タグ:ハーブ

ペルーの市場や、街中にもたまにあるシャーマンめいた薬局には、薬草やナチュラルな何かがたくさん売られています。
こちらはクスコの市場の薬草ショップ。
風邪や腹痛からガンに効く何かまで、盛りだくさんでした。
ちなみにアマゾンの宝とも呼ばれるコパイバオイルもこういうところで売ってます。
FullSizeRender

そこで私が買ってみたのが、お腹痛い時用のお茶。
パッケージで用途がよくわかるのがイケてます。
お店の人曰く抗炎症作用もあるみたいです。
IMG_9910

なんだか雑多な草がたくさん入っています。
お茶にした時の香りは、柔らかい感じのハーブの香りでした。
今なんでか本当にわからないけどめちゃくちゃお腹を壊してます。
それがこのお茶を飲むとピタッと治りました!
IMG_9911

私のスーツケースには旅行用の折りたたみ式ケトルとサーモスのスープジャーが入っています。
これだけ長いと色々な気候環境に触れる機会があり、暖かいものが飲めるかどうかで生活クオリティは大きく違ってきます。
食費が高いところではお湯沸かしてラーメン作ることもできるし、保温力の高いサーモスのスープジャーはいざとなれば炊飯も可能です。
なにより、お茶を作って飲めるのは思った以上の癒しになりました。

ペルーではハーブが料理のみならず薬としても多用されています。
市場なんかでは薬草ばっかり売ってる専門店があるくらいです。
そんなペルーの庶民の健康法が、このハーブウォーターのエモリエンテです。
夕方くらいになってくるとどこからともなく現れる屋台。
私はこの場で、あったかいエモリエンテを頂いてきました。
鍋の中では松の葉っぱみたいなのが煮込まれています。
そこにシロップと何か色々出してくれて、このグラス一杯で1ソルでした。
お持ち帰りだと、ビニール袋に入れてストローさしてくれる東南アジアスタイルです。
IMG_9227

ジュースみたいに甘く、嫌味のある草っぽさは全く感じられません。
飲んですぐから体がポカポカして、少し汗ばむくらいです。
クスコでは登山続きでめちゃくちゃ疲れてるので、これ毎日飲んで体を癒そうと思います。

こちらはスーパーでたまたま見つけたエモリエンテの素。
おそらくこれ全部鍋に突っ込んで煮ればできると思われます。
IMG_9228


↑このページのトップヘ