酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:マレーシア料理

マレーシアの朝メシ屋台の定番のひとつ、カリーパフ。
前回行った時ラマダンマーケットで買ったやつがすごい美味しくて、写真撮る間も無く毎度消費していました。
マレー系ということでイスラムだから当然飲まない民族の料理なのに、完全にビールに合いそうな味をしているので、ビールと共に完全体を目指すべく本日は作ります。

カリーパフ
材料
冷凍パイシート
じゃがいも 2個くらい
飴色玉ねぎ 大さじ2くらい
カレーパウダー 大さじ1
 もしくは
 クミン 小さじ1.5
 コリアンダー 小さじ1.5
 ターメリック 小さじ1
ケチャップ 大さじ1
塩 適量

作り方
じゃがいもを茹でて皮を剥き、マッシュする。
飴色玉ねぎ、カレーパウダー、ケチャップを入れて混ぜ、塩で調味する。
クミンなどを使う場合、ホールスパイスはオイルテンパリングすること。
image
混ぜると美味しいカレーポテサラができる。
image

これを冷凍パイシートに包む。
パイシートの解凍に失敗したため、なんか不揃いになっている。
image

オーブンを180度に余熱し、25分焼いたら完成!
image
湯気でカメラのレンズが曇っています。
これ今回は冷凍パイシートですが、硬めのパン生地でやるのもありです。
ビールがすすむちゃんになりました!
image

タイからマレー鉄道に乗ってマレーシアはペナンに向かいました。
そこのゲストハウスで仲良くなった、マレーシア人のケイティさん(バツイチアメリカ国籍あり、モテモテ)と、モロッコ人のリムちゃん(韓国に留学中の女子大生超美人)と一緒に、ケイティさんオススメのバーベキュー村に繰り出しました。
IMG_2788



そこで食べて感動したのがこのナスのバーベキュー。
マジでビールが欲しいのに、Summersbuy?とかいう甘いシードルしかなく、とても欲求不満でした。
だから作ります!
ナスの中華風炒め
1人分
材料
ナス 1本
にんにくチューブ 2センチ
しょうがチューブ 1センチ
一味唐辛子(あれば鷹の爪を輪切り) 3ふりくらい
醤油 小さじ3くらい
わけぎ 適量

作り方
油(ごま油推奨)を引いたフライパンで、ナスがしなっとするまで炒める。
フライパンいっぱいのナスがしんなりして、小皿程度になります。
IMG_2785

ナスは別皿に避けておいて、フライパンに再度少量のごま油を引いて、にんにく、しょうがを入れ、音がしてきたらナスをフライパンに戻す。
一味唐辛子をかけながら和える。
最後に醤油を回しかけ、1分ほど炒めます。
IMG_2786

盛り付けの時に青ネギ(今日はパクチー)をかけて完成!
IMG_2787

すごい、さすがしょうがとにんにくは裏切らないビールの友達です。
本家は、醤油のみならず少量の黒酢も入れるようで、やはりそれがないと味的にも再現度は低めかなと思われます。
とはいえすごい親しみのある味!!
調味料がそこらへんのスーパーで揃って、15分くらいで全部完成する料理めっちゃ久しぶり!!
ご飯のお供としても大変優秀です!!

なんでマレーシアなのに中華料理なのかは以下を参照


このページのトップヘ