酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:じゃがいも

インドの道端でじゃがいもの何かを売ってる人がいました。
このいもお焼きみたいなのを皿にとり、
IMG_1791

グチャグチャと潰してソースやらヨーグルトやら野菜をかけて出てくるのが、
IMG_1792

これ。
Aloo Tikkiといいます。
アルーはヒンディー語(多分)でじゃがいもの意味です。
お店によってかかってるものは違いますが、野菜と甘めのタマリンドソースとその他マサラがかかってるのが鉄板だそうです。
というわけで再現してみました。
FullSizeRender

アルーティッキ
材料
じゃがいももちの材料
 じゃがいも 2個で10個分くらい
 片栗粉 じゃがいもと同量
ソースの材料
 チキンスープの素 1個の半分
 カレー粉 小さじ1.5-2くらい
その他トッピング
 玉ねぎ 8分の1くらい
 トマト ミニトマト3つくらい
 パクチー 適量
 ヨーグルト 適量
 ガラムマサラ 適量

作り方
じゃがいもを皮を剥き、さいの目に切る。
じゃがいもより少し多めくらいの水を入れ、ゆでる。
IMG_2558

茹ってきたらお玉の底で潰す。
泡立て器で混ぜるのも早い。
(冷めたら固まるので、お手軽マッシュポテトやポテサラとして応用可能)
IMG_2560

じゃがいもと同量の片栗粉を入れ、よく混ぜる。
IMG_2561

整形する。
食べない分は冷凍しておいても良い。
IMG_2564

油多めのフライパンで揚げ焼きにする。
両目が狐色になったらOK。
冷凍しておいたいももちの場合は、一度チンして中まで解凍してか、焼くこと。
IMG_2664

野菜をみじん切りにしておく。
IMG_2659

パクチーは全く売ってないため、こちらを使用
IMG_2661

カレースープをつくる。
水1カップくらいを沸騰させ、チキンブイヨンを1個の半分くらい溶かし、カレー粉を同じだけ混ぜる。
IMG_2660

焼き上がったいももちにカレースープ、ヨーグルト、野菜をかけて完成。
やはり片栗粉が多いともちもちになり、インドの露店みたいにサクサク切れないため、片栗粉は控えめでも良い。
IMG_2666

今回はタマリンドシロップの代わりにカレースープにしました。
じゃがいもに甘いものをかけるのがどうしてもなんか好きになれず、カレースープを作りました。


いももちはチーズを入れたり載せたりしても美味しいです。
砂糖醤油で海苔巻いて食べるのもとても秀逸でローコストなおつまみになります。
IMG_2667



ブラジルのコロッケ的なもの、コッシーニャ。
駅やら道端やらの売店でたくさん売られている円錐形の揚げ物がそれです。
じゃがいもベースのもっちもち生地の中に、鶏肉と場合によってはクリームチーズ(catupiri)が入っています。
あのもっちもちの罪深い揚げ物がまた食べたい。。
IMG_1955

今知人宅にいることもあり、そのレシピの再現を試みました。

コッシーニャ(Coxinha) 4-5個ぶんくらい
材料
じゃがいも 大2個(マッシュポテトの粉を代用可)
小麦粉(片栗粉か、本場はタピオカ粉)   じゃがいも1個分かちょい少なめ(片栗粉の場合はじゃがいもと1:1でも良い)
鳥ミンチ(本来はささみ) 100グラムくらい
トマト(ピューレやソース、ケチャップ可)
玉ねぎ 4分の1個
クリームチーズ お好みで
パン粉(セモリナ粉)、卵、小麦粉と揚げ油

作り方
☆生地
じゃがいもを茹でて皮をむいてマッシュする。
そこに小麦粉を入れてよく混ぜる。
まとまらない場合はお湯を少し足して混ぜ合わせる。
塩を少し入れて薄く味をつける。
★具材
じゃがいもを茹でている間に、玉ねぎをみじん切りにして炒め、そこに鳥ミンチとトマトを入れてよく炒める。
塩こしょうで味付けする。

生地に具材を入れて丸める。
お好みでクリームチーズも一緒に突っ込む。
できるなら円錐形にする。
小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけて揚げれば完成!
IMG_2057

生地のもちもち具合は小麦粉のこの分量でいい感じに再現されました!
生地がベチャベチャになったら卵とかつけずにパン粉直接つけちゃって大丈夫です。
具の部分は、現地のはパッサパサの鳥ササミが多かったです。
しかしあの口にブッ刺さりそうなパサパサ具合がなんとも許せなかったため、玉ねぎを入れたりトマトのソースを使って汁っぽくつくりました。

ペルー を代表する(と料理教室の人が言ってた)前菜、カウザを作りました。
カウザは冷菜として振舞われます。
第二次世界大戦のとき、冷えたままでも美味しく、ある程度日持ちする料理として考案されたそうです。

カウザ
材料
じゃがいも 2-3個
マヨネーズ
黄色いチリソース(日本では黄色いパプリカを直火で焼き、皮を剥いたものに少量酢と水を入れ、フードプロセッサーで回せば代用できるか) 大さじ1くらい
ほぐしたささみ、もしくはツナ缶など ツナ缶1個分くらい
玉ねぎみじん切り 大さじ1
パクチーみじん切り 大さじ1
アボカド 4分の1
IMG_9168

作り方
じゃがいもはあらかじめ塩茹でして皮をむき、マッシュして冷ましておく。
粉っぽい場合は、少量ミルクを入れて混ぜておくこと。

アボカドはよく熟れたものを選ぶこと
スライスしておく。

チキンの和え物を作る。
鳥ささみ(もしくは油を切ったツナ缶)、みじん切りの玉ねぎ、パクチーを入れ、マヨネーズ大さじ半分から1杯程度と塩コショウして混ぜる。

じゃがいもを作る。
前述のマッシュポテトに黄色いチリソースを入れ、混ぜ合わせる。
IMG_9181

盛り付けプロセスでは、それぞれの材料をレイヤー状にする。

1段目
カップにラップもしくはビニールを敷く。
そこにじゃがいもを詰め込み、よく押さえる。
FullSizeRender

2段目
チキンの和え物を敷き詰める。

3段目
じゃがいもを乗せる。

4段目
アボカドを乗せ、スプーンで潰す。

5段目
じゃがいも。

最後にお皿の上にひっくり返し、ビニールを外す。
IMG_9200

オリーブと卵、マヨネーズ(オレガノとニンニク入り)を盛り付け、完成です!
IMG_9203

このページのトップヘ