酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:メキシコ料理

メキシコはグアダラハラでは、現地の日本食屋さんで働くシェフの方ところにお世話になっておりました。
その方のお友達のイタリアンレストランで頂いたししとうのプルスケッタ(メニューにShishitoと書いてあった)が、ししとうの辛さとモッツアレラのマッチングがそれはそれは美味しくて印象的でした。
ちょっとピリ辛(だった気がする)トマトソースを使うのは、メキシコならではだと感じ、メキシコらしさも取り入れつつ、でもしっかりイタリアンの、とっても面白い料理です。 

 

ししとうとモッツァレラのプルスケッタ
2人分
材料
トマトソース
 トマト(ピューレ、トマト本体など) 100ccぶん
 にんにくチューブ 3センチ
 一味唐辛子 5ふりくらい
ししとう 4つ
モッツァレラチーズ 1個
バゲット 4切れ

作り方
トマトソースを作る。
今日は残ってたトマトピューレ100ccくらいに、ミニトマト6個ほどを半分に切って投入。
現地で食べたやつは、ゴロゴロ果肉感の食べ応えのあるトマトソースだったので、本来はトマトを丸々1個すり下ろすのが良いんだと思う。 
にんにくチューブも入れ、中火でミニトマトをヘラで潰しながら混ぜる。
IMG_2793
ししとうは、食べやすさ重視の人は、ヘタを落とす。
ヘタがあった方がちょっと可愛い。 
辛いのが嫌いな人は種を取れば良いが、今日は辛い方が美味しい。
IMG_2794

ししとうを油を引かないフライパンで焼く。
IMG_2795

ここでトマトソースが煮たってくる。
まず一味唐辛子を入れてから塩を入れて調味する。
(多分メキシコ人は、唐辛子の辛味と塩味を若干混同している。) 
IMG_2796

モッツァレラは大胆に1センチくらいの輪切りにする。

バゲットにトマトソースをたっぷり載せ、モッツァレラ、ししとうの順に乗せて完成!
現地で食べたやつは、美味しくてお腹空いていて写真を撮るのも忘れて食べていました。
ししとうは日本のものよりアタリが多い印象だったけど、メキシコの本気出した唐辛子よりも優しい味だし、なによりモッツァレラがすごいいい感じにししとうの刺々しさを中和していて、絶妙です。
こちらのレストランでは、何かお料理にあうワインを、と頼んだところ、スペインのすごく美味しいヴェルデホ(だったかしら)を持ってきてくれて、それがまたぴったりマッチングするので、ここのシェフはなんて素敵なんだと感動しました。

今日のレシピも久々に日本のスーパーで普通に手に入る材料で作れるものたち!!
しかも今回の調理時間はトータル15分もかかっていません。
ぜひ挑戦してみてください!
 

メキシコはアステカ帝国時代から伝わるポソレというスープがあります。
現在は豚肉、豚のモツ、チキンなんかでつくられているこのスープですが、かつては生贄に捧げた人肉を使って調理するという衝撃の背景がありました。
いつか人肉ポソレ食べてみたいなあ。
詳しく知りたい人はこちら

帰国後、仕方がないから豚バラでポソレを作ってみました。
豚肉が一番人肉の味に近い、と古代アステカ人も言ってました。


ポソレ
3人分くらい
材料
豚肉か鶏肉 150グラムくらい
玉ねぎ 4ぶんの1
にんにく 2かけ
メキシコの唐辛子 1個くらい
ジャイアントコーン 半カップ
クミン ひとふり
オレガノ 3-4ふり
付け合わせ
 千切りキャベツ
 薄切りのラディッシュ
 パクチーのみじん切り
 レモンかライム

作り方
今回は乾燥のジャイアントコーンを使用。
五反田の南米食材屋には冷凍なんかもあった。
アメリカには水煮缶もあるらしい。
乾燥のを使う時は、前日寝る前に、ジャイアントコーンを水に浸しておく。
これはスイートコーンでは代用できない。
IMG_2777

豚バラを刻み、粗みじん切りの玉ねぎ、皮を剥いたにんにくと一緒に1時間ほど火にかける。
適宜灰汁を取る。
IMG_2743

その間に唐辛子の種を取り、油を引かないフライパンで焦げない程度に焼く。
焼く時は目がやられるので、換気扇を忘れずつけること!
メキシコの唐辛子がなければ、何かしら辛さ控えめの唐辛子を探し出すか、多めのラー油で代用する。
IMG_2778

焼けたら、キッチンバサミとかで唐辛子を刻み、熱湯をひたひたくらいに注ぎ、30分ほどつける。
軽く煮てもよい。
IMG_2763

このタイミングで水で戻したジャイアントコーンを一緒に入れて煮る。
使った感触だと、ジャイアントコーンはかなり煮込んでも良いので、最初に入れてもよいと思う。
IMG_2767

唐辛子水をザルで濾す。
IMG_2768

全てを一緒にして、クミンとオレガノを足し、5-10分煮込む。
ここで塩で調味する。
IMG_2779

付け合わせの野菜を盛り付け、完成!
FullSizeRender

なかなか美味しいです!
わざわざ買ってきたメキシコのレモンが、ものすごくメキシコを思い出す風味で愛おしいです。
日本のレモンやライムとはまったく違います。
現地の食材を揃えないといけないものが多いためハードル高めですが、通販でわりかし揃います。
ちなみに唐辛子は、Ancho Rojoというやつとグアフィージョというやつが必要だったそうです。
メキシコには唐辛子だけで一つの売り場が形成されるほどたくさん種類があります。
今回使ったのは、AnchoのRojo(赤)じゃないやつでした。



