酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:トランクルーム

2019年の4月から約1年にわたる旅をする際、やはり捨てられないものもたくさんあります。
そういったものはサマリーポケットというサービスを使って預けて行きました。

メジャーな荷物預かりサービスとしてはトランクルームがありますが、これは賃貸契約とおんなじような感じで、保証人つけて契約する感じになります。
お値段も関東近郊だとだいたい月3万くらいと、田舎の安い賃貸借りた方がいいくらいかかります。
保証人がいない私としてはかなり痛手、月3万はかなりでかいです。

サマリーポケットなら箱単位で荷物を預けることができます。
小さめの箱なら1箱月300円というのからあります。
私は、大きい家具家電類は全部処分し、布団も入る一番大きい箱(月500円)を4箱と、小さい箱(月300円)を1箱で預けていました。
入れたものは、衣類、布団(掛け布団)、着物のコレクション、その他アクセサリーや文具などのガラクタ類です。
布製品は預けるときに防虫剤を入れたり、対策をして預けました。

今回就職が決まり、卒業証書を取り出す必要があったため、一旦居候先に荷物を取り寄せました。

着物は、もちろんシワになった部分はあるものの、カビが生えたり虫に食われたりといったことは一切ありませんでした。
素材は正絹とポリエステル、綿の浴衣類です。

私は一番安い単に預けるだけのサービスを選びましたが、衣類パックだとクリーニングに出してもらったり、ハンガーで保管してもらったり、本を一冊一冊写真に撮って管理してくれるサービスがあったりと細かいサービスも充実しています。
大変良いサービスだったと思います!

今回の長期旅行、家も解約して、住民票も抜いていきます。
それに際した私物処分や捨てられないものの対応など書いていきます。

①大きなもの
ジモティーメルカリ、友人による引き取り、が理想です。
ジモティーは無料だというと本当すぐもらってくれます。粗大ゴミ出すのもお金かかるから、それならもらってもらった方がいくらか良い。
メルカリは結構送料かかってしまうので、新しい場合はオススメかも。友達がもらってくれたらそれが一番良いですが。

②こまごましたもの
メルカリ、ジモティー、友人による引き取りの順位かと思います。
綺麗なものは売り払いましょう。インドで施しできる資金はたまりました。

③持っていたいもの
トランクルーム?と考えましたが、何だかんだ月1万ぐらいかかるし、私は保証人用意できないしでかなり大変と判断。
そこで利用するのがサマリーポケット
これだと箱単位250円から預けられ、保証人もいらないし、モノはかなり減らす予定だし、めちゃくちゃちょうど良い。預けるのは、着物のコレクション、世界の少数言語の辞書コレクション、書類(来年確定申告する領収書など)。これなら固定費も一番安くたくさん入る箱を4箱使うとしても月2000円程度で抑えられ、トランクルームよりもかなり良いと思われます。別途出すときにお金も900円程度かかりますが、トランクルームと比較すればもはや誤差の範囲です。

④本の処分
いつも増えすぎた本はBookScanなどの自炊サービスに出してPDFにしています。1冊100円程度でPDFにしてくれます。ハードディスクは結構溜まってきたけど、これで700ページあるソムリエ教本も持ち歩けます。追加サービスプラス100円とかで、文字を検索できるようにしておけば、必要な箇所にもすぐたどり着けます。
私はBookscanを使っていますが、3か月前には予約しないといけないです。ほかのサービスなら1週間後ぐらいにやってくれるところもあるみたいです。


このページのトップヘ