酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:中華

タイからマレー鉄道に乗ってマレーシアはペナンに向かいました。
そこのゲストハウスで仲良くなった、マレーシア人のケイティさん(バツイチアメリカ国籍あり、モテモテ)と、モロッコ人のリムちゃん(韓国に留学中の女子大生超美人)と一緒に、ケイティさんオススメのバーベキュー村に繰り出しました。
IMG_2788



そこで食べて感動したのがこのナスのバーベキュー。
マジでビールが欲しいのに、Summersbuy?とかいう甘いシードルしかなく、とても欲求不満でした。
だから作ります!
ナスの中華風炒め
1人分
材料
ナス 1本
にんにくチューブ 2センチ
しょうがチューブ 1センチ
一味唐辛子(あれば鷹の爪を輪切り) 3ふりくらい
醤油 小さじ3くらい
わけぎ 適量

作り方
油(ごま油推奨)を引いたフライパンで、ナスがしなっとするまで炒める。
フライパンいっぱいのナスがしんなりして、小皿程度になります。
IMG_2785

ナスは別皿に避けておいて、フライパンに再度少量のごま油を引いて、にんにく、しょうがを入れ、音がしてきたらナスをフライパンに戻す。
一味唐辛子をかけながら和える。
最後に醤油を回しかけ、1分ほど炒めます。
IMG_2786

盛り付けの時に青ネギ(今日はパクチー)をかけて完成!
IMG_2787

すごい、さすがしょうがとにんにくは裏切らないビールの友達です。
本家は、醤油のみならず少量の黒酢も入れるようで、やはりそれがないと味的にも再現度は低めかなと思われます。
とはいえすごい親しみのある味!!
調味料がそこらへんのスーパーで揃って、15分くらいで全部完成する料理めっちゃ久しぶり!!
ご飯のお供としても大変優秀です!!

なんでマレーシアなのに中華料理なのかは以下を参照


つくづく移民の影響を強く受けている国だと思うのがペルーです。
クリオーリョ料理の店にも、中華料理屋にも絶対あるのがこれ、Arroz Chaufa。
最初はペルー式ピラフかなとか思ってたんですが、実は本当にチャーハンでした。
Chaufaって中華って意味だそうです。
米粒ふっくらめのチャーハンはほぼ存在しませんが、ペルーの米は基本パラパラなので、パラパラの綺麗なチャーハンがいつも出てきます。
IMG_9906

チャーハンだけど絶対ついてくるのがライムとこのソース。
ソースは基本めちゃくちゃ辛いけど、チャーハンが多めなので、飽き始めたときの味変アイテムとして重宝します。
IMG_9905

あとこれも中華かなと思われるのが、このパスタ。
なんか醤油っぽいソースが絡まっています。
チャーハンはかなり美味しいけど、この麺のやつはあまり期待できない店が多いです。
IMG_9561

チャーハンによくセットで付いてくるのがこのワンタンスープ。
名前もそのままで、Sopa wantanと言います。
ワンタンの生地は基本分厚く、あと何故か麺も入ってます。
でもスープは生姜が効いててとても美味しいです。
IMG_9312

唐揚げや他の中華おかずとチャーハンのコンボプレートもよくあります。
中華料理屋の唐揚げは基本美味しくてとても良いです。
IMG_9039

このページのトップヘ