タグ:レシピ

路上のジュース売り場からカフェまで至るところで見かけるチチャモラーダという紫トウモロコシの飲料。
まさか家庭で作るとは思ってなかったです。

チチャモラーダ
2リットルぶんくらい
材料
紫トウモロコシ(これはチチャモラーダ専用で、食用にはならない。どれだけ茹でても硬い。)
パイナップルの皮 パイナップル半分分くらい
レモン汁 レモン2、3個分くらい
シナモン 1本
クローブ 4個くらい
砂糖

作り方
鍋に水を入れ、紫トウモロコシとスパイス類を入れます。
IMG_0041

パイナップルはざくざく輪切りにし、厚めに皮を剥きます。
IMG_0042

剥いた皮も鍋に入れ、1時間くらい煮詰めます。
IMG_0043

1時間煮たら汁が赤黒くワインくらいになります。
鍋を火から下ろし、しばらく冷まします。
容器に移せるようになったら汁だけを移し替え、レモン汁と砂糖で味を調整します。
IMG_0047

完成したのがこちら!
すごく爽やかな、サングリアのようなチチャモラーダになりました。
トウモロコシやスパイス類は、2回くらい出せるようですので、もう一度煮詰めてみても良いと思います。
IMG_0060

ここではパイナップルを使いましたが、家庭によってはリンゴを入れたりと、所々レシピがちがうようです。
まさに南米のサングリア、色々なフルーツで試すのも面白いと思います!

セビーチェやら魚フライを作るときには魚のアラがでます。
このアラも余さず活用してしまうのがペルーのいいところ。
またペルーは南米で一番たくさん日本人の移民がいる国です。
かつて文明開化のあたりでサトウキビで一獲千金をねらって南米に移住した人が沢山います。
その影響で生まれたのがセビーチェ。
そしてまたこの料理も少なからず影響を受けていると言えそうです。

魚のアラのスープ
材料
魚の頭とか、ちあいとかのアラの部分。今回はカツオを使用
生姜
たまねぎ
じゃがいも
セロリ
パクチー

作り方
魚のアラをしっかり水で洗い、血や汚れを落とします。
IMG_0044

ざく切りにした生姜とアラを30分ほど煮込みます。
火力は私からすれば強火でした。
IMG_0046

スープを濾し取ります。
IMG_0048

野菜類を入れて煮ます。
メインの野菜はじゃがいもだったけど、人参とか大根入れても美味しいと思います。
IMG_0049

火を止めて、最後にパクチーを入れて旨味を出して完成です!
カツオの優しい出汁の味で、完全に日本人の懐かしい味でした!
臭みも生姜がうまく消してくれてます。
もう味噌入れたいです。
IMG_0053

以前セビーチェの記事を書きましたが、私このペルー旅が終わりかけの今の今までうまいセビーチェに当たったことがなかったんだと思い知りました。
酸味がキツくて飽きてたんですが自分で作ったやつはちょうど良くて最高でした。
しかも魚の湯引きも全くしておらず、1か月以上ぶりの完全に新鮮な生魚で、私はとっても満たされました。

ちゃんと美味しいセビーチェのレシピ
7人で完食
材料
魚(今回はおそらくシイラだと思われる魚の半身約1キロを使用)
レモン汁(ライムみたいな形のレモンを10個くらい使用)
たまねぎ 1個
セロリ 10センチくらい
パクチー お好み
トウガラシ(日本で手に入るのならタイのやつが理想。生を使用) 1個
生姜(チューブ可) チューブ半分くらい
にんにく(チューブ可) チューブ半分くらい

作り方
魚を切ります。
日本人は刺身ちょい小さめがおすすめです。
今回はお店の人が切ってくれました。
必要に応じて水で魚を洗います。
IMG_0052

レモン汁を搾ります。
ポッカレモンならレモンの形の入れ物3分の2くらい使います。
絞ったら魚にかけておきます。
IMG_0047

にんにくを入れます。
これは市場のソース屋さんで買ったすりおろしにんにく。
IMG_0054

セロリと生姜を細かく刻んで入れます。
IMG_0055

トウガラシを刻んで入れます。
種と白いところは除きます。
IMG_0056

たまねぎを薄いくし切りにして、水にさらします。
その後水気を切って魚に混ぜます。
よく混ぜます。
味見しながら塩を足します。
IMG_0057

完成!
付け合わせはサツマイモ(カモーテ)です。
セビーチェの塩気とサツマイモの甘味が相殺されるのがこの組み合わせのあるべき姿だそうです。
私は白米がいいなと思いました。
IMG_0061

