酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:世界一周

猫さんたちが来てから1週間ほど経ったわけですが、当初思い描いていた猫ライフとはちょっと違っていました。
子猫は大変とか色々言われるけど、誰も具体的に何が大変なのか言わないので、うちの場合の大変を書いていきます。

まず金銭面。
餌代月5千円くらいとトイレの砂1000円くらいだよーとみんな言いますが、初期費用はそうはいきません。
猫は猫砂的なものがあればそこでトイレすると思ってました。
しかしうちの猫は用意していた猫砂が気に入らなかったこともあり、羽毛布団やら敷布団に2回くらいオシッコしてきました。
ボランティアさんから彼らの匂いが残ったの鉱物系の猫砂をもらって落ち着きました。
布団はうちで洗うからいいとして、また猫砂を買いに行ったり、トイレもう一個導入するお金がかかりました。
キャットフードも同様で、置いとけば食べるし、それでいいと思っていました。
しかし蓋を開けてみるとフードが合う合わないがあり、血便出したり猫のわりには軟便だったりと、最初買ったフードは使わなくなりました。
また、夜中とか明け方に走り回るので、騒音対策に床に低反発ラグを二重に敷きました。
百均のジョイントマットを1600円(9枚400円のがある)と、低反発ラグ3畳分で9100円でした。

飼い主の健康面もあります。
猫は夜明けと夕暮れ時にハッスルする生き物です。
だから夜とかマジで運動会します。
朝は起こされるし体の上とか走られるし蹴られるしで寝られません。
飼い主は仕事を始めたばかりだからしっかり寝たいんです。。
寝るまえの30分ー1時間は猫と遊んで疲れさせる時間です。
また、人間の食べ物に興味津々で、人間はおちおちごはんを食べていられません。
プルダックの激辛焼きそばですら、食べようとしてきます。
料理しようにもキッチンにいるだけで、なぜ自分たちはダメなのにお前はキッチンに入ってるのかと猫たちがワーワー抗議してきます。
私が一瞬でも見えなくなるとだめなので、トイレやシャワーもゆっくりできません。

猫さまたちにも健康問題があります。
ストレスなのか、餌が合わないのか、はたまた寄生虫やら感染症なのか、血便が出てます。
獣医さんに見せたところ、これは原因はもう少し様子を見ないとわからないと言われました。
また、その時血がついた便を持って行ったら、便も猫の健康体よりかなり柔らかめだそうで、私は初めて猫に薬を飲ませています。

画像は動物病院いって疲れた2匹。
こんな寝方普段はしないんですが、よっぽどだったんでしょう。
IMG_3164

個体差はあるらしいですが、ネットにかわいい画像が溢れている子猫のこれがほぼ現実だと思います。
誰も大変さを言語化していないので、私が今のうちに。

寝不足で猫心配すぎて、外出したら布団におしっこされるかもしれないという状況で若干ノイローゼの兆しを感じながら、仕事が始まりました。
前職が大変すぎたせいで、研修が充実して定時で帰れる今のお仕事はありがたいしかありません。
年収は前職と100万くらいしかかわらないのに、これだけ差があるなら早いとこ辞めておけばよかったと思いました。

旅ブログから猫ブログな内容になってしまいました。
こんな状況なのでお料理も動画編集も全くできていないです。
しかし10月くらいから旅の報告会をすべく、ちまちま準備をしております。
まずはブラジルあたりから、報告していこうと思っています!

南米を旅行中にハードな旅人から軒並み勧められたのが、パタゴニアにあるTorres del Paine国立公園。
ここはきれいな山とかがたくさんありますが、中でも私が気になるのは氷河トレッキングというやつです。
私が旅した時、チリでは暴動が発生しており、外務省のホームページによるとサンティアゴ 以外の街でもまあまあ危ないということで、イースター島以外のチリを行くことはやめていました。
今後絶対行こうと思った友人のインスタ投稿がコチラ
この投稿をInstagramで見る

The glacier was God's great plough set at work ages ago to grind, furrow, and knead over, as it were, the surface of the earth. ⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀ #travel #travelphotography #photography #nature #travelgram #love #photooftheday #instagood #instatravel #wanderlust #adventure #wander #explore #traveller #mytravelgram #passionpassport #travelphotography #beautifuldestinations #love #instagood #me #photooftheday #picoftheday #beautiful #hiking #glacier #mountains #nature #travel #landscape #snow #hiking #travelphotography #ice #hike #glacierhike #traveling #travelbug

Traveler(@smainsahkra)がシェアした投稿 -



私も氷河に腰まで浸かりたいっ!!!

