酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:トルコ

クロテッドクリームがとっても好きです。
トルコや中央アジア周辺では、Kaymakと呼ばれ、パンに塗ってジャムとかと食べます。
一回コストを気にせずたくさんすくって食べたい、、!とか思ってて、そうなるとやっぱり自作に走るのですが、クロテッドクリームは買った方が安いということを学びました。


クロテッドクリーム(Kaymak)
材料
牛乳(低脂肪とかではなく、品名にちゃんと牛乳、と書いてあるやつ)

作り方
フライパンなど空気に触れる面の大きい入れ物で、牛乳を火にかけます。
今回やったのは1リットルです。
このまま20分くらい煮ます。
この時、吹きこぼれないように注意しつつ、かつかき混ぜないでください。
IMG_2726

常温で8時間ほど置きます。
その後、そーっとこのまま冷蔵庫に一晩入れます。
IMG_2730

上にできた膜をすくったものが、クロテッドクリーム。
写真映えしなさすぎる。
IMG_2731

みたらわかると思うんですけど、、本当ちーんみたいな少量しかできません。
とりあえず甘味があって美味しいです。。
動画でレシピ紹介やってた人は、牛乳5リットルを煮込んで、これよりちょっと多いくらいできてました。
他のレシピでは、生クリームとかの脂肪分高めのものを数リットル使ったり、低温のオーブンで8時間加熱するとか、物理的に色々むちゃくちゃなレシピばかりで、つまりは買った方が安いです。
オーブンというか、常に暖を取るための暖炉とかがある環境で生まれた食べ物だというのがよくわかります。


トルコで食べたのが、このKaymak。
現地の友人に勧められて、ちょっとお高いけど確実に他より美味しいものを選びました。
たしかにすごく濃厚で美味しいけど、さすがの私でもちょっとカロリーが気になる感じでした。
トルコでは、キュネフェ(他の中東地域でクナーファとか呼ばれる)激甘チーズインカロリー爆弾スイーツにこのKaymakを乗せて食べるとかいう、カロリーオンカロリーなスイーツまで生まれています。
多分すごい美味しいです。
IMG_3486

きっと、どこか物価安めの海外で、容器1個丸ごと抱えて食うのが一番夢があっていいんじゃないかと思いました。

バラの花のジャムがどこ料理なのかは諸説あるかと思いますが、レシピはトルコのものを参考にしたので、トルコ料理と書きました。

私は学生時代に神戸にある老舗ロシア料理店のバラライカでアルバイトをしていました。
そこの物販コーナーにバラのジャムが置いてあり、なかなか良く売れていたのを覚えています。
また、お店でもロシアンティーとして、紅茶にバラのジャムを入れて飲むようお伝えしていたのを覚えています。
こちらのお店は何を食べても美味しいけど、ピロシキは特に絶品だった思い出です。
ロシアに実際行ってみてから、ロシア人はバラだけじゃなくてなんかいろんなジャム的なものをお茶請けに舐めながらお茶を飲むのが正式だと教わりました。
実際はジャム云々の前に紅茶に山ほど砂糖入れてました。。

先日友人に無農薬で育った食べれるバラの花を頂いたので、友人指導のもとジャムにしてみました。
今回のレシピはこちらです。

バラのジャム
材料
バラの花びら 35グラム
水 200cc
砂糖 100グラム
レモン汁 小さじ1-2

作り方
鍋にバラの花びらと水、砂糖半量を入れて煮る。
バラの花がなかなか沈まないので、火にかけたまま放置しないこと。
バラの花に火が通ったら、砂糖の残りを加えてさらに煮詰める。
IMG_2724

水に軽く色が移り、とろみがついた気がしたら、火からおろして粗熱をとる。
(とろみがついた気がする、というのがポイント。糸を引き始めたら飴になるので注意!)
まだ暖かいうちにレモン汁を加える。
レモン汁は固めて色を綺麗にする効果がある。
瓶に詰めて完成!
IMG_2725

めちゃくちゃ可愛らしくできました。
今別枠でクロテッドクリームも製造しています。
全部完成したらスコーンを焼きます!

トルコ料理でケバブ以外で好きなのが、このムール貝のドルマ。
ムール貝の中にご飯を詰めてつくります。
ドルマというのが何かにご飯を詰め込んだ料理のことで、いろんなドルマがあるけど、これが一番好きです。
次に好きなのはズッキーニのドルマ。
ズッキーニの中をくり抜いてご飯を詰め込んでトマトソースで煮たやつです。
このムール貝のやつは、ワインのつまみにも、ビールにも、はたまたシメにもなるのですが、それをパクライスで作ってみました。
パクライスのレシピは、元パクチーハウス店長の牛田うっしぃさんに伺ったものを参考に、一部ムール貝用に変えました。

ムール貝のドルマ(Midye Dolma)
材料
ムール貝 500グラム(ハナマサで398円で買える)
米 1合
パクチー 1束
にんにく 1かけ
玉ねぎ 4分の1

