タグ:レストラン

メンドーサのワイナリーツアー、ランチがとても素晴らしかったので、切り出して書きます。

こちらのワイナリー、Finca Agostinoはとても大きく、ぶどう畑やレストランだけでなく博物館まで併設されたとてもゴージャスなところでした。
入り口に植わっていたのはシュナンブラン、垣根ではなく棚で作るそうです。
IMG_0505

これがレストラン。
眺めも良くて、一人だと絶対入らない感じのところです。
IMG_0508

バックパッカーの飯とは思えない、完璧にセッティングされたテーブルにテンションが上がります。
こんなの何ヶ月ぶりだろう。
IMG_0509

最初の前菜の前に、チーズをベーコンで巻いて揚げたものが出てきました。
ソースはコーンクリーム、久々に美味しいスイートコーンのソースを食べました。
ワインはロゼでした。
IMG_0510

前菜とスープが一緒になったような、トマトとチキンの和え物。
下のコンソメスープがお料理と良く合って、それはそれは美味しかったです。
FullSizeRender

サラダ枠?の焼きなすにハーブを乗せたもの、ヨーグルトソース添え。
ハーブはミントやバジルを使い、ヨーグルトソースが中東っぽさを加えています。
ここでシャルドネが出ます。
FullSizeRender

まだメインにはたどり着きません。
お肉とチーズをスライスした芋?で巻いて揚げたもの。
ソースはセロリだそうです。
とてもクリーミーで美味でした。
そこでお口をさっぱりさせるのが、レモンとローストピーナツをかけたサラダ。
どちらも絶品でした。
ここでマルベックレゼルバが登場します。
FullSizeRender

メインディッシュは色々選べました。
ニョッキも美味しそうだったし、お肉も素敵だったけど、昨日ステーキだったし今日はパエリアにしました。
マルベックグランレゼルバともちゃんと合います!
FullSizeRender

イチゴのシャーベットで口直しし、ビーツソースとてん菜糖のかかった桃でした。
ここでスパークリング、南米のスパークリングワインはエスプマンテと言われます。
FullSizeRender

なんだか適当な格好で参加してしまったけど、とてもいけてる店に来てしまいました!
私住所不定無職なのにこんなことしちゃっていいんでしょうか!
ものすごく、ここ数ヶ月でおそらく一番充実した食事でした。

ボルドー市内にあるバー、Aux quatre coins
du vin。
4コインバー、でしょうか。
こちら入って、10ユーロ分入ったカードをもらいます。
そしてワインはこんな感じであります。

まずワインを選びます。
次にワインの量が少なめ、中くらい、たくさん、とあるので、それに応じたボタンを押します。
すると上にある蛇口みたいなところからワインが出てくる仕組みです。
お代は、上に差し込んだカードから引かれていきます。
IMG_6285

こんな感じで、このワインは少ないと1.5ユーロ、中くらいだと2ユーロちょっと、多いと5ユーロちょっと、、と値段が上がっていきます。
IMG_6286

ワインのバリエーションも、赤、白、甘口、と取り揃えているので、なんでもあります。
また、ボルドーのみならず世界中のワインがあります。

目玉はこちら、少ない量のボタンで35ユーロの、ボルドーポイヤック1級のムートンロートシルト!
2006年なのでまだ若い部類に入るようです。
お味は、とっても定番のカベルネ・ソーヴィニヨンベースのボルドーワイン、といった感じでした。
IMG_6287

いろんなワインをたくさん飲めて、ちょっとだけ飲むこともできるこちら、待ち合わせにも2軒目にも使える、素敵なお店でした!

いろんな人にオススメされてたボルドー中心部のレストラン、Le Petit Commerce。
シーフードが有名で、前菜を頼みまくって飲みたい感じのお店です。

まずはムール貝、これで10ユーロ。
プリップリでめちゃくちゃ美味です!
IMG_6208

写真ぶれぶれですが、エスカルゴ。
フランスのバターがそもそもめちゃくちゃ美味しくて、それがたっぷり使われており、不味いはずがない逸品。
IMG_6209

続いてシーフードタルタル。
なめろうはうまい。
IMG_6210

おにく!
確かカモでした。
燻製のハムしか食べたことなかったけど、ステーキもしっかり赤身ですごく美味
IMG_6217

ワインはこちら。
アントル=ドゥー=メールの白
IMG_6207

シャンパーニュ、味が濃くて好きです。
IMG_6212

グラーブの赤
IMG_6213

最後にデザートのカヌレ!
ワインの清澄をするために卵白を使うけど、余った卵黄どうしよう、って事で生まれたのがこれです。
日本で食べたのは、大人向け甘さ控えめだったんですが、これはちゃんと甘みも感じて、外カリ中フワでとても美味しい。
IMG_6219

↑このページのトップヘ