パクチーは少しかけてますが、基本はお好みでそれぞれ足していました。
トウガラシも同様です。
IMG_0058

イカに来た翌日は疲れ果ててホステルにこもっていました。
そしてクリスマスが訪れ、博物館が閉まり、訪問するタイミングを逃していたのですが、最終日のホステルチェックアウト前に滑り込んできました!
IMG_9917

庭には謎オブジェがたくさんあります。
特に奥の木の下の黒いやつ、顔ハメだったけどなんの顔ハメかはどれだけ見てもわかりませんでした。
IMG_0004

こっちにもある、レベルの高い土器顔ハメ。
この博物館がアツいのは、もうこれを見ただけでわかります。
IMG_0005

以降は写真禁止のため文章で書いておきます。

パラカス文化
ナスカ文化より前の、がっつり紀元前に栄えた文明。
土器は、特に初期のものは茶色ベースで模様も地味なものが多い印象だが、織物がとても美しい。
レース編みのようなものも出土しているのと、刺繍糸のような糸で作ったマスコットっぽいやつや、人形(本当はミイラの首をモチーフにしてる)がぶら下がったようなデザインは秀逸の一言。

ナスカ文化
他の博物館にも多く展示されているが、土器に書かれた人間を含む生き物をコミカルに表現した様は現代にも充分通用するデザイン性の高さ。
それはナスカの地上絵にも見て取れる。

ミイラの部屋
この博物館にわざわざ行ったのは、このミイラの展示が目的。
出土したミイラの様々な髪型を比較した文化研究、ミイラのレントゲン写真による研究など、興味深いものが大変多い。
しかしミイラとの距離も近く、保存状態が良くてこっちを見ているような人もおり、戸惑う人もいると思われる。
戦争捕虜の頭をミイラにしてキーホルダーのようにぶら下げて持ち歩いたトロフィーヘッドの展示もある。

ワイン作りのパネル
スペイン語のみだがワイン作りからピスコまでの記述がある。
使用する道具の名前や工程まで丁寧に書かれている印象。

食文化のパネル
ナスカ周辺では古くから豆の栽培が盛んで、特に空豆が現在に至るまで名産である、という記載から、名物料理のレシピが書かれている。
写真が撮れないのが残念でならない。
料理名を覚えてレシピはググったので載せておく。

空豆とチーズのクリームシチュー(私的ペルーイチオシ料理)
空豆のクリームスープ
まだ見かけていない、空豆のタクタク


日本で海外食材を買うと時々めちゃくちゃ高いことがあると思います。
そしてその一例と言えるのがフランスのディジョンマスタード。
こちらだとカジュアルな食材なのに、なんか日本だと高級食材になってるし普通のスーパーで売ってません。
このマスタード、全然辛くなくてとっても食べやすい万能調味料だなと思いました。
こちらで試して美味しかったレシピをいくつか書いておきます。

ドレッシングはこのレシピで3人分くらいできます。
ディジョンマスタードのドレッシング①
ディジョンマスタード 小さじ山盛り1
バルサミコ酢  大さじ2
オリーブオイル  大さじ2-3
コショウ  2回転程度
必要に応じて塩
お好みですりおろし玉ねぎ
※出来上がりはバルサミコ酢の茶色になる

ディジョンマスタードのドレッシング②
ディジョンマスタード  大さじ2
すりおろし玉ねぎ  4分の1個弱
オリーブオイル  大さじ3-4
醤油  小さじ1-2
コショウ  2回転弱
必要に応じて塩
※出来上がりの色は、醤油の茶色はほぼ目立たない黄色になる。

トマトとシェーブルチーズのピザ
材料
パイ生地かピザクラフト
ディジョンマスタード
トマト
シェーブルチーズ
作り方
生地を型や天板に置く。
その上にディジョンマスタードを塗る。
トマトを敷いた上にシェーブルチーズを乗せる。
フランスで180度のオーブンで1時間ほど焼いたので、日本のオーブンだと180度で30-40分程度で様子を見ること。
IMG_6333

インゲン豆のハニーマスタード和え
材料
インゲン豆
ゆで卵
ディジョンマスタード
はちみつ
パセリやバジル、タイムなどお好みのハーブ
塩コショウ
作り方
インゲン豆を塩茹でしておく(水を張った容器でレンチンもあり)。
ゆで卵を崩す。
マスタードとはちみつ、お好みのハーブを3:1くらい入れて和える。
塩コショウで味を調節して完成。
IMG_6529

↑このページのトップヘ