酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

タグ:ワイナリー

メンドーサのワイナリーツアー、ランチがとても素晴らしかったので、切り出して書きます。

こちらのワイナリー、Finca Agostinoはとても大きく、ぶどう畑やレストランだけでなく博物館まで併設されたとてもゴージャスなところでした。
入り口に植わっていたのはシュナンブラン、垣根ではなく棚で作るそうです。
IMG_0505

これがレストラン。
眺めも良くて、一人だと絶対入らない感じのところです。
IMG_0508

バックパッカーの飯とは思えない、完璧にセッティングされたテーブルにテンションが上がります。
こんなの何ヶ月ぶりだろう。
IMG_0509

最初の前菜の前に、チーズをベーコンで巻いて揚げたものが出てきました。
ソースはコーンクリーム、久々に美味しいスイートコーンのソースを食べました。
ワインはロゼでした。
IMG_0510

前菜とスープが一緒になったような、トマトとチキンの和え物。
下のコンソメスープがお料理と良く合って、それはそれは美味しかったです。
FullSizeRender

サラダ枠?の焼きなすにハーブを乗せたもの、ヨーグルトソース添え。
ハーブはミントやバジルを使い、ヨーグルトソースが中東っぽさを加えています。
ここでシャルドネが出ます。
FullSizeRender

まだメインにはたどり着きません。
お肉とチーズをスライスした芋?で巻いて揚げたもの。
ソースはセロリだそうです。
とてもクリーミーで美味でした。
そこでお口をさっぱりさせるのが、レモンとローストピーナツをかけたサラダ。
どちらも絶品でした。
ここでマルベックレゼルバが登場します。
FullSizeRender

メインディッシュは色々選べました。
ニョッキも美味しそうだったし、お肉も素敵だったけど、昨日ステーキだったし今日はパエリアにしました。
マルベックグランレゼルバともちゃんと合います!
FullSizeRender

イチゴのシャーベットで口直しし、ビーツソースとてん菜糖のかかった桃でした。
ここでスパークリング、南米のスパークリングワインはエスプマンテと言われます。
FullSizeRender

なんだか適当な格好で参加してしまったけど、とてもいけてる店に来てしまいました!
私住所不定無職なのにこんなことしちゃっていいんでしょうか!
ものすごく、ここ数ヶ月でおそらく一番充実した食事でした。

アルゼンチンは観光のお値段がなかなか高いです。
今日のワイナリーツアーも165ドルの15ドル値引きで150ドル。
バックパッカーには痛いお値段だけど、酒にかける金に糸目はつけられないのがわたし。
しかし、この旅で一番かもしれないすごく素敵なワイナリーツアーができたと感じました。
お客さんもなかなか年季の入ったワインラバー、ガイドもソムリエ資格持ち、ワイナリーもかなり専門的な事まで教えてくれ、全てがうまく揃ったな、という感じでした。

最初のワイナリーはBudeguer。
メンドーサぶどう育成の基本を教わります。
ここは夏と冬の寒暖の差がとても激しく、霜もよくおりるし、かなりの確率で卵サイズのヒョウがふるそうです。
ぶどうにかけられた黒いネットは、主にヒョウ除けだそうです。
IMG_0489

寒くて霜の危険がある日には、スプリンクラーを使い、水を撒き散らし、ネットを凍らせる事で、冷たい風がぶどうにふきつけるのを防止するそうです。
ぶどうの下のホースはこれ用と、水遣り用だそうです。
IMG_0488

こちらはマルベックはもちろんのこと、プチベルドー単一で作られたワインも最高でした。
プチベルドーのアイスワインもとても素敵でした。
IMG_0491

2軒目はTerrazas。
ドンペリで有名なモエシャンが所有するワイナリーだそうで、今まで世界中で見てきたワイナリーのどこよりもおおきかったです。
写真のセラーは、この10倍くらいあります。
IMG_0494

