酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

タグ:ワイン

まだマラリア予防薬の副作用にやられています。
低容量ピルをやめてみたら腹痛もひどい上に胃の不快感も倍増しています。
マラリアには予防接種があるようなので、マラリアを予防したい人はどこかでこれ打った方がいいと思いました。

ソムリエ教本には載ってないけど、実は南米で3番目の生産量を誇るのがブラジルのワイン。
白は知らないけど赤ワイン用ぶどう品種はウルグアイ同様TANNATが主流です。
なので買ってみました。
IMG_1906

産地は色々あるみたいだけど、南部のウルグアイ近く、リオ・グランデ・ド・スルが有名だそうです。
濃厚でこっくりした色、フルーティーな香りはさすが、とても美味しく頂きました!
シュラスコと合わせたい。
IMG_1907

2019年度版のソムリエ教本には、ワイン新興国としてウルグアイが載ってきました。
ウルグアイの国土はまあまあ小さいのに、ワイン生産量は意外にも多く、チリ、アルゼンチン、ブラジルの次、南米大陸で4番目だそうです。
じゃあなぜ今までソムリエ教本に載らなかったか、なぜブラジルはないかと言われると、おそらくワイン法の整備具合によるものと思われます。
モンテビデオもなかなか大きめな生産地になっている為、今回もできればワイナリー訪問したかったんですが、何せ一人だとツアーの採算がとれないから案内できないと言われてしまい、大変無念でした。
だから代わりにしこたま飲むことにしました。
IMG_1297

船を降りてすぐのところにあるのが、プエルト市場。
市場というよりもバーベキュー屋を寄せ集めた観光客向けレストランという感じでした。
しかし私には約7時間ほどの滞在時間しかないので、そこで肉と噂のウルグアイワインをもらってみました。
IMG_1298

国内最大生産量を誇るのは、タナ、という赤ワイン用葡萄品種。
白ワインはソービニヨンブランやらシャルドネやら普通のやつがならびます。
メニューのシャルドネ、の綴りが間違ってたので頼むのをやめました。
IMG_1299

頼む料理はもちろんステーキ!
アルゼンチン同様肉めっちゃうまいです。
脂身に全く嫌味がありません。
そしてワインとの相性も大変バッチリでした!
最初パンとタルタルソースで飲んでみたけど、これだと苦味が強調されてダメでした。
しかしお肉や、バルサミコ酢のドレッシングでたべるサラダは、プラムのような滑らかな赤ワインで美味さが倍増します。
この後結構頭痛がしたので添加物はそこそこありそうですが、美味しいからきっと今後もこの国からは面白いワインがどんどん出てくることと思います。
IMG_1301

メンドーサには2つの呑ん兵衛ストリートがあります。
是非ともメンドーサのうまいワインとステーキを合わせて食べたい!と思い、ホテルからまあまあ離れた大きめ呑ん兵衛ストリート(Aristides Villanueva)で夕方6時ごろからハッピーアワー巡りをしていましたが、なんだかステーキとワインの店があまりなく、ビールの店ばかりでした。
しかしビールもクラフトビールとか色々あって、なかなか良さげでした。

そこでPlaza Independenciaの近くにあるもう一つの呑ん兵衛ストリート、Sarmientoに行ってみました。
ここは割と肉とワインを置いてるちょっとお高めに見える店が多いです。
その一つでマルベックとステーキをかっ喰らってきました。

まずは前菜はタンのチミチュリソース和え、Lengua a la Vinagreta。
前菜約400円でこのボリューム、、
FullSizeRender

チミチュリソースはコリアンダーをふんだんに使ったソースで、漬け込んだハーブとオイルとビネガーをローストして作るそうです。
オイルの割合が割と大きいイメージでした。
IMG_0472

続いてメインのステーキ。
脂身が驚くほどあっさりしています。
オーストラリア人曰く、牛の餌を草にするとこういう素敵ビーフになるらしいです。
FullSizeRender

ソースはチミチュリではなくバジルかにんにくの模様。
パプリカとビネガーのソースも美味しいです。
IMG_0475

アルゼンチンで食べる牛肉は、間違いなく今のところ世界で一番美味しいです!
そしてこれだけ飲んで食べてお会計は570ペソ、1000円ちょっとくらいです!!
お洒落な街並みでご飯とお酒を同時に楽しめてこのお値段、素敵すぎる。
私は基本的にステーキがそんなに好きではありませんが、アルゼンチンのステーキは本当に美味しくいただけます!
しかし肉の脂は胃に溜まります、、魚がたべたい、、

アメリカ大陸最高峰の山はアコンカグア、イモトが前に登ってたやつです。
アコンカグアがあるアンデス山脈は世界最長の山脈、またそこを境とするアルゼンチンとチリの間は世界で2番目に長い国境(一番はアメリカとカナダ)となります。

