タグ:ピスコサワー

ピスコの歴史
ピスコは、スペイン人が南米に来てぶどうの木を植え、作ったワインを蒸留したものです。
ぶどうも、蒸留技術もスペイン植民地前の南米にはありませんでした。
ソムリエ教本を見ていると、新大陸をみつけたら、キリスト教を布教して教会つくってぶどう植えるところまでが植民地化のセットで行われています。
その証拠に新大陸発見から3,4年ではじめてのワインが作られています。
スペイン人がペルーでぶどうを植えてワインを作ってみたら、なんだかとても美味しいものができました。
しかしそのおいしさは、本国スペインのワイン産業を脅かすと考えられてしまい、しばらくワイン作りは禁止されていたようです。

ペルーではワインは作られなくてもそれを蒸留してピスコを作っていました。
つまりピスコはワインを蒸留したものであり、搾りかすを蒸留したマールやグラッパではなく、樽熟成しないブランデーです。
IMG_0080

ピスコという名前自体はケチュア語の「ピシュコ」という鳥の名前に由来する街の名前でした。
その後アメリカでゴールドラッシュが始まった頃、ピスコがサンフランシスコにやってきて、あっという間に人気ドリンクになりました。

2000年代に入ってからは本国ペルーではビールやらウイスキーが好まれるようになってしまい、ピスコの生産量と売り上げは減りました。
それに伴いぶどう畑も縮小されていき、文化的に危ういということで、ペルー政府は原産地呼称制度を制定しました。
ピスコという名称は、リマ 、イカ、アレキパ 、モケハ、タクナで生産されたぶどう由来の蒸留酒にのみ適用可能となりました。
IMG_0079

ぶどう品種
ピスコに使われるぶどうは以下の通り、その中でも香りが強めのものと弱めのものに分けられます。
香り強め
イタリア、アルビージャ、トロンテル
香り弱め
ケブランタ、ネグラクリオーリャ、モジャール、ウヴィーナ
IMG_9951

味の差別化
これらのぶどうは単一品種だったり、混ぜたりしてピスコになります。
単一品種のものはピスコピューロ、混ざったものはアチョラードといいます。
混ぜるか混ぜないかは味や香りが違ってくることも想像しやすいのですが、もう一つモストベルデと呼ばれるものがあり、これは完全に発酵しきらない果汁を糖度がまだ高めな状態で蒸留する手法です。
こうすることでフルボディめなピスコが生まれます
IMG_9975

じゃあなにが結局美味しいのか、という話ですが、ピスコらしさを考えると、アロマティックなぶどう品種で作られたものが私個人は好きです。
トロンテルやイタリアなんか素敵です。
アチョラードも混ぜる品種によって全然味が違ってくるので、一重にアチョラードだからどう、と言えるものでもありませんが、私は割と香りが良く美味しいものに当たっています。

私はわざわざイカのワイナリーまで行ってピスコを飲みましたが、基本甘いカクテルベースのようなピスコばかりで微妙でした。
説明受けて飲み比べがしたいなら、個人的にはリマのミラフローレスのピスコミュージアムというところが品揃えも説明もとても良かったです。

ピスコはペルー (もしくはチリくらいまで)を代表する蒸留酒です。
平たく言えばワインを蒸留させたもので、イタリアのグラッパと同類です。
昔々新大陸を見つけたらとりあえずぶどうを植える性癖のあるヨーロッパ人は南米でもぶどうを植えてワインを作ってみたのですが、なんなら本国よりも美味しくできてしまい、本国の経済を脅かすと考えたスペイン人はワインの生産を禁じ、全部ピスコや蒸留酒にしてしまったそうです。

そのピスコを使ったカクテルで有名なのが、ピスコサワーです。

使うピスコはこちら、ぶどう品種はケブランタと言うそうです。
わたしは初耳の品種です。
とても興味深いです。
IMG_9169

ピスコサワー
材料
卵白 1オンス
レモン果汁 1と3分の1オンス
シロップ 2オンス
ピスコ 2オンス

作り方
材料を上から氷の入ったシェイカーに入れ、フタを閉めて1分間シャカシャカする。
IMG_9170

冷たいのを我慢してシャカシャカ。
IMG_9177

できました!
グラスに注いで
IMG_9178

最後にこの苦味の素みたいなのを数滴飾るように垂らして完成です!!
IMG_9179

↑このページのトップヘ