酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:ジョージア


2020年も早くも終盤、12月に入りました。
去年の今頃はまだペルーに入国したばかりで、治安の悪いリマでフランシスコピサロのご遺体に対面していました。
3月の帰国がついこの間のことのように感じます。
家を手に入れて住み始めてから約半年、猫たちと暮らして5か月が経ちましたが、未だ猫たちは日々暴れていたずらしてのクソガキで全く落ち着きません。
私お仕事には慣れてきて、既に飽き始めています。

12月1日、なぜがめちゃくちゃシュクメルリ推しのファミマが、今度はシュクメルリ弁当とやらを発売しました。
日本でいち早くジョージアイベントをやった私は、今回も使命感に駆られているので早速食べてみました。
コンビニ弁当あるあるで、シュクメルリ部分とご飯部分は別々の容器に入っているこだわりぶりです。
よく見たら謎にサツマイモが入っています。FullSizeRender

実食。
クリーム部分がとても日本人好みのクリームシチューなテクスチャに作られています!
パウチのシュクメルリよりもチキンがいい感じにグリル感があって大変美味しいです!
シチュー部分がガーリック濃いめなので、サツマイモがそれを和らげるのにとてもいい仕事をしています!

FullSizeRender

【お知らせ】
このブログの電子書籍は12月18日の出版を予定しています(審査の都合で前後する可能性あり)。

各国のマイナーな観光地やら珍しいお祭りの様子をまとめた
「酔う子とピラニアのからあげ」

世界各国で掘り出してきたうまいもんとそのレシピ
「酔う子とドリアンのまるやき」

密造酒からボルドー1級まで飲んだ世界の酒蔵放浪記
「酔う子とひつじさんの酒だる」

ハードなゲテ食や政治宗教エロまで語る
「酔う子とペンギンのゆでたまご」 

ジョージア料理のイベントをやり始めたのは2018年、2年たってコンビニでジョージア料理が並ぶ日がくるとは思ってもいませんでした。
シュクメルリは元来チキンが主役で、ソース程度にクリームにんにくがかかっているシロモノです。
しかし私もわりかしこんな感じのクリームシチュー状態で提供しちゃってました。
長時間煮込むとどうしても鳥から出る水分で水っぽくなります。
あの時のイベントに来た人が、松屋だかコンビニだかの商品企画にいたのかしら。
ありがたい話です。

これが現地のシュクメルリ。
この鳥の上にかき氷のようにかかってるのは全部ニンニク、ラーメン二郎もびっくりです。
IMG_3816

まずはファミマのお母さん食堂のシュクメルリ。
いつも思うけど、ファミマのお母さんはなんでも作りすぎて才能がすごいです。
ご飯にかかるということですが、ジョージアの主食はパン、米は食べるけど主食ではありません。
IMG_3808

ご飯にかけてみたところはこんな感じ。
スモークチキンというかグリルチキンなところが現地に忠実にしようとしているような心意気を感じます。
クリーム部分もご飯にかけることを想定して味もしっかりめについています。
味をはっきりさせるためか、現地のレシピにはない唐辛子も少々入ってますが、これはこれで美味しいです!

IMG_3815

次にローソンで買えるシュクメルリスープ。
サイズも手頃で、蓋もついていて、オフィスやらで飲む想定のもののようです。
中の袋をあけて、お湯を注いで完成の、超お手軽シュクメルリ。

IMG_3809

こんな感じです。
もちろんファミマのようにがっつり肉は入っておらず、カップヌードル的な謎肉が入っています。
お味は、クリーミーでニンニクが効いていてとても美味しいです!
私はクノールのコーンスープが大好きで、いつもお湯でなく温めた牛乳で作ります。
そうするととってもクリーミーになるのですが、このスープはミルクで作らずとも大変クリーミーで味もハッキリしていて美味しかったです!
IMG_3814

セブンイレブンはどうするんでしょう、私は待ち望んでいます。

【お知らせ】
ブログの書籍化について、文章部分は完成し、現在入稿作業に入りました!
予定通り12月には出版します!
皆様の旅欲をハードに満たしていただける本になったと思います。

メインの観光やらお祭りのことを書き綴った
「酔う子とピラニアのからあげ」

レシピや食のコラム
「酔う子とドリアンのまるやき」

愛するお酒を現地で作って飲んできた渾身のレポ
「酔う子とひつじさんの酒だる」

実は一番面白いかもしれない、読む人を選ぶネタをかき集めた
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


11月28日開催の世界一周報告会イラン編はまだお席あります!
FullSizeRender

当日出す予定のメニューはこんな感じ!もちろん日本人のお口に合うように作ってます。
お魚のタマリンドソース
イラン風枝豆ご飯
ゾロアスター風お豆のスープ
ナスのふわふわなめろう

