その昔イタリアはフィレンツェにおいて富と権力を誇ったのがメディチ家。
そんなところがパトロンになって作った教会がおるというので、どれだけすごいのか見てみよう!と思ってきました。

入場料8ユーロを払い、博物館もそこそこに2階の礼拝堂へ。
壁全面を埋め尽くす大理石が目に付きます。
箱っぽいのはどなたかのお墓のようです。
IMG_5347

工事中ではありましたが、祭壇の細部に至るまで大変壮麗な細工がされていました。
バチカンとはまた趣が異なります。
IMG_5348

天井画も大変素晴らしいです。
何か意味があるようですが、私はくわしくありません。
IMG_5346

別部屋にはミケランジェロの彫刻が展示されています。
この部屋にあるものもだいたいどなたかのお墓だそうです。
IMG_5353

満足して1階へ。
なんだかキラキラする置物たちが飾られているなあと、reliquarioってなんだろう、とよく見ていると、、
これ人骨が入ってるんですね。
reliquarioって聖遺物っていう意味だそうです。
全部どなたかキリスト教に貢献された方々のお骨だそうです。
ヨーロッパでは、イスラム圏ではまったく見なかった、この骨を拾う文化が大変興味深いです。
IMG_5354

8ユーロかかるけど結構空いていて、ボッティチェリやらダビデ像もいいけど、ここもすごく歴史が詰まっており、大変オススメです!