樽ゾーンもとてもおおきく、これの3倍以上あるイメージでした。
空調も毎日効かせてるようで、すごい財力だなと地味に感心しました。
IMG_0498

ここの面白いのは、樽熟成させたやつ2018年とさせてないやつの試飲と、同じものの2009年という垂直斜めくらいのテイスティングをさせてもらえたことです。
樽の効果を実感することができました。
ここが作るトロンテスはとても秀逸でした。
IMG_0502

3軒目はAntigal。
ワン、というブランドがとても秀逸でした。
テイスティングではソムリエ試験のときワインスクールでやったようなことをやってくれ、他の人のコメントも大変勉強になりました。
アルゼンチンはマルベックがブームになっていますが、次期ムーブメントとしてカベルネフランを持ってこようとしているようでした。
その通り、今までで一番うまいと思うカベルネフランを飲みました!
IMG_0523

いつもはあまりこんなことしないんだけど、このツアーがあまりにも良かったので、ツアー会社を乗せておきます。
たくさん予約すれば、その分ディスカウントあります。
ランチもちょっとありえないくらい素晴らしかったので、別記事で書きます。

イースター島のホステルで会ったサンティアゴ在住のマリアさんは旅行会社にお勤めとのことで、サンティアゴの半日観光を色々アドバイスしてくださいました。

ワイナリー見たいなあという私にお勧めしてくださったのは、こちらのUndurragaワイナリー。
Concha y Toroは確かに有名だけど、ここはあまり大きくなくていいよ、とのことでした。
IMG_0398

植えてあるぶどうは、カベルネソービニヨン、シラー、マルベックでした。
こちらのワイナリーは他の地域にもたくさん畑を持っており、そこから夜収穫したぶどう(コンディションによっては圧搾後の果汁)を持ってきて発酵させているそうです。
IMG_0404

南米の収穫は3月、一部のぶどうは色づいています。
IMG_0408

こちらのワイナリーで印象的だったのは、散水用のホースがあること。
基本的にぶどうは自然に任せて育てるため、特にフランスでは散水は禁じられています。
チリの土壌はサラサラの砂に小石や大きい石が混ざり、水捌けが良すぎるため週2回散水するそうです。
水には農薬やら色々混ぜて散布するそうです。
IMG_0406

タンクはステンレス、一部コンクリートもありました。
IMG_0413

樽は基本アメリカンやフレンチオークだそうですが、一部ヨーロッパの面白い地域のオークも混ざってるようです。
FullSizeRender

また、ここには先住民マプチェ族の木造工芸品や文化生活の展示もありました。
IMG_0423

こちらは銀製品。
インカでは黄金が珍重されましたが、こちらは銀だったようです。
アクセサリーの形にはインカに影響を与えたであろうものも見受けられます。
IMG_0424

何に使うものか説明はなかったけど、このカードキャプターさくらの杖みたいなやつがときめきます。
IMG_0422

お待ちかねの試飲コーナー!
超ミネラリーなソーヴィニヨンブラン、教科書のようなカベルネソービニヨン、私史上最高においしいカルメネール、レイトハーヴェストのセミヨンとソーヴィニヨンブラン半々の甘口ワインを味わいました。
カルメネールはもうさすがの一言でした。
IMG_0428

ワインの街イカで、ワイナリー巡りツアーに参加してきました!
3軒を3時間ほどで回るツアー、ほぼほぼ試飲ですが、40ソルです。
しかしこの日は私しか参加者がおらず、60ソルになってしまいました。
それでもいいですが。
なにより久々に大きなインダストリアルなワイナリーに来ました。
あと久々にぶどうさんたちと触れ合って、久々にちゃんとしたワインを飲みました。

一軒目のTACAMAワイナリーは、南米最古のワイナリーの一つだそうです。
ここで栽培されていたカベルネソービニヨンやマルベックなどがチリやアルゼンチンに広がったそうです。
また、こちらは南米で初めてマロラクティック発酵を行った、とのことです。
IMG_9940

こちらは現在は使われていないけど、圧搾機です。
圧搾した果汁は、この素焼きの壺、ボティーハ(Botija)に入れられます。
ペルーは甘口ワインも多く生産されており、そういうのは果汁にピスコを足したものだそうです。
IMG_9938

