リマの中心、アルマス広場に来ました。
この辺りはヨーロッパ風の建築物が多くありますが、空港からホテルまで走ってるあいだは、落書きだらけのゴミゴミした感じの街並みでした。

アルマス広場は、スペインによる南米征服の象徴になっているようです。
まずこちらは大統領府。
街はすでにクリスマスモードになりつつあります。
かつてはフランシスコピサロの屋敷があったそうです。
私はインカの皇帝アタワルパが大好きなので、彼を殺したフランシスコピサロがわりと嫌いです。
IMG_9009

大統領府の近くには、リマ大聖堂と、宗教画がたくさん飾られたリマ大司教宮殿があります。
リマ大聖堂は南米最古の教会。
作ったのはもちろんフランシスコピサロです。
IMG_9008

大聖堂の中はヨーロッパと同様とても綺麗。
IMG_9019

そして入ってすぐに目につくのは、私の嫌いなフランシスコピサロの棺!!!
嫌いとはいえアタワルパと言葉を交わした人物。
ピサロがいたから彼は死に、ピサロがいたから彼のことが記録に残っていると思うととても複雑な気持ちです。
IMG_9011















【ドクロ画像あり閲覧注意】





















こちらの教会にはピサロ以外にも沢山の人物が埋葬されています。
地下墓地にはむき出しのガイコツも。
IMG_9020

大聖堂のとなりの宮殿は、宗教画が好きでなければ面白くないかもしれません。
しかし室内のつくりや、天井のイエズス会のロゴ入りステンドグラスなんかは大変美しかったです!
IMG_9022