この国立公園は日帰りもできるし、公園内でも泊まれます。
いろんな人の話を聞いてると、数日滞在するのがいいらしいです。
この国立公園に泊まるには、公式が提供するパッケージプランしかありません。
3日プランくらいからありますが、それが5日いると1000ドルを余裕で超えます。
FullSizeRender
友人はここに行く直前にコロナで国境閉鎖かつ公園閉鎖になり、全額返金になったと言ってました。

ここの最寄りはPuerto Natales、まあまあ辺境、というかむしろかつては世界の果てと言われた場所にあります。
ウテナかよって思いました。
チリはサンティアゴまでついてから、国内線でPunta Arenas(ここからは南極行きのフライトまで出てる)からさらにバスに乗るそうです。
または、アルゼンチンのEl Calafateからバス(El Calafate行きのバスはブエノスアイレスのバスターミナルで見かけた)に乗るとからしいです。
薔薇の刻印を持ってても、日本からたどり着くだけで多分最短2日(日本からアメリカ経由でサンティアゴ→プンタアレーナス→バス)かかりそうです。
そこから5日プランをやったとして、帰国にまた2日ほどかかるので、バッファ見て10日間くらい必要になると思われます。

酔う子の旅する世界史第4段の動画を撮影しました!
マレーシアはクアラルンプールのマレーシア国立博物館の日本語ガイドをきっかけに知った、銀輪部隊について話します。


世界一周してきた酔う子が語る、旅と旅にまつわる世界史小噺! 4回目は第二次世界大戦開戦の合図となったマレー作戦と銀輪部隊について語ります。 マレーシア国立博物館の日本語ガイドツアーの最新情報はコチラ オオトカゲのカレーを食った話はコチラ
 

私が1年間旅してかかった金額は、大体300万円ちょいでした。

【宿代】
基本的にホステルにとまっていました。
1泊あたり1000円しないくらいのドミトリーを選びつつも、安い個室があればそちらに泊まることもありました。
ヨーロッパだと安いホステルでも2000円くらいしてしまうので、要注意です。
少々高くても女性ルームを選ぶのが精神的にも良いです。
そうすると月の宿代は大体3万円くらいになります。
例外は後述の南極ツアーと、アーユルベーダホスピタルステイ(1泊あたり15000円を10日)

【メシ代】
国によってまちまちですが、できるだけ1日1000円は超えないようにしていました。
田舎の物価が安い街ではケチりまくり、別の日にちょっと高い美味しいもの食べることもありました。
友人と合流したり、意気投合した人との食事の場合は、一人で行けないようなお店に行くことが多かったので、その場合はあまりケチらず過ごしていました。
やっぱりヨーロッパは1食2000円超えるので自炊するのが最強です。

【移動費】
コチラも国によってまちまちですが、バスは基本的に安くて安全であることが多いです。
安全面を考えると、ちょっと高くてもちゃんとした会社が運行しているバスに乗る方が良いです。
ヨーロッパは逆に飛行機の方が安いことがままあります。
例えば辺鄙な空港に飛ぶのであれば、国内の鉄道などを乗り継ぐよりも、格安航空会社を使って別の国を経由して飛ぶ方が安上がりだったりします。 
バンコクからクアラルンプールまで鉄道とバスで行った時は、ペナンを経由しないのであれば普通に飛行機で飛ぶ方が安かったと思います(総額1万前後だったはず)。
テヘランからイスタンブールに行くバスは30ユーロしませんでした。
ジュネーブからパリ、ベルジュラックからロンドンへの航空券はどちらも5000円切っていた記憶があります。
ペルーの街と街の間の移動は大体バスで2000円前後でした。
南米の短距離移動の飛行機は2万円前後でした。
イギリスからメキシコとか、ブラジルからメキシコへの航空券は5万ちょいかかっていました。
日々の移動にはタクシーはほぼ使わず公共交通機関を使っていました。

