タグ:トルコ料理

私も日本人なので、特に長いこと日本を離れると、なんでもいいから無条件に米が食いたくなります。
ここ、トルコの米は日本米とかなり似ており、炒めずに炊くと、日本のご飯そのものになります。
しかし基本はピラフ、と呼ばれる調理法になります。

これはチキンピラフ。
米とひよこ豆がたっぷりのバターといい感じの塩で炊かれています。
そこにささみをのせて食べます。
IMG_4272

あんまり見かけないけど、チキンケバブ丼。
下のご飯は上記同様ひよこ豆ピラフです。
IMG_4380

そんな中みつけた変わり種がらこちら、トラブゾンのピラフ。
トラブゾンは黒海沿岸のとても綺麗な街だそうで、トルコ人みんなにオススメされます。
イスタンブールのホテルで米が食いたすぎて、Googleマップでピラフ、と検索して出てきたお店です。
ご飯は肉汁で炊かれており、なかなかオイリーです。
豆はトマトでこっくり煮てあります。
お肉はカバルマ、と言われるそうで、牛肉かと思います。
FullSizeRender

このピラフ、トラブゾン地方出身の料理人がオスマン帝国の皇帝にお仕えし、お勤めが終わった後故郷で作り始めた、といったことが説明に書かれておりました。

これ食べた後、なんだか無性に吉野家行きたくなった。

トルコワイン、白ワイン編です。
やっぱりここにいるなら希少品種とか、ヨーロッパや日本にはないやつを出来るだけ飲みたい。

2015年、ぶどうはナーリンジェ。
昨年ナーリンジェの2017年、一年くらいしか経ってないやつを飲んだところ、味も香りもほとんどないまるで水のようなワインだったので、しっかり品種の味が出てるやつがいいと思い、今回は2015年をチョイスしました。
色は確かに黄色味が増していましたが、味は特に個性がなく、むしろ水みたいなやつの方が個性が出ているのかもしれない、と思いました。
IMG_3464

生産地域はアナトリア地方、カッパドキアの方です。
アプリコットのニュアンス、と書かれており、こっちのアプリコットはかなりみずみずしいので、味がないくらいでちょうどいいのかもしれません。
IMG_3873

こちらもカッパドキア、アナトリア地方のワインです。
ぶどう品種はエミール。
昨年飲んだのはブレンドだったので、敢えて単一品種、且つ年代上めを選びました。
カッパドキアは見ての通り剥き出しの石灰土壌で、例に漏れずこのエミールもかなりミネラリー、柑橘の香りが鼻に刺さってくるような感じでした。
お味もなかなかフルーティーで飲みやすく、ムール貝のピラフ詰めが大変に捗り、40個を一人で消費してしまいました。
IMG_3869

裏にはミネラリーだとか、魚料理に合うよ、と言ったことが書かれています。
IMG_3870

私的にいつまでも飲んでいたい傑作ワインがこちら!
セミスイートというか甘くてジュースみたいな美味しいワインです。
お値段底値は40リラ!本日のレートで1000円切ってます!
品種はミスケット、生産年は2018年でしょうか。
土壌がミネラリーなのがよくわかるくらい、注いだ瞬間からぶどうの香りが漂います。
柑橘ではなくぶどうそのもの、なんかトロンテスっぽい、と言った感じで、ミスケットとはマスカット オブ アレクサンドリアのことなのかな?と思いました。
IMG_3879

生産地域はデニズリ、エーゲ海から内陸に3時間ほど行った、パムッカレなどが有名な地域です。
ミネラリーなのも納得。
IMG_3880

トルコもワインで有名で、土着のぶどうが各地に存在し、だいたいカラッとしたミネラリーな土壌でぐいぐい育った香り高いものが多く、とっても美味しいです。
以下呑んだものログ

チェリーワイン
フルーツワインで有名なシリンジェ村のチェリーワインです。
トルコ語能力がなさすぎるため、チェリーのみを発酵させたのか、チェリージュースまたはリキュールを足しているのかまでは判別できませんでした。
IMG_3881
とても甘く、チェリーの酸味や甘みも聞いており、炭酸水で割ると大変美味しく頂けます。
書いてある通り、デザートワインやカクテルベースにぴったりです。
IMG_3882

