タグ:メキシコシティ

メキシコシティにはいくつもの市場があるんですが、その中で有名な市場の一つ、ソノラ市場に行ってきました。
ここは入り口は普通の市場なんですが、奥に行くと呪術用品を扱っています。

なんだかよくわからないお守りや、ブードゥー人形なんかがあります。
IMG_7920

上からも吊るされる、何に使うかよくわからない乾燥植物など
IMG_7922

こちらにも明らかに食用じゃなさそうな草がたくさん売られています。
IMG_7923

で、私は何を買ったんやというと、幸運のローション!
たったの40ペソ!
ツッコミどころはたくさんあります、知ってます笑
このローション香りが強くて、しかも鞄の中で液漏れしてて、鞄がめちゃくちゃ臭います。
鞄が幸運になった。
IMG_7994

メキシコシティの地下鉄です。
いろんなブログとかで乗り方とか紹介してますが、そういうのはその人たちに任せて、私はかわいいにだけフォーカスして書きます。

まずチケット。5ペソで買えます。
このメトロのMマーク、全くMらしくないのがメキシコ流。
おかげで空港でメトロさがしてもどこかわかりませんでした。
IMG_7861

女性と子供専用車両があります。
車両のみならずプラットホームまで女性と子供専用になってます。
IMG_7740

停車駅の表。
駅それぞれに可愛らしいマークが付いています。
このマークは駅の外なんかでも書いてあります。
IMG_7741

改札の出口。
矢印かわいい。
IMG_7867


私は昔からピラミッドなんかが大好きで、幼稚園の頃のお気に入りのお絵かきテーマは、エジプトのクフ王のピラミッドの断面図でした。
各部屋と回廊の名前までばっちり記憶していました。
セーラームーンの次くらいに好きでした。
世界の遺跡関連の本も読み漁っていたのですが、その中である日太陽のピラミッド、という記述を見つけたのが私のメソアメリカの文明との出会いです。
そこからドラえもんの映画、のび太の太陽王伝説を見て私の中にマヤアステカブームが到来したのを記憶しています。

ティオティワカンはもちろん行きたい、しかしその前に、ちょうど近場にいて死者の日パレード雨が降ってきたし行っちゃおう、と思って来たのが人類学博物館。
こちらは猿人原人の時代から紐解き、メソアメリカの文化と言語を詳細に語り尽くした大変見応えたっぷりの博物館でした。
入館料75ペソに対して滞在時間は4時間、休みつつ見れば、解説にもっと英語がたくさんあれば、多分1日じゃ足りません。

年代で見るとこれが最初かと思います。
オルメカ文明です。
この文明が中南米の民俗文化の礎となったと言われています。
このオルメカヘッドに憧れて、はるばるメキシコシティを南下しようと思ってましたが、ここで見れるなら私はもう満足です。
FullSizeRender

パレンケで出土したヒスイのマスク。
王族のお墓に埋葬されていたものだそうです。
ヒスイは魔除けなどの意味を持ち、古代中国でも王族の遺体を覆っていました。
こちらでどういう意図でヒスイで仮面を作ったのか、また埋葬したのか、説明書きが全部スペイン語なのが悔しいです。
パレンケももしかしてこれで行かなくて良くなったかも、、
IMG_7713

マヤ文明。
マヤ文字もとても可愛らしくて大好きです。
未解読文字の解読作業はいつか挑戦してみたい気持ちです。
IMG_7712

生贄の心臓だか首だかを置く台!
生贄という文化は日本にもありましたが、それ以上にこの国の掻っ捌く形の生贄は大変神秘的で美しいと私は思っています。
IMG_7717

太陽の石と言われるもの。
知名度からしてアステカ文明を代表する建造物?の一つと言って良いかと思います。
これを生で見れるなんて本当にしあわせです。
IMG_7722

この他にも現在広がる民族の工芸品の展示などめちゃくちゃ充実しており、たくさん歩いて気づいたらポケモンGOの卵が2つぐらい孵化してました。

日本には、1つの博物館を回るだけで日本中旅した気になるような、歴史を学べるようなものというのがない気がしました。
あっても有楽町に点在するアンテナショップ程度かと思います。
こういうものが東京とか京都とかにあれば、外国人のみならず日本人にとっても自国知るきっかけになるし、地方への集客やPRの良いツールになるのではないかと思いました。

いつもは世界対応SIMのflexiroamでプランを購入するんですが、アメリカ大陸のプランがものすごく大雑把で、南北アメリカ大陸どこでも使えるプランで28日間有効な10ギガプランが135ドルでした。
ちょっと高すぎて手が出ないため、以降南米ではSIMは都度購入することにしました。

カンクンの空港にあったSIM屋では、1か月ネット使い放題で80USドルと言われました。
いやもっと安いのがあるはず、、とここでは購入せず。

メキシコシティに来てから色々調べたところ、SIMはtelcelという会社のがよろしいらしいと。
そこのプリペイドのアミーゴチップというのがどうやら40ペソくらいで買えるらしいと。

というわけでグーグルマップで宿付近のtelcelを探して行ってきました。
店頭ではなぜかSIMは150ペソ(850円)、有効化のために近所のコンビニに行って頼む必要がある、と。
よくわかんないけどもう探し回るのも面倒だったので150ペソ払いました。
FullSizeRender

そして近所のoxxoやセブンイレブンに行って有効化してもらいます。
SIM屋のオヤジによると有効化にもお金がかかるとのことでしたが、無料でした。
これでどれだけ使えるのかわかりませんが、とりあえず100ペソチャージしてきました。

これで今晩Uberが呼べる。

カンクンから2時間半のフライト、さらに1時間時差がずれて首都メキシコシティに来ました。
イギリスから考えても相当時差があり、微妙な時差ボケがありますが、あんまり寝てばっかりもいられません。
だってずっと見たかった死者の日が目の前にあるんだもの。
これを見るためにわざわざメキシコに来たんだもの。

死者の日は、メキシコにおけるお盆的な立ち位置で、年に一回死んだ人がこの世に帰ってくる、というコンセプトのお祭りです。
この日はみんなお墓を飾り付けて、ご馳走を用意し、音楽を奏でて死者を迎えます。

これが多分祭壇です。
IMG_7595

こういう紙の飾りが至る所に飾られています。
IMG_7596

町中にも可愛らしい骸骨モニュメントが
IMG_7598

沢山あります。
IMG_7601

そして骸骨メイクなんかもポピュラーです。
IMG_7600

こちらの祭壇も大変カラフル。
IMG_7609

↑このページのトップヘ