酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:モスク


報告会の準備をきっかけに書き忘れを見つけたシリーズ第二弾は、絨毯商人の街カーシャーンの観光名所、ヒストリカルハウスです。
このヒストリカルハウスは1軒ではなく、何軒もあります。
ヒストリカルハウスって日本語にすると伝統家屋だけど、もっと自由なスタイルで作られていて、おそらく当時はすごく独創的だったと思われるくらい、1軒1軒のスタイルが違っています。IMG_3268

天井もやっぱりとても綺麗です。
IMG_3266

こちらは伝統浴場ハマム。
現在は使われていません(イランにはハマムの習慣はほぼ残っていない。時々市民プールとかの健康ランド的なところにある)
こんな銭湯あったらいいなあ。。

IMG_3269

ハマムの天井を外から見るとモコモコしていてとても可愛らしいです。

IMG_3277

宮殿のようなつくりのお宅。
綺麗で可愛いけど、家はそんなにデカくなくていいとつくづく思います。
小市民すぎて掃除が大変そうに見えます。
IMG_3292

ステンドグラスもたいそう美しいです。
IMG_3279

上の段の窓も細かいステンドグラスがとても美しいです。
西洋の教会のそれとはまた違っていて、私としては規則正しく並んだこちらの方が見てて飽きなくて好きです。
IMG_3289


【お知らせ】
このブログの電子書籍は12月18日の出版を予定しています(審査の都合で前後する可能性あり)。

各国のマイナーな観光地やら珍しいお祭りの様子をまとめた
「酔う子とピラニアのからあげ」

世界各国で掘り出してきたうまいもんとそのレシピ
「酔う子とドリアンのまるやき」

密造酒からボルドー一級まで飲んだ世界の酒蔵放浪記
「酔う子とひつじさんの酒だる」

ハードなゲテ食や政治宗教エロまで語る
「酔う子とペンギンのゆでたまご」 

イスファハーンから北上すること約3時間、カーシャーンという街にきました。
この街に来たきっかけは、他でもないこのモスクに行くためです。

外観から溢れるディズニーランドみ。
IMG_3066

正面からも溢れるディズニーランド感。
アラビアンコーストではなく、小さな世界的なアトラクションに似てるなと思いました。
全体的にターコイズで埋め尽くされてるデザインがカーシャーンの特徴なんでしょうか。
とても可愛らしいです。
IMG_3081

そして、このモスクの入り口の天井部分は、例によって鏡細工でキラキラです。
入り口から鏡なモスクはこちらだけかもしれません。
IMG_3082

屋内に無数にあるかわいい天井は、全部デザインが違います。
写真取りきれない、、
IMG_3084

このモスクはシーラーズの鏡張りモスクやピンクモスクなどのいいとこ取りな感じでした!
とっても大好きなモスクの一つです!
IMG_3085
IMG_3078

キラキラモスクが見たすぎて訪れたシーラーズ 。
しかしキラキラ代表のシャーチェラーグ廟はイスラム教徒でなければ中の方まで入れません。
そこでホストファミリーに教えてもらったのが、このアリ・イブン・ハムザ モスク。
こちらも一応どなたかのお墓だそうです。

シャーチェラーグ廟ほどの大きさや広さはありませんが、青いモザイクがとても美しいモスク。
IMG_2563

中に入るとやはりこのキラッッキラ!
たまらない。
IMG_2557

モスクの天井フェチなのですが、やっと念願のキラキラモスクの天井を撮れました!!!
IMG_2556

外の地面はお墓なのか、びっしり何かが埋まっていて、これまたアート。
IMG_2555

このページのトップヘ