酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:ボルドー

ソムリエ教本に載ってた、現地で食べるまで想像もつかなかった、ヤツメウナギボルドー風。
一昨年の今頃、ヤツメウナギって何?秋田でとれるんだ、旬は2月?!いま4月やで、、あっ、駒込あたりにヤツメウナギ出してる焼き鳥屋があるぞ、買い付けられるかな、みたいなふうにヤツメウナギ探索をしていました。
そして昨年9月、ボルドーに行って念願のヤツメウナギボルドー風を実食しました。
前評判ではサバ缶のようだと聞いていて、そんな私の夢を壊すのはやめてっ、、!とか思いながら食べたらマジでサバ缶でした。
だから今日はサバ缶で作ってみました。
参考にしたレシピはこれです。
フランス語がわかる友人に確認してつくりました。
Lamproie a la bordelaise (ヤツメウナギボルドー風) だいたい2人分
材料
サバ缶  2つ
赤ワイン(メルロー主体) ボトル3分の1くらい
長ネギの白いところ 1本分
にんにく 2かけ
にんじん 小1個
玉ねぎ 半分
ベーコン 2枚分くらい、約50グラム
バター 20グラムくらい
ローリエ 1枚
タイム 小さじ1、もしくは1本

作り方
長ネギの白いところをサバ缶のサバと同じくらいの長さに切る。
にんにくはスライス、にんじんは1センチくらいの輪切り、玉ねぎはくし形で4つくらいに切る。
ベーコンは1センチ幅くらいに切る。
鍋にバターを敷き、長ネギとにんにくを炒める。
軽く火が通ったら、野菜とサバ缶全部の材料を入れて火にかける。
サバ缶は汁ごといれ、赤ワインをひたひたくらいに入れる。
(余裕があれば、サバ缶の汁を捨てて魚のフォンの方がよりそれっぽい。カルディにあるらしい)
そこから火にかけ、沸騰し始めたら弱火にして、2時間半煮込む。
今日はストーブを活用した。
汁が減りすぎたら、適宜水を足す。
IMG_2379

2時間半経ったところで味見し、必要に応じて塩(ほぼ必要なし)、酸味が強ければ砂糖を少々入れ、味を調節する。
それでお皿に盛ったら完成!
IMG_2381

正直ボルドーで食べたやつより美味しいです。
これはボルドー本場のもの、汁部分は少し泥というか生臭い感じで、食べられませんでしたが、サバ缶だとゴクゴクいけます。
IMG_6173

今回作ったやつの煮汁が多かったので、豆腐にかけてみたらこれまた絶品でした。

サバ缶は既に調理されているのに、果たして2時間半も煮込む必要があるのかどうかですが、野菜がトロトロになるためにはそれくらい必要でした。
圧力鍋をお持ちの方は是非ご活用ください。

サバ缶と赤ワインって想像つかないかもしれませんが、すごく美味しい組み合わせです!
(特に酒飲みは)是非お試しください。

今日はワイナリーはお休み、ボルドーに来ております。
ボルドーには世界的なワインの博物館があり、色々いいことも悪いことも聞きますが、前から気になっていたので来てみました。

トラムのCite du Vin駅で下車、向こうに見える奇抜な建物まで徒歩5分です。
IMG_6696

入場料は20ユーロ、日本語の音声ガイドもあり、このコードみたいなのを読み取ると全部綺麗で自然な日本語で解説されます。
むしろ音声ガイドがないと何も楽しめないので、これは忘れずに借りましょう。
IMG_6699

最初の方にある神話コーナーがとても楽しく、各国の神話や古代人のワインに対する認識を知ることのできるコーナーが大変面白かったです。
洪水神話大好きの私は大興奮。
IMG_6698

奥に進むとワインの匂いの例えるやつの香りを嗅ぐことができます。
馬の汗とか嗅げるのはとても貴重。
IMG_6701

ワインの色調見本もあります。
IMG_6703

こちらは子供向けの樽作りシミュレーションゲーム。
自分の名前を書いて完成させます。
他にもワイン造り、ぶどうの枝の剪定などのシミュレーションゲームが子供向けに用意されています。
IMG_6705

最後はお待ちかねの試飲コーナー!
1杯まで入場チケットで飲むことができます。
私はせっかくなのでアゼルバイジャンワインを試しました。
軽く甘口で美味しかったと思います。
IMG_6709

ガロンヌ川を見ながらワインを飲めます。
IMG_6713

売店のワイン売り場は圧巻です。
世界中のワインを買うことができます。
が、スーパー行った方が安いので私はここでは買いません。
IMG_6715

この博物館はワインの基礎情報(主に気候、土壌、ぶどう品種、製法など)が多く展示されており、エキスパート資格を持っている人には既に知っていることがほとんどかと思われます。
むしろ足りない情報(農法、添加物など)が多いと思う人もいるかもしれません。
しかし見せ方が上手いので、先生だったりインポーターさんだったりが何も知らない人に説明する手法として学ぶところはあるのではないかと思いました。
ワイン初心者の人だと問答無用で楽しめると思いました。

ボルドー市内にあるバー、Aux quatre coins
du vin。
4コインバー、でしょうか。
こちら入って、10ユーロ分入ったカードをもらいます。
そしてワインはこんな感じであります。