【酒代】
これが主な目的なので、ケチるわけがありません。
1本1万くらいのワインは2回ほど買った記憶があります。
とはいえそれほど飲んでいるわけでもなく、基本は月に5000円かもうちょいくらいの支出だったと思います。

 【観光】
ツアーや博物館のお金は、基本的に外国人に対しては高めに設定されていることが多いです。
どんなに貧乏旅行でも、旅行できている時点で贅沢なことなんだし、ここは文句を言わずに払うべきところです。
いろんな入場料が千円前後、ツアーなんかで行くとそれプラス交通費で二千円くらいのってくる、というのが相場です。
ツアーで連れて行かれる食事場所が別料金だった場合も、割とお高めのお値段を請求されます。
コミコミで、大体観光1回2−5000円くらいが相場だと思います。
それが大体1日おきくらいにあるイメージです。
蒸留所やワイナリーツアーに関してはケチらず最高級のものを予約していたので、1回1万〜3万円くらい払っていました。
フリーウォーキングツアーなんかを駆使するのが賢いです。

【南極ツアー】
14日間で4200ドルが飛びました。
これがなかったら年間250万くらいで済んでました。
でも全く後悔していません。最高でした。詳細は以下





【海外旅行保険】
最初の3ヶ月はクレカの保険でなんとかなりますが、それ以降は海外旅行保険を使いました。
WorldNomadという会社で、大体2ヶ月で3万くらいでした。
それとは別で、月1-2万くらいの海外でも使える入院保険もかけていました。

【スマホの電話代】
安い国も高い国もあるけど、大体月5000円くらいでした。

【雑費】
洗濯は手洗いすることが多かったです。
コインランドリーや洗濯屋さんは、大体2−400円の間の場合のみ利用していました。
水代をケチって、煮沸した水やお茶を飲むことも多々ありました。
Kindleで買った本は大体月2−5000円くらい、また住民税を10万以上収めた時もありました。
Prestia銀行のカードでも、ATM利用料はかなり取られます。

総評すると、旅を安くあげようと思ったら、削りやすいのは宿代だと思います。
移動費は日本からの飛行機を使わないという選択肢はないし、食費を削るとせっかくの現地を楽しめません。
宿自体にエンタメ性がなくほぼ寝るだけの場合は、そんなに高いところに泊まる必要はないと思います。

 

2019年の4月から約1年にわたる旅をする際、やはり捨てられないものもたくさんあります。
そういったものはサマリーポケットというサービスを使って預けて行きました。

メジャーな荷物預かりサービスとしてはトランクルームがありますが、これは賃貸契約とおんなじような感じで、保証人つけて契約する感じになります。
お値段も関東近郊だとだいたい月3万くらいと、田舎の安い賃貸借りた方がいいくらいかかります。
保証人がいない私としてはかなり痛手、月3万はかなりでかいです。

サマリーポケットなら箱単位で荷物を預けることができます。
小さめの箱なら1箱月300円というのからあります。
私は、大きい家具家電類は全部処分し、布団も入る一番大きい箱(月500円)を4箱と、小さい箱(月300円)を1箱で預けていました。
入れたものは、衣類、布団(掛け布団)、着物のコレクション、その他アクセサリーや文具などのガラクタ類です。
布製品は預けるときに防虫剤を入れたり、対策をして預けました。

今回就職が決まり、卒業証書を取り出す必要があったため、一旦居候先に荷物を取り寄せました。

着物は、もちろんシワになった部分はあるものの、カビが生えたり虫に食われたりといったことは一切ありませんでした。
素材は正絹とポリエステル、綿の浴衣類です。

私は一番安い単に預けるだけのサービスを選びましたが、衣類パックだとクリーニングに出してもらったり、ハンガーで保管してもらったり、本を一冊一冊写真に撮って管理してくれるサービスがあったりと細かいサービスも充実しています。
大変良いサービスだったと思います!

このページのトップヘ