タグ:カタール航空

カタール航空にてインド・コーチン空港よりカタールのドーハを経由してイランに向かいます。
カタール航空がハブ空港としているドーハ国際空港では、トランジットの時間が長い人もいるので、その待ち時間で行けるように市内や砂漠地帯を回れるツアーが組まれています。
市内ツアーは約3時間のを1日数回、砂漠ツアーは4時間コースを1日2回運営されています。
私は運良く14時発の砂漠ツアーに間に合いました。
料金はカタールリヤルの金額は忘れましたが、米ドルで98、だいたい一万円ぐらいで参加できました。

参加者はソマリア在住ミャンマー人、フランス在住ベトナム人、住所不定わたし。
この車で砂漠へ出かけます
IMG_2107

まずはラクダに乗る体験ができるところ。
5ドルぐらいで5分ぐらい乗れます。
IMG_2093

車は砂漠地帯を走ります。
時折海の水が砂漠の砂から湧き出して、うっすら湖を作っています。
そしてつくづくランドクルーザーという車は、砂の急斜面を斜めになって走ったりと、すごいなと思います。
IMG_2101

最後はサウジアラビアとの国境地帯まできました。
この海の向こうにうっすら見える陸地はもうサウジアラビア、現在は国交を断絶しており、越境できないそうです。
IMG_2105

カタールとは、以下私の聞き取りが正しければ、数百万いる住人のうち、国民は約20パーセント、残りは全部海外からのエキスパートなどだそうです。
そのせいか、ツアーガイドもエチオピアの方だったり、コンビニには東洋系の顔立ちの人がいたり、バラエティ豊かで英語も通じる感じでした。
物価は、コンビニのケバブロールが300円ぐらいと、日本とほぼ変わらないぐらいかと思います。
税金はなく、アルコールの購入は免許制で、その人の年収に応じて月々に購入できる量が決まっているそうです。

次回は市内ツアーに参加したい!

私はワンワールドの上級会員をもっているのですが、そのおかげなのか、テヘラン行きの便はビジネスクラスにアップグレードされました!
これは深夜便だったから機内食そっちのけで寝ようと思ってたら途端にフードファイトになってしまった。
IMG_2122

ワインリストからは、ペサックレオニャンの赤ワインをチョイス。
IMG_2126

前菜は、フムス、タッブーレ、ババガヌシュ。
FullSizeRender

メインはベジタリアンのラビオリ!
FullSizeRender

イラン入国についてですが、インド出国時にイランを出国するエアチケットを予約させられました。
ビザ要件にはないのですが、ビザ要件と入国要件は違うようなので確認不足でした。
しかしイラン入国はあっけないほどあっさりで、あらかじめ取得したビザを見せれば、すぐ入れてくれました。
噂では宿泊先のホテルに電話される、と言うのも聞いていましたが、そう言うこともなく、通常の入国のようでした。
アライバルビザだと話がまた違うと思われます。

↑このページのトップヘ