酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:ジュース


イランに行くにあたり、経験者から是非飲むよう言われたのが彼女曰く「きゅうりのジュース」というものでした。
半信半疑で行ってみたら本当にありました。
きゅうりはイランではフルーツの扱いです。
イランは果実のジュースというよりもシロップを水でとかしてチアシードやらなんやら入れたドリンクが人気なのですが、中でも夏に国民が手放せないのが、セキャンジャビンと言われるさわやかドリンクです。
セキャンジャビンというシロップを水で溶いてきゅうりを飾ったものだそうです。
IMG_2266

セキャンジャビン
材料
白砂糖 2カップ
水  2カップ
ワインビネガー 半カップ
ミント ハッカ油を1プッシュ

作り方
砂糖と水を火にかけ、砂糖が完全に溶けたらワインビネガーを入れて水が3分の2くらいになるまで30分ほど煮詰めます。
IMG_3862

本来はまだ熱いうちにミントの葉っぱを一束漬けて粗熱が取れたら引き上げますが、そんなに贅沢にミント使えない小市民なので、ハッカ油を1プッシュしてシロップは完成です。


飲む時はコップ1杯に対して大きいスプーンで3杯くらいのシロップを入れます。
ウオッカなどでカクテルを作っても美味しいです。

IMG_3881

このシロップ、飲む以外にもレタスにつけて食べたりもする、とレシピサイトに書いてありました。
古代ペルシャから存在するらしい歴史的な甘味、是非お試しを!

【お知らせ】
ブログの書籍化について、文章部分は完成し、現在入稿作業に入りました!
予定通り12月には出版します!
皆様の旅欲をハードに満たしていただける本になったと思います。

メインの観光やらお祭りのことを書き綴った
「酔う子とピラニアのからあげ」

レシピや食のコラム
「酔う子とドリアンのまるやき」

愛するお酒を現地で作って飲んできた渾身のレポ
「酔う子とひつじさんの酒だる」

実は一番面白いかもしれない、読む人を選ぶネタをかき集めた
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

路上のジュース売り場からカフェまで至るところで見かけるチチャモラーダという紫トウモロコシの飲料。
まさか家庭で作るとは思ってなかったです。

チチャモラーダ
2リットルぶんくらい
材料
紫トウモロコシ(これはチチャモラーダ専用で、食用にはならない。どれだけ茹でても硬い。)
パイナップルの皮 パイナップル半分分くらい
レモン汁 レモン2、3個分くらい
シナモン 1本
クローブ 4個くらい
砂糖

作り方
鍋に水を入れ、紫トウモロコシとスパイス類を入れます。
IMG_0041

パイナップルはざくざく輪切りにし、厚めに皮を剥きます。
IMG_0042

剥いた皮も鍋に入れ、1時間くらい煮詰めます。
IMG_0043

1時間煮たら汁が赤黒くワインくらいになります。
鍋を火から下ろし、しばらく冷まします。
容器に移せるようになったら汁だけを移し替え、レモン汁と砂糖で味を調整します。
IMG_0047

完成したのがこちら!
すごく爽やかな、サングリアのようなチチャモラーダになりました。
トウモロコシやスパイス類は、2回くらい出せるようですので、もう一度煮詰めてみても良いと思います。
IMG_0060

ここではパイナップルを使いましたが、家庭によってはリンゴを入れたりと、所々レシピがちがうようです。
まさに南米のサングリア、色々なフルーツで試すのも面白いと思います!

このページのトップヘ