タグ:ペルー料理

つくづく移民の影響を強く受けている国だと思うのがペルーです。
クリオーリョ料理の店にも、中華料理屋にも絶対あるのがこれ、Arroz Chaufa。
最初はペルー式ピラフかなとか思ってたんですが、実は本当にチャーハンでした。
Chaufaって中華って意味だそうです。
米粒ふっくらめのチャーハンはほぼ存在しませんが、ペルーの米は基本パラパラなので、パラパラの綺麗なチャーハンがいつも出てきます。
IMG_9906

チャーハンだけど絶対ついてくるのがライムとこのソース。
ソースは基本めちゃくちゃ辛いけど、チャーハンが多めなので、飽き始めたときの味変アイテムとして重宝します。
IMG_9905

あとこれも中華かなと思われるのが、このパスタ。
なんか醤油っぽいソースが絡まっています。
チャーハンはかなり美味しいけど、この麺のやつはあまり期待できない店が多いです。
IMG_9561

チャーハンによくセットで付いてくるのがこのワンタンスープ。
名前もそのままで、Sopa wantanと言います。
ワンタンの生地は基本分厚く、あと何故か麺も入ってます。
でもスープは生姜が効いててとても美味しいです。
IMG_9312

唐揚げや他の中華おかずとチャーハンのコンボプレートもよくあります。
中華料理屋の唐揚げは基本美味しくてとても良いです。
IMG_9039

トルティーヤ、というと、メキシコ料理のタコスのあの皮の部分を想像する人が多いと思います。
しかしペルーにおいてトルティーヤというと卵焼きのことを指します。

レストランで頼んだTortilla con Verdurasというのがこちら。
直訳すると野菜入り卵焼き。
どっさりのご飯のおかずとして薄っぺらい卵焼きが乗ってきます。
この日は塩加減を間違えたのか、こういうものなのか、めちゃくちゃ塩辛かったです。

サイズや厚さは、だいたいどこもこんなもので、しかもこれは朝ごはんとかではなく昼ごはん枠のようです。
朝には焼いたチキンとかもっとガッツリしたものがレストランに並びます。
IMG_9997

路上のジュース売り場からカフェまで至るところで見かけるチチャモラーダという紫トウモロコシの飲料。
まさか家庭で作るとは思ってなかったです。

チチャモラーダ
2リットルぶんくらい
材料
紫トウモロコシ(これはチチャモラーダ専用で、食用にはならない。どれだけ茹でても硬い。)
パイナップルの皮 パイナップル半分分くらい
レモン汁 レモン2、3個分くらい
シナモン 1本
クローブ 4個くらい
砂糖

作り方
鍋に水を入れ、紫トウモロコシとスパイス類を入れます。
IMG_0041

パイナップルはざくざく輪切りにし、厚めに皮を剥きます。
IMG_0042

剥いた皮も鍋に入れ、1時間くらい煮詰めます。
IMG_0043

1時間煮たら汁が赤黒くワインくらいになります。
鍋を火から下ろし、しばらく冷まします。
容器に移せるようになったら汁だけを移し替え、レモン汁と砂糖で味を調整します。
IMG_0047

完成したのがこちら!
すごく爽やかな、サングリアのようなチチャモラーダになりました。
トウモロコシやスパイス類は、2回くらい出せるようですので、もう一度煮詰めてみても良いと思います。
IMG_0060

ここではパイナップルを使いましたが、家庭によってはリンゴを入れたりと、所々レシピがちがうようです。
まさに南米のサングリア、色々なフルーツで試すのも面白いと思います!

セビーチェやら魚フライを作るときには魚のアラがでます。
このアラも余さず活用してしまうのがペルーのいいところ。
またペルーは南米で一番たくさん日本人の移民がいる国です。
かつて文明開化のあたりでサトウキビで一獲千金をねらって南米に移住した人が沢山います。
その影響で生まれたのがセビーチェ。
そしてまたこの料理も少なからず影響を受けていると言えそうです。

魚のアラのスープ
材料
魚の頭とか、ちあいとかのアラの部分。今回はカツオを使用
生姜
たまねぎ
じゃがいも
セロリ
パクチー

作り方
魚のアラをしっかり水で洗い、血や汚れを落とします。
IMG_0044

ざく切りにした生姜とアラを30分ほど煮込みます。
火力は私からすれば強火でした。
IMG_0046

スープを濾し取ります。
IMG_0048

野菜類を入れて煮ます。
メインの野菜はじゃがいもだったけど、人参とか大根入れても美味しいと思います。
IMG_0049

火を止めて、最後にパクチーを入れて旨味を出して完成です!
カツオの優しい出汁の味で、完全に日本人の懐かしい味でした!
臭みも生姜がうまく消してくれてます。
もう味噌入れたいです。
IMG_0053

以前セビーチェの記事を書きましたが、私このペルー旅が終わりかけの今の今までうまいセビーチェに当たったことがなかったんだと思い知りました。
酸味がキツくて飽きてたんですが自分で作ったやつはちょうど良くて最高でした。
しかも魚の湯引きも全くしておらず、1か月以上ぶりの完全に新鮮な生魚で、私はとっても満たされました。

ちゃんと美味しいセビーチェのレシピ
7人で完食
材料
魚(今回はおそらくシイラだと思われる魚の半身約1キロを使用)
レモン汁(ライムみたいな形のレモンを10個くらい使用)
たまねぎ 1個
セロリ 10センチくらい
パクチー お好み
トウガラシ(日本で手に入るのならタイのやつが理想。生を使用) 1個
生姜(チューブ可) チューブ半分くらい
にんにく(チューブ可) チューブ半分くらい

作り方
魚を切ります。
日本人は刺身ちょい小さめがおすすめです。
今回はお店の人が切ってくれました。
必要に応じて水で魚を洗います。
IMG_0052

レモン汁を搾ります。
ポッカレモンならレモンの形の入れ物3分の2くらい使います。
絞ったら魚にかけておきます。
IMG_0047

にんにくを入れます。
これは市場のソース屋さんで買ったすりおろしにんにく。
IMG_0054

セロリと生姜を細かく刻んで入れます。
IMG_0055

トウガラシを刻んで入れます。
種と白いところは除きます。
IMG_0056

たまねぎを薄いくし切りにして、水にさらします。
その後水気を切って魚に混ぜます。
よく混ぜます。
味見しながら塩を足します。
IMG_0057

完成!
付け合わせはサツマイモ(カモーテ)です。
セビーチェの塩気とサツマイモの甘味が相殺されるのがこの組み合わせのあるべき姿だそうです。
私は白米がいいなと思いました。
IMG_0061

パクチーは少しかけてますが、基本はお好みでそれぞれ足していました。
トウガラシも同様です。
IMG_0058

↑このページのトップヘ