酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:マレーシア

マレーシアの朝メシ屋台の定番のひとつ、カリーパフ。
前回行った時ラマダンマーケットで買ったやつがすごい美味しくて、写真撮る間も無く毎度消費していました。
マレー系ということでイスラムだから当然飲まない民族の料理なのに、完全にビールに合いそうな味をしているので、ビールと共に完全体を目指すべく本日は作ります。

カリーパフ
材料
冷凍パイシート
じゃがいも 2個くらい
飴色玉ねぎ 大さじ2くらい
カレーパウダー 大さじ1
 もしくは
 クミン 小さじ1.5
 コリアンダー 小さじ1.5
 ターメリック 小さじ1
ケチャップ 大さじ1
塩 適量

作り方
じゃがいもを茹でて皮を剥き、マッシュする。
飴色玉ねぎ、カレーパウダー、ケチャップを入れて混ぜ、塩で調味する。
クミンなどを使う場合、ホールスパイスはオイルテンパリングすること。
image
混ぜると美味しいカレーポテサラができる。
image

これを冷凍パイシートに包む。
パイシートの解凍に失敗したため、なんか不揃いになっている。
image

オーブンを180度に余熱し、25分焼いたら完成!
image
湯気でカメラのレンズが曇っています。
これ今回は冷凍パイシートですが、硬めのパン生地でやるのもありです。
ビールがすすむちゃんになりました!
image

酔う子の旅する世界史第4段の動画を撮影しました!
マレーシアはクアラルンプールのマレーシア国立博物館の日本語ガイドをきっかけに知った、銀輪部隊について話します。


世界一周してきた酔う子が語る、旅と旅にまつわる世界史小噺! 4回目は第二次世界大戦開戦の合図となったマレー作戦と銀輪部隊について語ります。 マレーシア国立博物館の日本語ガイドツアーの最新情報はコチラ オオトカゲのカレーを食った話はコチラ
 

タイからマレー鉄道に乗ってマレーシアはペナンに向かいました。
そこのゲストハウスで仲良くなった、マレーシア人のケイティさん(バツイチアメリカ国籍あり、モテモテ)と、モロッコ人のリムちゃん(韓国に留学中の女子大生超美人)と一緒に、ケイティさんオススメのバーベキュー村に繰り出しました。
IMG_2788



そこで食べて感動したのがこのナスのバーベキュー。
マジでビールが欲しいのに、Summersbuy?とかいう甘いシードルしかなく、とても欲求不満でした。
だから作ります!
ナスの中華風炒め
1人分
材料
ナス 1本
にんにくチューブ 2センチ
しょうがチューブ 1センチ
一味唐辛子(あれば鷹の爪を輪切り) 3ふりくらい
醤油 小さじ3くらい
わけぎ 適量

作り方
油(ごま油推奨)を引いたフライパンで、ナスがしなっとするまで炒める。
フライパンいっぱいのナスがしんなりして、小皿程度になります。
IMG_2785

ナスは別皿に避けておいて、フライパンに再度少量のごま油を引いて、にんにく、しょうがを入れ、音がしてきたらナスをフライパンに戻す。
一味唐辛子をかけながら和える。
最後に醤油を回しかけ、1分ほど炒めます。
IMG_2786

盛り付けの時に青ネギ(今日はパクチー)をかけて完成!
IMG_2787

すごい、さすがしょうがとにんにくは裏切らないビールの友達です。
本家は、醤油のみならず少量の黒酢も入れるようで、やはりそれがないと味的にも再現度は低めかなと思われます。
とはいえすごい親しみのある味!!
調味料がそこらへんのスーパーで揃って、15分くらいで全部完成する料理めっちゃ久しぶり!!
ご飯のお供としても大変優秀です!!

なんでマレーシアなのに中華料理なのかは以下を参照


昨年旅立ってから約1年、旅してた日々が恋しくてたまりません。
同様に、ドリアンが恋しくてたまりません。
ドリアンはネタではなくめちゃくちゃ好きです。
フルーツらしからぬクリーミーさにやられ、今ではあのガス爆発のような匂いがするだけで大興奮するようになりました。

ある日タイの屋台で見かけた、ブラックドリアン、という代物。
そういう品種なのかと思って近寄ってみたら、なんとドリアンを炭火とガスバーナーで真っ黒に焼いていました。
1つ買ってみたところ、なんともいえないトロッとした甘さと食感に、あの匂いが薄れて大変食べやすくなっていました。

だから私もやってみました。
約1年前、クアラルンプールに到着した日に友人の友人にバーベキューに誘っていただいたので、ドリアン持参で行きました。
プールやジムつきのポッシュなマンションの一角にあるバーベキュー場で、ドリアン。
そもそもドリアン持ち込んで良かったんだろうか。
持ち込んだドリアンは炭火の業火で、時々ひっくり返しながら焼きます。
IMG_2462

今回は中の様子を確認するために中華包丁で切りましたが、本来は食べごろになったら自然と割れてきます。
焼いてる時に余計臭くなるということはありません。
IMG_2463

実食。
臭みがかなり飛び、ただのめちゃくちゃ美味しいカスタード状態になっていました。
みんな群がるようにして食べ、一瞬でなくなりました。
IMG_2464

日本のバーベキューにドリアンを持っていくのは、ドリアンの入手からして難しく、ドリアンも重いし臭いし、どこのバーベキュー場でやるねん、という話もありますが、美味しいから是非ともやってほしい気持ちです。
もし皮を剥いた実だけ手に入れたら、アルミホイルを巻いてオーブンで焼けばいいと思います。

マレーシアで受け取る場合の話と、マレーシアから送る話を書きます。

日本からマレーシアに送る場合の話です。
今回戸籍謄本を日本からエアメールで送りました。
4月中旬に投函しましたが、まだ届きません。
どうやら手紙がマレーシアに着いてから長いらしい。
お金はケチらずにEMSにすべきだと学びました。

マレーシアから日本に荷物を送る場合の話です。
マレーシアから飲み物、お菓子、布類を入れた荷物を発送しましたが、発送不可になって戻ってきました。
ポスラジュ、というのが安いのですが、安いやつだと液体は発送できないそうです。
窓口でも何も言われなかったのに、送料は返してくれないとかいうクソ対応でした。

このページのトップヘ