました!

 リーディングしてくれたNurちゃんはアーティスト。
水彩×ヌードをテーマに色々な絵を描いています。 

イランの有名な詩人、ハーフェズと言う人がおります。
14世紀ごろに活躍した人で、イラン人にとっては知らない人はいない、みんなこの人の詩を暗唱できるような、そんな有名人です。
イメージ的に、日本人だと「祇園精舎の鐘の声、、、」みたいなもんでしょうか。

その人のお墓も人気観光スポットになっています。
この建物は、割と最近フランス人の建築家によってデザインされたものだそう。
お墓の周りは公園みたいになっており、ローカルの人の憩いの場としても人気のようです。
IMG_2449

天井のモザイクが見事です。
IMG_2453

このハーフェズ廟を出たところでは、ハーフェズの詩の一節が書かれたものを売る人たちがいます。
小鳥さんを使って、この紙を一枚取ります。
いわばおみくじみたいな感じです。
IMG_2455

絵が書いてある紙もセットでくれます。
「友人を大切にせよ、軽々しく誰かを紹介しないように」と言われました。
IMG_2459

これは友人に買ったもの。
谷間をガン見してる男性が気になります。
「惨めで辛い日々はおわり、新しいいい日が始まる。
日々に感謝し、貧しいものに施しをせよ。
みんなに愛され助けられるので、みんなに感謝すること。
思いもしないことで成功する。
嫉妬する人は無視するよう」とのこと。
IMG_2456

占いの紙は10枚ほど買ってあります。
こちら報告会の時にお配りしたいと思います!

↑このページのトップヘ