酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:アンデス

プーノからバスで6時間半、アレキパに来ました。
アレキパは街全体が白いことで有名で、伝統的(といってもスペイン風だったりする)な建物は白い火山岩でできています。
それに合わせて、他の建物もだいたい白い壁で統一されています。
街が白いことと関係するかはわからないけど、プーノより遥かに、もしかするとクスコよりも栄えていて、治安が良く、すごく居心地がいいです。
断水してたりお湯が出なかったりするけど、なぜかこの街がすごく好きです。

こちらは街の中心アルマス広場の教会。
白いのは建物だけじゃなく、人種もなんか白い人が多いです。
IMG_9665

アレキパは5000メートル、6000メートル級の山に囲まれており、ここからも見ることができます。
IMG_9666

こちらはチャチャ二山。
IMG_9674

こちらは休火山のミスティ山。
IMG_9677

アルマス広場周辺は既にクリスマスモード。
IMG_9660

みんなに挨拶で、良いクリスマスを、と言われるようになりました。
IMG_9657

プーノの街中は、とてもローカルな感じで、クスコやリマのようにここが観光地!みたいな場所はほとんど見当たりません。
どうやらペルー はどの街も中心部には「アルマス広場」という名前の広場があるのですが、プーノに至っては工事中で中には入れませんでした。

これが中心部に通じる道路。
この一方通行みたいな田舎情緒あふれるのが中心部ってくらいのどかです。
しかし夜はわりかし賑やかです。
IMG_9562

桟橋に向かって歩きます。
湖に近づくにつれ、朝市がずらっと開催されていました。
これはこの通りだけでなく湖の近くは全部この調子でした。
IMG_9563

滞在日数が少なく、あまり歩いてないのもありますが、プーノは本当に観光スレしていないホッとする町です。
治安も悪い感じはせず、ヤバそうな通りは今のところ見かけていません。
タクシーもだいたい10ソル以内でどこでも行ってくれるし、ご飯屋さんも定食5ソル前後のローカル飯屋がたくさんあります。

しかしこの街はさすが標高4000メートル近いだけあり、めちゃくちゃ寒いです!
昼間は半袖でいけるのに、朝晩はウルトラライトダウンの上からレインジャケット着てます!

明日にはプーノを離れ、アレキパに向かいます。

ウロスから約2時間半、チチカカ湖で3番目に大きい島タキーレ島に来ました。
ここは浮島ではなくちゃんとした島です。
ここでは約2000人の島民が農業を営んでおり、毎週日曜にはファーマーズマーケットで島外からもたくさんの人が訪れ、大いに賑わうそうです。

今回チチカカ湖の島巡りだからトレッキングはないとタカをくくっていましたが、アンデスはそんなに甘くないです。
島の低い部分へ約200段ほど登ります。
ワイナピチュ登山に比べたら全然楽です。
IMG_9627

登ったところにはインカの遺跡があります。
そこから島の高い部分まで平坦な道を歩き、お昼ご飯を食べます。
IMG_9628

お昼ご飯はチチカカ湖で取れたサーモンでした。
こちらはムニャ茶(Mate de Muña)が有名だそうです。
とりあえず全部普通だったので割愛します。

ここからはまた船着場まで下山します。
チチカカ湖を臨むこのアーチがフォトスポットだそうです。
IMG_9639

船着場の水は大変澄んでおり、沿岸部と大違いなほど綺麗です。
IMG_9644

さて、ここからまた2時間半船でプーノに戻ります。
雨季なので途中雨が降ることまでは予想していましたが、まさかこれほどチチカカ湖が荒れに荒れるとは思いませんでした。
基本的に酔ったりはしない私ですが、1時間半も大荒れの湖で揺れまくる小舟に乗ると、げろげろしないまでも生まれて初めて船酔いを経験しました。