お待ちかねの試飲コーナー!
IMG_9955

シュナンブランとソービニヨンブラン主体の白ワイン。
シャルドネも入ってるらしいけど全く感じません。
香りは弱めながらもミネラリー、ステンレスタンク発酵させたソービニヨンブランらしい草原めいた爽やかな青リンゴの香りでした。
味は想像した通りのシュナンブラン主体の、とっても美味しいワインでした!
IMG_9952

マルベック主体の赤ワインですが、私にはタナっぽさが買っているようなブルーベリーというかプルーンっぽい果実香でした。
タンニンは弱めの滑らかな口当たりで、仄かな甘みの心地よいドライワインでした。
なんだかペルー に来てから甘口のワインしか当たらなくて、久々にちゃんとした赤ワインを飲んで、しみじみと、うまっ!と声に出してしまいました。
IMG_9953

こちらは甘口の、アルビーリョという品種のぶどう。
爽やかフルーティーな香りで、甘口ワインの甘さのみならず、本当にお菓子のような甘さが口の中に残ります。
つまみなんてなくてもスイスイいけてしまいます。
IMG_9954

二軒目は大きめながらも伝統的な製法で作ってるワイナリーでした。
ここも空のボティーハが3月の収穫を待って並んでいます。
IMG_9969

ここで飲んだのは甘口ワイン2種としこたまのピスコ。
甘口はアモールという品種とブルゴーニャという品種。
ブルゴーニャの方が僅かに酸味があってこれまた美味しかったです。
IMG_9974

ピスコはケブランタというぶどうとトロンテルというぶどう。
ケブランタは甘みのある香りが特徴、トロンテルは爽やかでした。
IMG_9975

こちらではクリームと混ぜたカクテルベースのピスコも飲み、かなり酔いました。

3軒目。
ここでは甘口ワインとピスコ2種類を飲みました。
もはや味は覚えておらず、たくさん飲まされてめちゃくちゃしんどくなって、帰りの車を途中で止めてもらってもどしてしまいました。。
IMG_9989

これは旅行会社で申し込んだツアーですが、明後日には知人のご実家のある街Malaにお邪魔して、ワイナリーに連れて行っていただきます!
噂では全く悪酔いしないとか!
もう、そっちに期待!!!

ワインが発酵している最中に行うルモンタージュという作業について書きます。
ソムリエ教本では、ルモンタージュは下の方のワインを上に移す、程度の記載のみで、実際の作業については気にもとめていませんでした。
シャトープレヴェールにて作業させていただく中で実際やってみたので、それについて書きます。

ルモンタージュにも色々種類がありますが、今回は酸素を入れないルモンタージュです。
ホース2本とポンプ一台を用意し、タンクの下の蛇口と上の口をこんな風に繋ぎます。
繋ぐ前にはこのでっかいホース自体も清潔にするために、外側も中側も洗ったり消毒したりします。
IMG_6789

上には人が登ってホースを支えます。
中にワインが入るとホースはめちゃくちゃ重くなります。
IMG_6787

ポンプを作動させて約2分程度、ワインを回転させます。
そうすることで下に溜まってた酵母が全体に行き渡り、発酵が活性化したりします。
この後ワインを無駄にしないようにホースを抜いたり、ホースを水で洗ったりするわけですが、それもまた簡単ではない作業です。
こんな風に、ソムリエ教本では数行で説明される作業も、実際にやると決して楽ではありません。

ルモンタージュにも種類があり、ワインに酸素を入れたい場合は、タンクからのホースを一度タライ(的な大きな容器)に移します。
そうして空気に触れさせたワインをポンプで吸って、またタンクの中に戻します。
どういう場合にどちらのルモンタージュをするかは発酵の進み具合と醸造家さんのテイスティング結果次第です。

最後にソムリエ試験の復習と自分の確認のため、ルモンタージュの効果を書いておきます。(頻出)
1.果醪液への酸素供給
2.タンク内の糖分、酵母、温度の平均化
3.果皮や種子からのフェノール類などの成分抽出

このページのトップヘ