松屋のメニューになって何かと話題のジョージア料理シュクメルリ。
生クリームとかチーズとか使わなくても、わりと家にある材料で簡単に現地っぽい味を再現することができます。

シュクメルリ
材料(一人分くらい)
鶏モモ 150から200グラム
牛乳 150ccくらい(クリームがあればバターは減らすこと)
バター 20グラムくらい
チューブのにんにく 2センチくらい
塩胡椒

作り方
鶏肉に塩胡椒して、オーブンでグリル、もしくはフライパンで表面をカリッと焼く(後からチンするので、ここで重要なのは表面を焼くこと。中はどうでも良い。)
耐熱皿に牛乳とバター、にんにく1センチくらいを入れ、20秒ほどチンし、バターを溶かす。
お好みでパルメザンチーズを入れても良い。
バターはカロリーを気にせず、結構多いかなと思うくらい入れること。
チンした牛乳を混ぜて、バターやにんにくを溶かす。
味見して必要に応じて少し塩を足す。
上記で焼いた鶏肉を投入し、にんにくの1センチ分くらいをかけて、ふんわりラップし、3分ほどチンしたら完成!

これが現地で食べたシュクメルリのお手本です。
上からみぞれのようにかかってるのは全部にんにくです。
実際は別々にグリルするのではなく、クリームかサワークリームなどと一緒に、オーブンに入れて焼く簡単料理です。
オーブンだと時間がかかってしまうので、忙しい日本人は松屋で食べるか、私のように時短レシピにするのがオススメです。
IMG_0600

ジョージア料理の前菜やサラダは、旧ソ連系なのにマヨネーズがそんなに使われていないのが素敵です。
前菜の野菜系メニューがちゃんとヘルシー。

今日の内容は、ジョージア料理の前菜:プハリの記事の続きです。
元記事はこちら
ジョージア料理の定番スパイス・くるみ、コリアンダー(シードのパウダー)、にんにく、ワインビネガー、サフラン、唐辛子(パウダー)をふんだんに使っていきます。

ビーツのプハリ(ფხალი, Pkhali)
材料
ビーツ缶    1個
パクチー    1束
クルミ     10~15粒(おつまみナッツでよい。ほかのナッツ類で代用可)
ニンニク    1かけ
たまねぎ     6分の1ぐらい
ワインビネガー 小さじ1(赤でも白でもいいです。レモン汁で代用も可)
唐辛子パウダー 小さじ2分の1(一味唐辛子の場合は少し多めでもいいかもしれません)
塩       小さじ1から始めて足していくこと

オプションで…(日本人はなくてもあんまりわからないスパイス)
コリアンダーパウダー 小さじ1.5
サフラン       小さじ1

ビーツは生のビーツであれば、ゆでて皮をむいておきましょう。
生ビーツは高いので、缶詰も推奨。


作り方
①ビーツは汁気を切って、フードプロセッサーに入る大きさに切る。
②パクチー以外の材料をフードプロセッサーに入れて粉砕する。汁気が多い場合は、クルミを足す。フードプロセッサーがない場合は、すり鉢を使ったり、包丁で刻む。
③刻んだパクチーを混ぜ、味を見ながら塩を足して完成!
玉ねぎはフードプロセッサーを使わずにみじん切りにして混ぜると、シャリシャリ食感がプラスされてこれまたおいしいです!
43078590_568774523556351_8598807672310988800_n


次は金時豆を使ったプハリです。
ジョージアで「ロビオ」というと金時豆のシチューを指しますが、ググるとこの豆プハリも出てきます。

冷製ロビオ
(ლობიო, Lobio)
材料
乾燥金時豆   1カップ(缶詰も可)
パクチー    1束
クルミ     10~15粒(おつまみナッツでよい。ほかのナッツ類で代用可)
ニンニク    1かけ
たまねぎ     6分の1ぐらい
ワインビネガー 小さじ1(赤でも白でもいいです。レモン汁で代用も可)
唐辛子パウダー 小さじ2分の1(一味唐辛子の場合は少し多めでもいいかもしれません)
塩       小さじ1から始めて足していくこと

オプションで…(日本人はなくてもあんまりわからないスパイス)

コリアンダーパウダー 小さじ1.5
サフラン       小さじ1

作り方
①金時豆は2カップの水に一晩(最低3時間)ひたしておく。柔らかくなったら、水ごと鍋に移し、30分煮込む。煮込んだ後は煮汁を捨て、豆を水にさらす。缶詰の場合は水を捨てる。
②ニンニクと玉ねぎはみじん切りにする。ニンニクはチューブ1.5センチ程度でも良い。パクチーは刻む。
③全て混ぜあわせ、30分ほど冷蔵庫で寝かせたら完成!

