酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:ブエノスアイレス

メンドーサからブエノスアイレスに来る時も軽くトラブって、アルゼンチンのバスには若干トラウマがあります。
ちょっとバス乗るくらいでブログに書くなよって思うかもしれませんが、なかなか今回もひどかったので記しておきます。

ブエノスアイレスのバスターミナル、Retiroからのバスをネットで予約しました。
4040ペソ、ペソが値下がりしており、7000円くらいでした。
レティーロにもバスチケット屋はたくさんあるので直接買うこともできますが、チケット屋がありすぎて意味がわからなかったので、ネットで買いました。
昼15時にブエノスアイレスを出て、翌朝9時半にイグアスに着きます。

レティーロのバスターミナルは、田舎と違い、発車プラットフォーム番号を知らせてくれる電光掲示板があります。
バスが来たらそこに表示されるんですが、私のは15時を過ぎても表示されず、また置いていかれたのかとヤキモキしていました。
15時10分くらいにさすがにインフォメーション行くか、と歩いていたらバス到着の表示が出てきました。

バスに乗ってすぐの機内食のおやつ。
FullSizeRender

クリームサンドのクッキーとクラッカー、マテ茶です。
マテ茶飲みたいけどこのバスお湯がないです。
FullSizeRender

そしてお夕飯。
写真ぶれてるけど、ビニールの蓋の中にめっちゃマヨネーズが飛び散っています。
しかも持ってくるとき縦にされていました。
ひどい。
FullSizeRender

飛び散っていたのは、ハムの下にあるライスサラダのマヨネーズでした。
ひどい。
味は悪くないけど、車内の冷房だけで冷えていたっぽいこの弁当、食品添加物が若干気になる。
IMG_1428

この後、誰かがトイレで何かをやらかして、物凄い濃縮されたマリファナのような臭いが車内に充満、それをなんとかしようとくっさい香水を撒き散らす客がいたりと、なかなかでした。

到着時間は朝10時30分ごろ、おそらくチケットに書いてある時間より1時間ほど遅れるのがデフォルトなようです。

アルゼンチンのバスは、飛行機よりちょっとだけお安いです。
市街地と近いのでタクシー乗らなくていいのもポイント高いです。
私は1000円あったらホステルとメシで一日生きられると思ってるので少しでも節約したいし、そんな急ぐ旅もしてないのでバスでいいです。
ただこのクオリティやらを考えると、短期間のバックパッカーや個人旅行なら、飛行機の方をお勧めします!

ブエノスアイレスはカサ・ロサーダの目の前、こんなところに大聖堂があったなんて気がつきませんでした。
見た目がこんな感じなので、てっきり政治の施設か図書館だと思ってました。
IMG_1419

中はとても綺麗なヨーロピアンな造り。
祭壇付近は少しコロニアル建築風というか、バロック風になっています。
IMG_1418

また、ここにはホセ・デ・サンマルティンのお墓があります。
この天井はローマのパンテオンを彷彿とさせる素敵なバロック建築です。
IMG_1414

彼は南米各国、とりわけチリとペルーのスペイン独立に貢献し、シモン・ボリバルと並ぶ功労者として讃えられています。
IMG_1417

クルーズのディナーで近くの席だったマリーさんにオススメされて、やってきた教会。
マリーさんはここで結婚式をされて、この近くにお住まいだそうです。
この教会の名前はわかりませんが、レコレータ墓地の隣の教会、です。
IMG_1340

中はコロニアル様式の、デザインすっきりめの、とってもきれいな教会です。
IMG_1337

この横のところにある入り口から、教会の博物館に入ることができます。
入場料60ペソ、約110円なので払っても良いお値段。
中には教会で古くから使われてきたお祈りグッズなんかが展示されています。
IMG_1338

私が好きなのはこの絵たち。
ゆるゆるタッチで描かれた神様は親近感があってとても好きです。
IMG_1339

昨日から、地下鉄C線は丸ごと止まってるわ、行きたかったレストランは定休日だわでちょっと踏んだり蹴ったりです。
なので絶対今日開いてる、ラテンアメリカ芸術博物館に行ってきました。
入場料280ペソ、約500円で、南米アートの粋を堪能することができる素晴らしい場所でした!

入り口を飾るのは、エルネスト・ネトという人の作品。
IMG_1346

砂を重りにて作られる作品は、人間をテーマにしているそう。
人は距離感とそれがつくる空間で成り立つと思っている、みたいな紹介文がありましたが、深淵すぎてイマイチ英語ですら理解し切れているのか自信がありません。
IMG_1347

3階部分ワンフロア全部がこの人の展示になっており、触ったり入ったり出来る体験型の展示も多かったです。
IMG_1348

2階は中南米全土のアーティストの作品、主に絵画が集められています。
IMG_1362

この南米らしい赤土の色に緑の組み合わせは、南米にいる人にしか思いつけない配色だと思います。
IMG_1352

これなんかも、抽象画なのに見ただけで南米の森を思い浮かべられるような逸品。
IMG_1353

こういった、南米でないと描き出せないような絵がたくさん集められています。
IMG_1355

こちらは先日行ったモンテビデオの画家Torres Garciaの、おそらく一番有名な絵。
まさかアルゼンチンで出会えるとは思っていませんでした。
IMG_1354

こういった南米らしさから、抽象画コーナーに移ります。
文化が世界で画一的になるに従い、芸術もどことなく画一的になり、個性を出すのが難しくなってきたように感じます。
IMG_1357