プーノからはチチカカ湖に綺麗な虹がかかって見えました。
IMG_9649

チチカカ湖沿岸の町、プーノに来ています。
チチカカ湖はペルーとボリビアが半々くらい所有しています。
完全に神話枠ですが、太陽神インティが自身の息子(諸説あり)であるインカ帝国初代皇帝マンコ・カパック(Manqu Qhapaq、素晴らしき礎の意)をこの地に遣わせた、という話があります。

また、チチカカ湖は浮島ウロスでも有名です。
プーノの桟橋からウロスまでだと10ソルで行けるようですが、今回私はウロスとタキーレ島の2島めぐりで昼飯ホテル送迎付き50ソルで予約しました。

ウロスまでは岸から30分ほどで行けます。
ウロスに近づくと水草トトラが生え始めます。
岸の方はまだ水が汚いです。
IMG_9591

ウロスに来ました。
ウロスとは100近い数の浮島の総称です。
1つの浮島に5家族ほどが住んでいて、幼稚園や小学校の浮島もあるそうです。
浮島はトトラを生やした地面の上にさらにトトラを積み上げて作ります。
これが20年ほど持つそうで、20年経ったら新しく浮島を作るそうです。

ここが私的ハイライト。
このトトラ、根元の白い部分はなんと食べれます。
水草独特の、四国にいた時に刺身のツマとして出てきていたミズイモという野菜に似た味と食感でした。
IMG_9598

ここに暮らす人々は、主に観光と漁業で生計を立てているそうです。
だいたい1つの島に週1で観光客が来るようです。
人々は織物やトトラ細工でお土産物を作っています。
IMG_9609

あとはトトラ製の観光船を運行させています。
この観光船、一人たったの10ソルで乗れます。
私何も買わなかったからむしろ20ソルくらい徴収してほしい気持ちです。
IMG_9611

マチュピチュで仲良くなったアメリカ人のおっさんが教えてくれた、異世界への扉Aramu Maruに行ってきました。

おっさん曰く、
我々の世界と並行して存在する異世界がある。
その文明はアガルタと呼ばれており、そこには我々より高度な知能を持った人々が住んでいる。
基本的にアガルタの住人は我々の世界の人間と交わることはしたがらないが、この世界から選ばれしものだけが選ばれし場所からアガルタに行くことができる。
行ったら二度と帰ってこれない。
その選ばれし入り口の1つがこのチチカカ湖沿岸にあり、Aramu Maruである。
というムーに載ってそうなトキメキストーリーを語ってくれました。

クスコから夜行バスで7時間、チチカカ湖沿岸の町プーノに到着しました。
プーノのバスターミナルから南に5ブロックほど歩くと、長距離コレクティーボ乗り場があります。
IMG_9568

ここからフリ(Juli)という町に行くコレクティーボに乗り、運転手に途中のAramu Maruで降ろしてもらうよう頼みます。
コレクティーボは5ソル(160円)です。
IMG_9569

プーノから約1時間、Aramu Maruの近くに着きました。
マジで人もいなければ畑しかありません。
隣では羊が草食ってます。
とりあえず運転手さんが指差した方向に歩きます。
IMG_9570

この場所には複数名前があるようで、Willca Utaというのもその1つだそうです。
この辺りでウロウロしてる人に入場料5ソルを払います。
IMG_9571

そこからすぐのところにありました!
でも扉と言っても溝があるだけでちゃんと岩を置いてるわけじゃないんですね。
IMG_9574

ここの溝が意味深でそそります。
真ん中の穴みたいなのもなかなか好きです。
マチュピチュで会ったおっさん曰く、これが鍵穴らしいです。
IMG_9577

ここからは路上でコレクティーボに手を上げて、止まってもらって乗せてもらいます。
これがまたなかなか来なくてめちゃくちゃ不安になりました。

後からおっさんに聞いたところ、この扉の裏に色々壁画があったり洞窟があったりしたそうです。
そこの洞窟が別世界に通じてたとかいないとか。
私はどうやらアガルタの皆様には認めていただけなかったようで、アガルタには行けず、宿に帰ってきてこのブログを書いています。

このページのトップヘ