作り方
ムール貝をよく洗い、熱湯にしばらくつけて開かせる。
茹で汁は捨てない。
IMG_2404

ご飯は米1合、みじん切りの玉ねぎとにんにく、パクチーの根っこのみじん切りを入れて炊く(できればムール貝の出汁を使う。
炊き上がったら、葉っぱ部分を刻んで混ぜる。
葉っぱはもう少し入れてもよかった。
IMG_2403

ムール貝を開いて完全にフタを取り、身も外してご飯を置く。
その上に貝の身をもどし、フタも閉めてフライパンに並べる。
貝の出汁をお玉5杯ほど入れて、フライパンのフタをせず汁がなくなるまで煮る。
IMG_2405

冷まして皿に盛り、レモンを添えて完成!
IMG_2407

食べる時はフタを外し、それでご飯をすくって食べます。
IMG_2410

これがトルコの本場イズミルで食べたムール貝のドルマ。
ワイン入れて300円くらいで食べれます。
本場のピラフ部分はクミンライスで、かなり胡椒がきいています。
もう少しレシピを改良します。
IMG_3425

イスタンブールからアテネまでは、トルコ最大のバス会社、カミールコッチがバスを運行しています。
イスタンブール中心のバスターミナル、エセンレルから出発します。
このバスターミナル、地下鉄の駅直結なんですが、駅を囲むように200近いバス会社のプラットフォームがあります。
カミールコッチは駅の両方にプラットフォームを持っています。
これ、間違えると大変だし、バスは1時間前くらいにはもうバス停にいるから、時間に余裕を持っていきましょう。
IMG_4660

走ること4時間、国境に着きました。
まずはトルコ側です。
IMG_4667

一度バスを降りてパスポートを持って出国スタンプを押してもらいます。
IMG_4669

これでトルコの東端から入って西端から出たことになります。
IMG_4670

車でさらに15分ほど走り、川を渡ってEU側の国境に来ます。
出国から入国までの間の空白の時間って、飛行機だと普通に10時間代とかあるのに、陸路だと速攻国境ないと途端に不安になります。
出る国から次の国境見てたい。
IMG_4672

パスポートはバスを出たところで全部回収されます。
ここでトルコ人とギリシャ人以外は荷物検査があります。
荷物の底の方まで調べられます。
私の砥石もカバー外してチェックされました。
そういえばバスに荷物一部乗せてたの忘れてたけど。
ゆるい。
IMG_4674

驚きなのが、ギリシャ人がトルコに来るのに、パスポートいらないんですね。
自国のIDがあれば入出国できるみたいでした。
そして私はEU入国。
IMG_4675

ギリシャ側でトイレに行ったんですが、途端に便座のない汚いトイレに遭遇して、トルコがいかに綺麗だったか、そういえばギリシャのトイレ汚かった、とか色々思い出しました。
この後手洗い場の蛇口が蛇口ごと引っこ抜けたり、別のトイレではドアノブが取れたりと、ギリシャ人のトイレへの執着のなさを思い知りました。
トルコは物価割安でどこ行っても基本綺麗だったなあ。

イスラム教徒の多いトルコですが、いろんな人のお話を聞いていると、とりあえず生まれてから洗礼は受けるものの、大人になってから宗教についてよく考えてみた結果あまり敬虔でなくなった、カジュアルな方々によくお会いします。
またトルコにはおいしいワインや蒸留酒のラク、ビールがたくさんあり、飲み会も大変捗ります。
トルコは世界でもいち早く政教分離が進み、イランのように宗教を理由に色々禁止されていることはないです。

つまり何が言いたいかというと、みんな結構飲みます!
痩せたいからとか、お酒自体好きではないという理由で飲まない人は確かにいますが、私が会ったトルコ人はみんなお酒が好きです。

飲んだらシメを食べたくなるのは世界共通だそうで、日本人は味噌汁飲んだりラーメンやらそばやら食べたいわけですが、ここトルコではモツ料理をみんな欲しがります。

以下モツ料理の一例、イシュケンベスープ。
ほんのりクリーミーなスープに、細切れにされた多分羊もつがたっぷり煮込まれています。
IMG_4447

いいところは、ワインビネガーと追いにんにくがついてくるところ!
ガンガン飲んだ後のにんにく、げっぷやオナラまで悪影響をもたらしますがおいしいです。
感じ的に、博多風龍のとんこつラーメンを食べている気分になれます。
IMG_4448

このほかにも、モツケバブのサンドイッチ、ココレチや、羊の足や顔面モツが煮込まれたケレパチェスープなどがシメに適しているといわれます。
効能はわかりませんが、しっかり処理しているとはいえ、ほんのりモツの独特の香りを感じ、モツが嫌いな人には辛い味です。
ケレパチェは、イランのケラパチェとは違い、しっかりにんにくが効いているため、まだ食べやすいです。
イランでは朝ごはんだったこってり食が、ついにシメに回ることになり、その激しい落差に驚いています。

このページのトップヘ