酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:オーストラリア

オーストラリア
気候と土壌
温暖から高温(灌漑必須、山火事あり)だが海洋や川(マレー川)によって和らげられる。 
タスマニアやメルボルン周辺はは冷涼でブルゴーニュ品種やスパークリングも生産される。

品種
シラー(バロッサなど。瓶熟成するが、より控えめなワインを作る傾向にある。ジーロングでは胡椒風味でシャープ。カベルネソービニヨンとブレンドされ、メルロー的な役割をはたす)
ピノ・ノワール(ヤラバレー、タスマニア)
リースリング
セミヨン(ハンターバレー)  

スーパーゾーン
安価なワイン・ブレンド用ワインの産地→マレー川沿いのリバーランド、マレーダーリング、リヴェリナ 、灌漑された肥沃な栽培地。

バロッサ
温暖から高温で雨が少なく日照量が多い(葉っぱで実を日光から保護)→樹齢の高いブッシュヴァイン。

イーデンヴァレー、クレアヴァレー
リースリング。
イーデン(丘陵、冷涼から温和、ライムやグレープフルーツの香りと鋼鉄のような風味。長期熟成可能)
クレア(温暖な気候が午後の微風で和らげられ、夜は冷える。標高高め。辛口、柑橘とライムの香りと酸味。瓶熟成可能)

アデレイドヒルズ
温和、標高高め、生育期には雨が少なく灌漑必須。
ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ(高い酸味と柑橘と桃の香り)

マクラーレンヴェール
シラーズやグルナッシュの古木

クーナワラ
テラロッサ土壌、温和な海洋性気候。
カベルネソービニヨン(カシスとユーカリやメントールの風味、骨格あり)

ヤラヴァレー
冷涼から温和な海洋性気候。
ピノノワール(いちご、プラム、ダークチェリー、オークあり)、スパークリング。

モーニングトンペニンシュラ
冷涼から温和な海洋性気候、開花期と収穫期に雨がちの強い風。
ピノ、シャルドネ(MLFによって和らげられる強い酸味)

ジーロング
シャルドネとピノでスパークリングも作る。

ヒースコート、ゴールバーンバレー
どちらも温和な気候、ヒースコートは標高が冷涼さをもたらす。
シラーズが多く栽培される。

NSW
ハンターバレー
高温な場所だが海風のおかげで冷涼になる。海に近いので腐敗病が蔓延しやすく、キャノピーマネジメントが必須。
セミヨンはライトボディ、アルコールは弱く酸が高い。瓶熟成可能。

西オーストラリア
マーガレットリヴァー
温暖な海洋性気候、ボルドースタイル。

タスマニア
冷涼な海洋性気候、南極海から吹く卓越風。
ブルゴーニュ品種や泡。


ニュージーランド
気候と土壌
南島は冷涼、北島は少し暖かい海洋性。
日照時間が長い、海風で夜間の気温が下がる、ぶどうの成熟期間が長いので、糖度と風味の完成度が高いまま酸味を保持できる。
南島の真ん中には南アルプスが走り、北東から吹き付ける冷風から葡萄畑を守る。
水はけが良い土壌だが平地は肥沃になりすぎるため、新梢と葉の過剰成長を管理する(増えすぎた葉が日光を遮ったり、風通しが悪くなりすぎないようにする)必要がある。
 
品種
ピノ・ノワール(果実み、上品なタンニン、アルコールが高い)
メルローカベルネソービニヨン(北島)
シラー(温暖な畑、ローヌに近いエレガントなもの)
ソーヴィニヨンブラン(マールボロ、トロピカルフルーツと高い酸味) 
シャルドネ
アルザス品種

北島
オークランド
温暖、もっとも雨が多い。
高品質なシラーメルロー

ギズボーン
河口、温暖で雨が多い。
シャルドネ、トロピカルフルーツの風味。

ホークスベイ
河口、もっとも温暖で日照時間も最長。
谷床の砂礫層ではボルドースタイルのワインが作られる。

ワイララパ
マーティンボロは日較差が大きく、ピノノワールの生産に適している。
ミディアムからフルボディ、熟した果実風味、わずかにダークプラムと香辛料の香り。

南島
マールボロ
ワイラウヴァレーとアワテレヴァレーの2つの渓谷がある。
ワイラウヴァレーの気候はマーティンボドに似ているが、多岐にわたる。
アワテレヴァレーは乾燥して冷涼で風が強いため、より酸味が高く草の特徴のあるソーヴィニヨンブランが作られる。
ロワールよりも強い日射が長時間続くためフルーティーさが多くある。
ピノノワールは洗練されたタンニン、チェリー、クランベリー。

ネルソン
マールボロよりも冷涼で雨が多い。
ソーヴィニヨンブラン、ピノノワール、ピノグリ。

カンタベリー
平野部は太平洋による冷涼化と北西の風によるわずかな温暖化、丘陵地帯(特にワイパラバレー)はこの風がさらに影響する。
ソーヴィニヨンブラン、ピノノワール、ワイパラのリースリング。

セントラルオタゴ
大陸性、霜害、日較差が大きい。
ピノノワール(赤系果実、ジューシーで力強いフルボディ)
 

オーストラリアに行ったのは、22歳の大学卒業直前でした。
ゴールドコーストの友人宅に泊まり、エアーズロックとか見て、ケアンズに飛んで帰国するプランでした。
割と王道な観光地らしい観光地を巡る、まだ若かった私のとっても可愛らしい旅でした。
スカイダイビングとか実弾射撃をやってしまうあたり、少し今の片鱗がみえます。

その旅の途中、エアーズロックツアーに参加すべく最寄りのアリススプリングスという街に泊まりました。
ここのドミトリーで出会った日本人バックパッカーの女性は、オーストラリア縦断鉄道のThe Ghanで旅をしているとのことでした。

シベリア鉄道もやってしまった今となっては、3日くらいの鉄道の旅がちょうどいいと思います。
ちょうど2泊3日で行けるのがこのThe Ghanです。
オーストラリア北のダーウィンを出発し、南のアデレードがゴールです。
IMG_2953
アデレードのあたりには美味しいワインがあります。
美味しいワイン。
アデレード以外のところは雄大な自然が広がっているようなので、途中下車できるならして、トレッキングとかしたい気持ちです。

日本からダーウィンの直行便はないため、乗り継ぎでだいたい20時間くらいかかります。
電車に乗って途中下車もすると考えると、だいたい6日くらいでアデレードに着くと思われます。
アデレードではワイナリーに絶対行きたいので2日くらいステイすると考えると、約10日ほどの旅路となると思います。

このページのトップヘ