2回目のジョージア料理会で提供したものです。
左が冷製ロビオ、右がビーツのプハリです。
41347766_224346988432312_690339065672761344_n



ジョージア北部、高くそびえるコーカサス山脈に囲まれた、スワネティ、という地域があります。
この地域で作られる、肉にも魚にもぴったりくる伝統の激ウマミックススパイス、その名も「スワネティソルト」を手作りする教室を開催します!
IMG_0073
開催日:4月7日 日曜日
時間:第1部11時〜13時、第2部14時〜16時
場所:Cafe des Soleils
           世田谷区大原1-9-13

お申し込みはこちらまで!

材料はすべてこちらで用意いたします。にんにくを刻み、ジョージアから直輸入したスパイスをふんだんにつかって作ります。ニンニクを刻むための包丁とまな板のみご持参ください。
原料はコリアンダー、クミン、フェヌグリークの新芽、乾燥マリーゴールドなど様々です。
コリアンダー、クミン、フェヌグリークは、ジョージアから直輸入しました。通常スーパーや新大久保で売っているものは西〜東南アジアが原産のものが多く、高温多湿なジャングル気候だったり暑すぎたりする気温のため、香りがこもりがちです。しかしコーカサスの乾燥したミネラル豊富な土壌で育つと、香りが全く別物に感じられます!

その後は作りたてのスパイスを使って作ったお料理を数品お召し上がりいただきます。スパイスのレシピはもちろんのこと、この料理のレシピももちろんお渡しします!作ったスパイスをご自宅に持ち帰ってお楽しみください!

★使用する主要なスパイスについて
・コリアンダー
 原産は地中海東部からコーカサスにかけて、まさにジョージア周辺で生まれたハーブです。今回使用するのはこの種をすりつぶしたスパイスです。ジョージア料理ではコリアンダーの種から葉っぱに至るまですべてを料理に使用します。日本では癖が強くて好き嫌いが分かれる野菜と認知されがちですが、ジョージアで使用するコリアンダーはほかのスパイスや野菜、クルミなどと合わせることで、独特の香りを嫌味なく緩和し、また旨味を最大限引き出すことができます。

・クミン
  地中海東部を原産とし、もっとも古くから栽培されているといわれるスパイスです。紀元前16世紀にはすでに古代エジプトのパピルスにその記録が見られます。ジョージアではზირა(ジラ)と呼ばれ、世界各国にもその名前で伝わり、北インドではjeera、中国では孜然(zīrán)と呼ばれています。インドや中央アジアで使用されるクミンとは全く違い、ジョージアのクミンはその乾燥した土地で育つせいか、ミントのような軽い清涼感すら感じる香りが特徴的です。

・フェヌグリーク
 地中海周辺が原産といわれるこのフェヌグリーク、インドではカスリメティ、メティと呼ばれ、代表的なところでは北インドのバターチキンカレーやほうれんそうのカレーの仕上げとして多用されます。ジョージアではウツホスネリ(უცხო სუნელი)と呼ばれ、スープからお肉料理まで、さまざまなものに利用されます。「ウツホ」とは異邦人を意味するようで、なぜこう呼ばれているかはジョージア人に聞いてもわかりませんでした。
ジョージアではこのフェヌグリークの新芽のみを摘み取り、乾燥させて使用します。お肉を調理するときには臭み消しに、野菜を調理するときにはその味を引き立てる、一家に1つは必ずある万能調味料年て使用されています。

作ったスパイスで作る料理は以下を考えています。
ジョージア伝統のじゃがいも料理:オジャクリ
スワネティソルトのみをまぶして作るジョージア風ジャーマンポテトです。ビールが進みます。
1DC5172D-1933-4C7A-946D-6E08ED26969D

創作:スワネティソルトのミートソースパスタ
トマトの酸味が丸くなり、ハーブが絶妙に香る絶品パスタができました!正直一番おすすめかも。
IMG_0074

創作:スワネティソルトの麻婆豆腐
上記パスタに使用したミートソースで麻婆豆腐を作りました。花椒の効いた通常の麻婆豆腐とは違いますが、スワネティソルトでおいしく薫り高い逸品に仕上がりました。
IMG_0068

ジョージア伝統料理:サーモンのスワネティソルトカルパッチョ
生魚にニンニク?!と思うかもしれませんが、フェヌグリークとディルの働きで臭みが消え、今までにないカルパッチョになっています。
IMG_0066

創作:白身魚のスワネティソルト蒸し
こちらもスワネティソルトが臭みを消すのに一役買っています。しかもお魚がふわっふわ!
IMG_0078

日本では購入できないスパイスを、現地直輸入の材料を使って作れる貴重なチャンスです!
私はこの料理教室のあと、次の確定申告まで一年近く旅に出ます!なのでしばらくイベントや料理教室での調理はいたしません。
奮ってご参加下さい!

このページのトップヘ