タグ:エンパナーダ

南米全土くらいの勢いで広がる南米ピロシキ、エンパナーダ。
今日はアルゼンチンのエンパナーダについて書きます。

チリで食べたエンパナーダは、1個でめっちゃお腹にたまるサイズの揚げパンでした。
そんなエンパナーダがアルゼンチンのレストランでは前菜の枠でメニューに載ってました。
そんなの前菜で食べたら絶対メイン入らんやろ、、と思ってましたが。

大きさの比較対象はビール。
アルゼンチンのエンパナーダはとても小さいです。
そして揚げではなく焼きです。
IMG_0604

チリで売ったてやつは具を色々選べましたが、アルゼンチンのやつは前菜枠だからか、特に選択肢もなく、問答無用で肉入りがきました。
そしてさすがステーキ大国、ペルーよりもチリよりも、遥かにお肉が美味しいです!
IMG_0605

サンティアゴに来ています。
一泊やすいホステルに泊まって、これからアルゼンチンに向かいます。
とりあえず南米全土に広がるエンパナーダのチリ版を食べてきました。
オーブン焼きだったペルーのエンパナーダとは違い、揚げてあります。

なんと1500ペソ、お値段はイースター島の3分の1です!
FullSizeRender

お腹ペコペコだし、今日のフライトはLCCで機内食もないので、2個買って食いだめします。

まずはナポリタン。
トマトソースではなく、たっぷりのハムとオリーブに、角切りトマトが入ってます。
IMG_0438

次はPinoというやつ。
豚ミンチと卵、オリーブになんかとろみのついた汁が入っててすごく美味しいです。
IMG_0439

イースター島のエンパナーダは写真撮ってませんが、マグロのエンパナーダでした。
ツナ缶を使えば再現できそうです。
ペルーのエンパナーダの具は、基本肉かじゃがいもで、トウガラシの旨味たっぷりソースが美味しく絡まっており、しかも安くて、総合するとペルーのエンパナーダのが好きです。

↑このページのトップヘ