メンドーサからチリの首都サンティアゴに向かう道を走ります。
サンティアゴまでは6時間くらいだけど、メンドーサからアコンカグアはまでは約3時間くらいの道のりです。
道すがら見える景色が既にとても美しく、世界中あまり見ないような岩の感じになっています。
ここら辺ではブラピ主演の映画Seven years in Tibetが撮影されたそうです。
IMG_0532

途中あるのはインカの橋と呼ばれる天然の橋。
温泉が湧いていますがここは環境保護エリアのため入れません。
この橋には伝説があります。
IMG_0540

インカの皇帝の娘が病気にかかり、占い師によると温泉に浸かるのがいいと言われた。
そこで温泉に出かけたが、この川に橋がなく渡れなくて困っていた。
そこでインカの兵士たちがつながって人間の橋を作った。
皇女が渡り終え、振り返った時、神によって兵士たちは石に変えられた。

この橋から5分くらいのところにアコンカグア国立公園があります。
多くのツアーはアコンカグアをこれよりもさらに遠くから眺めて終わるのですが、このツアーでは国立公園まで入ることができます!
アコンカグアに登りたい人は、ここからさらに奥に行けばいいそうです。
もしくはここのヘリポートから一回1600ドルくらいで30分くらい頂上周辺を周遊飛行してくれるみたいです。
IMG_0556

この辺りはかつて海でした。
その証拠に、貝殻やアンモナイトの化石が出ています。
これを発見したのがチャールズ・ダーウィン、ここからかの有名な「種の起源」を書き始めたそうです。
IMG_0559

ダーウィンはここにいるときに何か虫に腕を刺されました。
筋肉がパンパンに腫れていく様をダーウィンは「やっべぇ!すっげえ!」と眺めて研究していました。
しかしそれは寄生虫の一種で、約30年後には心臓発作で他界するというもので、ダーウィンはそれが原因で死んだとされています。

お昼ごはんは伝統的なアルゼンチンバーベキュー!
ヤギの肉は全く臭みがなく、血のソーセージもすっごく美味しいし、牛肉の脂身は日本のよりはるかに食べやすく、最高でした。
先日から何度か肉を食べていますが、この国の牛肉は今のところ世界で一番うまいです。
IMG_0563

今日のツアーも昨日と同じところ主催でした。
すごく良かったのでオススメしておきます!


メンドーサのワイナリーツアー、ランチがとても素晴らしかったので、切り出して書きます。

こちらのワイナリー、Finca Agostinoはとても大きく、ぶどう畑やレストランだけでなく博物館まで併設されたとてもゴージャスなところでした。
入り口に植わっていたのはシュナンブラン、垣根ではなく棚で作るそうです。
IMG_0505

これがレストラン。
眺めも良くて、一人だと絶対入らない感じのところです。
IMG_0508

バックパッカーの飯とは思えない、完璧にセッティングされたテーブルにテンションが上がります。
こんなの何ヶ月ぶりだろう。
IMG_0509

最初の前菜の前に、チーズをベーコンで巻いて揚げたものが出てきました。
ソースはコーンクリーム、久々に美味しいスイートコーンのソースを食べました。
ワインはロゼでした。
IMG_0510

前菜とスープが一緒になったような、トマトとチキンの和え物。
下のコンソメスープがお料理と良く合って、それはそれは美味しかったです。
FullSizeRender

サラダ枠?の焼きなすにハーブを乗せたもの、ヨーグルトソース添え。
ハーブはミントやバジルを使い、ヨーグルトソースが中東っぽさを加えています。
ここでシャルドネが出ます。
FullSizeRender

まだメインにはたどり着きません。
お肉とチーズをスライスした芋?で巻いて揚げたもの。
ソースはセロリだそうです。
とてもクリーミーで美味でした。
そこでお口をさっぱりさせるのが、レモンとローストピーナツをかけたサラダ。
どちらも絶品でした。
ここでマルベックレゼルバが登場します。
FullSizeRender

メインディッシュは色々選べました。
ニョッキも美味しそうだったし、お肉も素敵だったけど、昨日ステーキだったし今日はパエリアにしました。
マルベックグランレゼルバともちゃんと合います!
FullSizeRender

イチゴのシャーベットで口直しし、ビーツソースとてん菜糖のかかった桃でした。
ここでスパークリング、南米のスパークリングワインはエスプマンテと言われます。
FullSizeRender

なんだか適当な格好で参加してしまったけど、とてもいけてる店に来てしまいました!
私住所不定無職なのにこんなことしちゃっていいんでしょうか!
ものすごく、ここ数ヶ月でおそらく一番充実した食事でした。

このページのトップヘ