南米といえば、というものもありました。
プロパガンダ系の絵ばかり飾られている部屋があるくらい、プロパガンダもいまや芸術として認められています。
IMG_1359

芸術を鑑賞するために知識を付けるなんて面倒だ、という意見も理解できます。
しかし知識をつけて見ることによってしか見えてこないものもある、とこの旅で大いに感じています。
その知識とは、ヨーロッパ諸国ではキリスト教、南米では歴史が主にそれにあたります。
こういった前提知識は、描かれた当時は知ってて当たり前のもので、その上に載せた芸術家の思いや工夫みたいなものを一度汲み取ってからでも、考察するのは遅くはないと思いました。

アルゼンチンで水の次に消費されてると言われるドリンクが、マテ茶。
しかしなぜかマテ茶はカフェとかには置いてなくて、飲めるお店がありません。
現地の人は基本お家で楽しむようで、日本における緑茶と同じ現象が起きているようです。
その割にマテ茶の淹れ方についてのアルゼンチン人各々のこだわりはものすごいものがあります。
なので、Airbnbの体験ツアーでみつけたマテ茶クラスでみっちり色々教えてもらってきました。

マテ茶の茶葉について
このマテ茶の原料となるとのはYerba、スペイン語でハーブ、と呼ばれている植物です。
お茶っ葉とは違うそうです。
この植物は世界でもイグアスの滝周辺にしか生息できず、イグアスの滝があるあたりの国で広まっているのがマテ茶という飲み物、もしくはその文化です。

この葉っぱにはカフェインは含まれず、かわりにマテインと呼ばれる成分が含まれるそうです。
このお茶を飲むと、元気になってシャキッとするけど、コーヒーのように強く作用することはないそうです。
寝る前も飲んでから1時間くらいおけば眠れるようなものだそうです。

マテ茶容器について
マテ茶の入れ物は、今でこそシリコンやら陶器やら色々ありますが、伝統的なものは瓢箪で作られます。
その周りを皮で覆ったり、銀で縁どりしたりするのが伝統的なものだそうです。
その入れ物に入れたお茶を、ボンビージャというストロー状のもので吸います。

木やひょうたんで出来た茶器を新しく買った時は、使えるようにするため丸2日を要します。
まず使用済み茶葉を入れ、24時間放置し、茶葉を捨てて水で中を洗います。
もう一度使用済み茶葉を入れて24時間放置し、洗ったら完成です。
洗う時はもちろん水洗い、この手の器に洗剤はご法度だそうです。

マテ茶のマナーなど
マテ茶は、茶道のようにかしこまったものではないですが、アルゼンチンをはじめとするラテン圏の人に根付いた文化だそうです。
何人かでおしゃべりするときに1つのマテ茶を回し飲みするそうです。
この時ストローをシェアするのはみんな抵抗がないそうですが、次の人に回す時はお茶を全部飲み切って、新しいお湯を足して回すのがルールだそうです。
また厳密に言えばカードゲームの親みたいにマテ茶奉行みたいな役割の人がおり、その人が葉っぱを入れたり、次の人に回すときにお湯を入れる役割を一挙に担います。
また、万が一そのマテ茶が美味しくない場合やお腹いっぱいの場合は、マテ茶奉行に渡すときに「ありがとう」というともう要らない、という合図になるそうです。
この調子で、家や仲間内、オフィスでももりもりマテシェアしているそうです。
特に会議中には誰かがマテ茶とお湯を持参し、みんなでお茶シェアしながら話すとか。
IMG_0724

マテ茶ができるまで
マテ茶は茶葉を収穫し、サイロに入れて乾燥させ、刻みます。
その後最大2年ほどの熟成期間や、物によっては薫製にして、出荷されます。

味の違いは以下の通り。
・熟成期間
・茎を入れるか入れないか
・薫製の有無

まずは熟成させたもの。
袋に18Meses、18カ月熟成と書かれています。
IMG_0731

茎入りかどうかは、袋にElaborada con Paloと書かれています。
IMG_0732

こちらは薫製、Metodo Barbacuaと書かれています。
IMG_0733

マテ茶の淹れ方
茶葉を入れる前に、必ずカップからストロー(ボンビージャ)を取り出します。
出さないと葉っぱが穴に詰まるらしいです。
IMG_0725

カップに葉っぱを詰めます。
カップの4分の3くらい入れます。
(講師のお姉さんが500gの茶葉を1週間で消費すると言ってた意味がよくわかる)
IMG_0726

その後、カップを傾けてトントンして、傾斜をつけます。
その傾斜の低いところにショットグラス半分くらいの水を落として湿らせます。
IMG_0727

先程湿らせたところからボンビージャを突っ込み、底から茶葉を押し上げるようにして、ボンビージャを固定します。
IMG_0729

80度くらいのお茶をこの傾斜部分に注ぎ、飲んでいきます。
この時上の茶葉は乾いたままなのがミソだそうです。
マナー的には全部飲んだらマテ茶奉行に戻し、次の人に回しましょう。
この茶葉でだいたいお湯1リットル分くらいだそうです。
なので、この国で売られている保温水筒の多くは1リットルです。
IMG_0730

こんな感じで色んな茶葉を思う存分にテイスティングさせてもらえて、お茶大好き勢にはたまらないすごく素敵な体験でした!
IMG_0734

このページのトップヘ