まずワインを選びます。
次にワインの量が少なめ、中くらい、たくさん、とあるので、それに応じたボタンを押します。
すると上にある蛇口みたいなところからワインが出てくる仕組みです。
お代は、上に差し込んだカードから引かれていきます。
IMG_6285

こんな感じで、このワインは少ないと1.5ユーロ、中くらいだと2ユーロちょっと、多いと5ユーロちょっと、、と値段が上がっていきます。
IMG_6286

ワインのバリエーションも、赤、白、甘口、と取り揃えているので、なんでもあります。
また、ボルドーのみならず世界中のワインがあります。

目玉はこちら、少ない量のボタンで35ユーロの、ボルドーポイヤック1級のムートンロートシルト!
2006年なのでまだ若い部類に入るようです。
お味は、とっても定番のカベルネ・ソーヴィニヨンベースのボルドーワイン、といった感じでした。
IMG_6287

いろんなワインをたくさん飲めて、ちょっとだけ飲むこともできるこちら、待ち合わせにも2軒目にも使える、素敵なお店でした!

フランスはボルドーの奥、南西地方のソシニャックに来ています。
こちらのワイナリー、Chateau Pre Vertでお世話になっています。

こちらで教えていただいたペリゴール風タルトのレシピを書いておきます。

ペリゴール風タルト
材料(4〜5人分くらい)
鴨のコンフィの缶詰 1個(日本では、骨がついた鶏手羽とかを煮込んだやつを使えばいいと思います。余り物の処理にもぴったりかも。)
きのこ類 マッシュルーム8個分程度(今回はいろんなきのこが入った缶詰を使用)
たまねぎ 1個分(今回は日本にはないゴボウの仲間の、ホワイトアスパラみたいな野菜の缶詰を使用。味的にはたまねぎが近い。)
パイクラフト 
焼くときに上に塗る用の卵黄

作り方
たまねぎは粗みじん切りにしておきます。
きのこはざく切りにしておきます。
今回缶詰を使用したのであらかじめ火が通っていたので、鴨のコンフィの油などで上記を軽く炒めておくと良いかも。

鴨のコンフィは今回缶詰を使用しました。
IMG_6307

中身をだし、骨から外して身をほぐします。
油は入れません。
IMG_6308

コンフィをフライパンで炒めます。
そこにきのこを投入し、炒めます。
IMG_6309

次にたまねぎもしくはゴボウの仲間を入れて炒めます。
IMG_6310

タルト型にパイクラフトを敷き詰め、その上に炒めたものを乗せ、またパイクラフトで蓋をします。
フライパンに残ったオイルもしっかり全部パイ生地の中に入れてください。
日本の冷凍パイ生地は四角いので、四角いキャセロールを使うのが便利かも。
冷凍パイ生地をあらかじめ冷蔵庫に入れて解凍し、綿棒で半分くらいの薄さに伸ばすと現地に近くなります。
IMG_6311

蓋をしたら上から卵黄を塗ります。
この日は庭のにわとりさんが卵を産まなかったため卵黄は省略。
IMG_6312

180度くらいのオーブンの中段で20-30分程度焼きました。
しっかり下まで火が通るよう、時々様子を見て、上に焼き色がついてるけど下がまだなら下段に移すなどしてよく焼いてください。
IMG_6313

完成!
付け合わせは、サラダ、じゃがいもなど。
濃いめのボルドーワインとお楽しみください!

今日はサンテミリオンまでワイナリー見学に行きます。
サンテミリオンは村自体が可愛らしいので、見学場所として大変人気です。
ワイナリーツアーも5000円から2万円くらいまで幅があり、いずれも2箇所くらいしか回らないのですが、一体何が違うのかはよくわかりません。
今回申し込んだのは90ユーロのツアーです。
回るワイナリーは、どちらもサンテミリオングランクリュで、大満喫しました。

まず1軒目、Chateau Bernateau。
IMG_6243

メルロー主体で栽培しています。
収穫前のぶどうは大変甘くて美味しいです!
収穫期の目安は、ぶどうのタネがアーモンドみたいな味がするかどうかと、実を潰した時の汁がしっかり赤いかどうかとかで見分けるそうです。
IMG_6240

醸造はステンレスタンクと木だるで行われます。
IMG_6245

醸造後は樽で熟成させます。
IMG_6246

さてお待ちかねの試飲コーナー!
3種類飲ませてもらえます。
気の利いた苦味を感じる大人な3杯でした。
IMG_6247

サンテミリオンの街は30分ほど見学の時間をもらえます。
石灰岩のレンガでつくられたこじんまりとした街並みが美しい。
IMG_6259

さて、次のワイナリーはChateau Panet。
こちらもメルローの畑を見せていただきます。
こちらのぶどうは大体80年くらいまで育ったら抜いてしまうらしいです。
IMG_6270

こちらは昔ながらのコンクリートタンクでの醸造です。
IMG_6272

熟成はこちらの木だるで行います。
IMG_6273

さて、試飲です。
2010年はボルドーワインの凄くいいビンテージだそうで、この一本は大変素晴らしかったです。
IMG_6276

2015年もなかなか。
IMG_6277

こちらも2010年、もう本当に2010年はいかに素晴らしいか、よくわかる一本です。
IMG_6280

ツアー会社がチーズとサラミを用意してくれました。
このチーズはTommeという牛チーズ、めちゃくちゃ美味しい、、
IMG_6278


このページのトップヘ