これがメキシコのポソレ屋に飾ってあったポソレの写真です。
野菜類は自分で適当に好きなのを入れて食べます。
IMG_7906

これが現地のポソレ。
肉はモツで、スープの色はもっと薄かったです。
だいたいが豚骨スープのような白濁した色をしており、そこに唐辛子水はスープに対して少量注ぐのでこんな感じの色になると思われます。
IMG_7905

人肉ポソレ食べてみたいなあ、、

ご飯のことならかなりスペイン語がわかるようになってきました。
タコスのオーダーもスペイン語で細かく伝えられるようになってきました。
プラヤデルカルメンの本屋さんでは、ユカタン半島料理本、すなわちマヤの流れを組む料理の本が売られており、アガって買ってきました。
帰国便取ったから、なんでも買える無敵状態で調子に乗りました。
中身は私がメキシコでまだ見たことないフードだらけでとても興味深く拝見しました。
コロナのせいで近々レストランが閉まるため、おそらく食べに行く機会はほぼないのが残念です。
IMG_2138

そしてビーチでのんびりしていたときに売り子さんが売りにきたのが、この本に載ってたキビKibiというもの!
なんだか歯応えのあるカリカリのトウモロコシ?生地の香ばしいパン的なものの中に、玉ねぎのピクルスっぽいやつを入れて食べます。
歴史的にユカタン半島にはレバノン系移民がいるそうで、どうやらこの食べ物もその流れを組む中東のもののようです。
小腹を満たすおやつにぴったりな一品でした。
IMG_2153

先日イラン料理に挑戦してしまい、タマリンドソースがたくさんできてしまいました。
なんとかしてそれを消費するため、タマリンドをたくさん使えそうなレシピを探していたところ見つけたのがこのメキシコ料理のレシピ。

日本で作るにはクリティカルな材料もあるから、せっかくメキシコに居るので挑戦してみることにしました。
本来豚肉も長く煮込むところを簡易的に時短でつくれるようにちょっと工夫しました。

豚肉のタマリンドソース煮込み(Cerdo en Salsa de Tamarindo)
材料
豚肉 700グラム
玉ねぎ 4分の1
にんにく 2-3かけ
緑のトマト 2-3個(通常のトマト1個とリンゴ4ぶんの1で代用できるか)
タマリンド 4個くらい(板状のタマリンドなら4分の1、ソースがあれば大さじ3)
トウガラシ(チリパウダー) 辛くなければひとつかみ、辛ければ大さじ1

作り方
緑のトマトは軽く火で炙るかフライパンで焼いて、皮をむきます。
IMG_2104

タマリンドは皮をむき、ひたひたのぬるま湯に15分くらいつけておくと柔らかくなります。
それを手で揉みしだくと果肉が剥がれます。
板状のタマリンドも同様に、ぬるま湯に15分ほどつけましょう。
IMG_2092

タマリンドはこんな感じになります。
ここからまだもみもみして、ザルで濾して、タマリンドソースを取ります。
タマリンドは練り梅でも代用できるので、チューブ1本半くらい使います。
IMG_2096

トマトと玉ねぎとにんにくとタマリンドソースとトウガラシをフードプロセッサーにかけます。
フードプロセッサーがなければすりおろします。
これみじん切りだと美味しくならないので、面倒でもすりおろします。
それを食べやすい大きさに切った豚肉に和えてマリネします。
このまま3時間くらい漬け込みます。
このとき使ったタマリンドソースは、別の料理の流用のため、ちょっとハーブが入ってますが、本来不要です。
IMG_2105

3時間経ったら肉を焼きます。
汁部分は入れず、まず肉に軽く焼き目がつくくらいまで火を通します。
全部の肉に焼き目がついたら、汁を入れて蓋をして、10分ほど煮込んで完成!
IMG_2106

白米と一緒に食べます!
すっごい食欲のそそる味で、とっても美味しいです!
育ち盛りの男子なんかが喜びそうな味がします!
年齢性別問わず、呑兵衛にはお供にビールを与えましょう。
IMG_2107

ある日道端で見つけた、この破壊力のある屋台。
戦闘力は53万でした。
エローテ、というのがまるごと茹でトウモロコシのことです。
下のエスキーテ、というのは、茹でトウモロコシの身を外してカップに入れたものです。
これ両方ともいろんなところで見かけたんですが、お腹がいっぱいだったりタイミングを逃して食べられませんでした。
せっかくだからこの戦闘力53万の屋台でエスキーテを注文してみました。
IMG_8904

茹でトウモロコシをカップに入れてくれて、トッピングはどうする?と聞かれた時の魔法の言葉、Con todo(全部乗せで!)で対応。
すると山盛りのマヨネーズの上に、バッタ、チリパウダー、チーズっぽいやつ、チリソース、さらにバッタをダメ押しでかけてくれました。
もはやコーンは見えません。
バッタはおととい食べたんですが、酸味や旨みがあってなかなかイケます。
IMG_8940

しかし今回はあまりのバッタ盛りに、ゲップがバッタになる始末。
ちょっと匂いは勘弁してほしいかも。
でもさすがはメキシコのトウモロコシ、歯ごたえシャッキシャキでとっても美味しかったです!

このページのトップヘ