酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:スイーツ

カロリーの高いものは、だいたいおいしいものです。
今日のはカロリーしかありません。
マラソンとか、運動の時の補給食とかにいいんじゃないでしょうか。

この前の旅では、ずっと行ってみたかったイギリスはスコットランドに行きました。
エディンバラの街を荷物引きずって歩いてる時に目につく、「スコットランド名物タブレット」の文字。
タブレットと言われると、フリスク的なものとか、iPadなんかを想像してしまいます。
その日は夜遅く、お店が閉まっていたので、翌朝ツアーの道すがら1つ買ってみました。
FullSizeRender

想像していたどんなタブレットとも違うやつが来ました。
味はまるでチェルシーのバタースコッチ味、食感はサクサクとして、ほろっと口の中で溶けていきます。
美味しいんだけど死ぬほど甘いです。
デブまっしぐらです。
このサイズのタブレットが1つあれば、観光しまくっても1日お腹が空くことはありませんでした。

そんなタブレットを作ってみました。
そして失敗しました。
とことん私はお菓子作りと縁が無いです。
この前からケーキを爆発させたり、石を生成したりしています。
ネットでみつけた本場レシピの半量で作りますが、軽く5人くらいいないと消費できない量ができました。
5人で1週間くらいかかりそう。
そして全てがデブになる。


スコティッシュタブレット
材料(分量は正しいです)
砂糖 452グラム
牛乳 200cc
コンデンスミルク 缶半分
バター 25グラム

作り方
まず鍋は大きめ深めのものを使いましょう。
途中砂糖が泡立って倍くらいになります。
混ぜるやつは木べらなど、柄の長いものを使いましょう。
材料はあらかじめ計っておきましょう。
途中混ぜる手を止めることはできません。

砂糖と牛乳を鍋に入れて火にかけ、溶かします。
火は弱めです。
このときくっつかないようにしっかり混ぜ続けます。
三温糖を使ったので最初から茶色いです。
IMG_2901

バターとコンデンスミルクを入れて混ぜ続けます。
IMG_2903

全てが溶けるとぶわーっと泡立ってきます。
この泡が元のかさまで戻り、とろみがついてくるまでどんどん混ぜます。
(私はここで鍋を変えました)
IMG_2905

いい感じになってきました。
IMG_2906

ここで水の中に液体を入れると固まります。
IMG_2907

指ですくうとこんな感じです。
多分これで完成です。
IMG_2908

アルミホイルを敷いたバットなどの容器に液体を流し入れ、粗熱をとったら冷蔵庫に入れて固めます。
IMG_2910

ちなみに、バットのうち1つはゲランドの塩を入れて混ぜました。
これも感じが違って美味しいです。
IMG_2909



結果、サクサクになるはずだったのに、冷蔵庫にいれても固めのキャラメルクリームみたいになって、サクサク固まりませんでした。
味は美味しいです。
アルミホイルにぬちゃーっとひっついて終わっています。
仕方がないので、別のお菓子に流用(食パンに乗せて焼くなど)しようと思います。

固まらなかった失敗の原因は、煮詰めるときの火力だそうです。
まあまあの強火でやる必要があり、焦げ付かないように混ぜ続ける必要があったそうです。

クルーズのディナー席で一緒になったアルゼンチン人ご夫妻に、アルゼンチンってご飯美味しいよねぇ、あのアルファホーレスっていう生キャラメルをサンドしたお菓子罪深いくてたまんない、っていう話をしていたら、アルファホーレスならハバナという店に行け!と言われてきました。

アルファホーレスの詳細はこちら

話を聞いていたらどうやらそのハバナカフェは高級エリアにあるカフェチェーン店のようでした。
今日はたまたま歩いていたのがシェラトンとかある高級エリアで、高架下に見つけたので入ってみました。
IMG_1329

アルファホーレス大好きなので2個頼みました。
めっちゃお腹にたまります。
そして例によってトロットロの生キャラメルが挟まっており、たしかに他の市販のものよりも美味しかったです。
しかし、私が色々食べてみた結果、おそらく個人商店のケーキ屋のアルファホーレスはどれも美味しく、いまのところそれらに勝るものはありません!
IMG_1330

チリのサンティアゴでもみかけた、アルファホーレスというスイーツ。
クッキーとクッキーで生キャラメル(煮練乳?)をサンドイッチしたものです。
チリのやつはタダのサンドイッチだったのですが、アルゼンチンではなんかチョココーティングされてたり、罪深さが増しています。
IMG_0534

ホワイトチョココーティングされたカロリーの塊を見つけたので食べてみました。
まあこれだけやったら美味しいに決まってます。
甘いものが好きなら美味しくないわけがないです。
想像つくと思いますが、腹持ちもなかなか良いです。
南米は全体的にご飯が遅めなので、お腹をもたせるのにとても役立ちます。
IMG_0533

ロシアのお菓子は甘い。
ケーキなんかはちょっと信じられないぐらい甘く、普通にスニッカーズを食べれる私でも頭痛がするレベル。
そんなロシアの比較的普通に食べれるスイーツ、カルトーシカをご紹介します。

カルトーシカとはロシア語でじゃがいもを意味します。その名の通りじゃがいもっぽく整形したお菓子のことです。
写真左下の茶色い塊がカルトーシカ。
白いポツポツは芽を再現したものと推測。
IMG_0229
このカルトーシカは、サンクトペテルブルクのケーキ屋さんСеберにていただきました。
ここはケーキも美味しい。

これの作り方をロシア人に教えてもらいました!

カルトーシカ
材料
クッキー    100グラムぐらい(マリービスケット一箱がこのぐらい)
コンデンスミルク    缶半分ぐらい
ココアパウダー    大さじ山盛り2ぐらい

作り方
①クッキーを粉々にする。フードプロセッサーをつかうか、ジップロックに入れて踏むのが良い。
②①にコンデンスミルクを混ぜる。全体的にベタベタするようよく馴染ませる。この時混ぜるのがかなり大変なぐらい硬くなるよう、練乳の量を調整する。
③混ざったらココアパウダーをふりかけ、さらに全体的に茶色くなるようよく混ぜる。
④手やスプーンでこねてじゃがいもっぽく整形し、完成!変な形になりやすいので、くれぐれもご注意を。。。。

私は抹茶パウダーでやってみました!
正直こっちのが苦味があってうまい!
IMG_0154

このページのトップヘ