こちらはアンタルヤ地方の歴史あるワイナリーによる、希少品種Acikara100パーセントのワイン。
お値段も100リラを超えており、なかなかでした。
味としては、カベルネ・メルローに近い重め、タンニン多めの味で、ステーキなんかと食べたい感じでした。
味に個性があるかと言われれば微妙で、2016年なので、もう少し寝かせればもっと香りと酸味が立っていい感じになったのではないかなとおもいました。
IMG_3874

裏面にはワイナリーの歴史が4000年あるとかそういう感じのことが書かれています。
IMG_3875

そして最後、一番美味しかったのはこれです。
噂ではイケてるレストランなんかによく置いてあるらしい、KAYRAというアンタルヤ地方のブランドのもの。
ぶどうはボアズケレ、オキョズキョズというトルコの赤ワインの定番ブレンド、いわばカベルネメルローみたいな組み合わせです。
昨年ボアズケレとオキョズキョズの2017年というのを現地で飲んだところ、バローロ以上の渋さで飲めたものではありませんでした。
なので今回は2015年をチョイス。
これがまた大当たりで、開けた瞬間から漂う香水のようなお花の香り!
味もフルーティーでタンニンもそこまで強くなく、とっても飲みやすい逸品でした!
IMG_3871

裏にも色々書いてあるけど美味しいからなんでもいいです。
IMG_3872

トルコで色々飲んでるので、まとめます。

まずはトルコを代表するビール、エフェス。
エフェスというのはトルコ語でエフェソスのことで、地名です。
ピルスナーは軽くて臭みも少なく、ぐいぐい飲めます。
軽いとは言えイランあがりの私には立派なビールです。
最近はエフェスのモルツや、パッケージ違いなんかも出ています。
IMG_3682

エフェスから派生したブランド、ボモンティ。
こちらの方がエフェスよりさらに軽いです。
もはやソーダです。
水タバコ吸う時とか、クラっとくるときはこれを飲むのが体調的にいいなとおもいました。
IMG_3688

ツボルグ。
デンマークのブランドですが、トルコ国内流通ぶんはトルコで作っています。
工場はイズミルにあり、隣にはエフェスビールの工場がありました。
苦味や香りのバランスもなかなかよく、味的には私はこれが好きですが、雰囲気的に、せっかくトルコだしエフェス、、とかも思ったりして板挟みになっています。
IMG_3683

餃子的な料理は世界中に分布しています。
しかし中東諸国は些か異なっており、例えばイランには麺はあるけど餃子はなくて、ジョージアには餃子はあるけど麺はありません。
ところがトルコには両方あります。
そんなトルコの餃子、マントゥを紹介します。

マントゥ
材料
売ってるマントゥ(売ってるやつは安くて、誰も家で作ってない)
ペッパーソース(トマトピューレと粉唐辛子を混ぜて代用)
ヨーグルト
にんにく
バター
粉唐辛子
お好みでハーブ類

作り方
お湯を沸かし、マントゥを投入します。
その時一緒にペッパーソースを大さじ一杯くらい投入します。
マントゥが倍くらいになるまで煮てました。
IMG_3976

茹でてる間にソースを作ります。
ヨーグルトににんにくと塩を少々入れて混ぜます。
IMG_3977

もう一つのソースを作ります。
バターを溶かし、そこに粉唐辛子を投入して、ラー油みたいなのを作ります。
IMG_3979

茹で上がったマントゥに、ヨーグルトソースとラー油もどきをかけて出来上がり!
IMG_3981

お店で出てきたやつにはハーブがかかってました。
IMG_3965

このマントゥ、見ての通りほとんど具が入っていません。
ほぼ小麦粉の生地を食べてる気分です。
そして結構飽きます。
ミートソースとかかけたいです。

近所のスーパーやお惣菜やさんでは、生マントゥ、乾燥マントゥ、冷凍マントゥを売っています。
今回買ったのは乾燥マントゥ、パスタコーナーにありました。
しかもこのマントゥ、どうやったのかグルテンフリー、ベジタリアン対応とのことでした。
赤文字系の雑誌にもグルテンフリーの文字が踊っており、トルコはグルテンフリーダイエットブームになっているようでした。

↑このページのトップヘ