タグ:ヨーロッパの田舎

今日もAOCソシニャックの貴腐ワイン用ぶどうの収穫の続きをやってきました。
昨日の影響で背中、お尻、内腿がバキバキに痛いけど、収穫作業をしているうちに慣れてきました。
そして何故か痛みがマシになりました。
IMG_6878

本日は圧搾機を見学しました。
圧搾機もいろいろ種類があるようで、こちらで使用されているものは下のビニールの部分が風船のようにせり上がってぶどうを押しつぶし、ステンレス部分から果汁が出てくるというものでした。
しかもこれには果汁の量を測る機能まで付いてて、すごいなぁと感動していました。
もちろんこちらもナチュラルのワイナリー、圧搾時の亜硫酸添加はありませんでした。
IMG_6877

生産者のチエリさんが飲ませてくださったのは、昨日収穫したぶどうの絞り汁!
タンクで一晩寝かせて不純物を沈殿(デブルバージュdébourbage)させた上澄みなので、既に金色の貴腐ワインの色をしています。
チエリさんの甘口ワインは飲み口スッキリなのが特徴だそうで、ぶどうだとは信じられないような甘さ(糖度は18度)でありながら、口の中が粘りつくようなことはありませんでした。
貴腐ワイン独特の蜂蜜というかアプリコットのようなまろやかな香りは発酵後にしかでないようで、まだありませんでした。
IMG_6881

そうやって楽しんでいるうちに本日収穫分のぶどうを絞り始めました。
最初は収穫時に潰れたぶどうから出た汁のため、不純物が多く写真のように濁っていますが、圧搾を続けるとだんだん先ほどの黄金色に近づきます。
IMG_6886

そうしてできたワインがこれ!
これは2004年ヴィンテージで、琥珀色になっており、色がかなりいい感じです。
樽熟成は約1年だそうです。
発酵してもとっても甘くてさらにスッキリしていて、グビグビ飲めちゃうんだろうなあと思います。
IMG_6889

AOCソシニャックと書かれています。
この頃はソーヴィニヨングリとセミヨンだけでなく、ミュスカデの木もあったそうです。
日本だとこんなレアなアペラシオンはほぼ手に入らないので、飲むのがとっても楽しみです!!
IMG_6890

Special thanks to Château le Payral for all this amazing experience!

今日は中世の街並みがそのまま残る、イシジャック村に連れてきていただきました!
ここはイギリス人に人気の観光スポットで、夏はもっと人がいるようです。
早速朝市が始まっています!
IMG_6756

この、露店の切れ目にある小径がいちいちどれも可愛くて、なんだかおとぎ話の世界のようです。
IMG_6760

そして肝心の朝市はこんな感じで野菜が売られています。
地元の人はスーパーよりもここで食材を仕入れることが多いようです。
IMG_6772

なんかセンスのあるイシジャックトレーナー。
なんと65ユーロもする。
FullSizeRender

観光案内所に貼ってあったポスターによると、イシジャック村はこんな感じで丸く作られています。
IMG_6775

この村の名産のカゴ細工。
渦巻き状に編まれているのが特徴だそうです。
IMG_6778

そしてここで見つけて買えたのがこれ!
Gateau Bretone!
ローソンで売ってるガレットブルトンヌが好きすぎて、現地で味の答え合わせをしたいと思って買いました。
ブルトンヌとはブルターニュ地方のもの、という意味で、ブルターニュ地方は小麦、バター、塩などなどが名産のグルメ天国だそうです。
そんなグルメ天国の上質バターを効かせたカロリー爆弾がこの子、美味しくないわけがありません。
幸せが固まったらきっとカロリーになるんだなと思いました。
IMG_6783

↑このページのトップヘ