酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

タグ:お茶

アルゼンチンで水の次に消費されてると言われるドリンクが、マテ茶。
しかしなぜかマテ茶はカフェとかには置いてなくて、飲めるお店がありません。
現地の人は基本お家で楽しむようで、日本における緑茶と同じ現象が起きているようです。
その割にマテ茶の淹れ方についてのアルゼンチン人各々のこだわりはものすごいものがあります。
なので、Airbnbの体験ツアーでみつけたマテ茶クラスでみっちり色々教えてもらってきました。

マテ茶の茶葉について
このマテ茶の原料となるとのはYerba、スペイン語でハーブ、と呼ばれている植物です。
お茶っ葉とは違うそうです。
この植物は世界でもイグアスの滝周辺にしか生息できず、イグアスの滝があるあたりの国で広まっているのがマテ茶という飲み物、もしくはその文化です。

この葉っぱにはカフェインは含まれず、かわりにマテインと呼ばれる成分が含まれるそうです。
このお茶を飲むと、元気になってシャキッとするけど、コーヒーのように強く作用することはないそうです。
寝る前も飲んでから1時間くらいおけば眠れるようなものだそうです。

マテ茶容器について
マテ茶の入れ物は、今でこそシリコンやら陶器やら色々ありますが、伝統的なものは瓢箪で作られます。
その周りを皮で覆ったり、銀で縁どりしたりするのが伝統的なものだそうです。
その入れ物に入れたお茶を、ボンビージャというストロー状のもので吸います。

木やひょうたんで出来た茶器を新しく買った時は、使えるようにするため丸2日を要します。
まず使用済み茶葉を入れ、24時間放置し、茶葉を捨てて水で中を洗います。
もう一度使用済み茶葉を入れて24時間放置し、洗ったら完成です。
洗う時はもちろん水洗い、この手の器に洗剤はご法度だそうです。

マテ茶のマナーなど
マテ茶は、茶道のようにかしこまったものではないですが、アルゼンチンをはじめとするラテン圏の人に根付いた文化だそうです。
何人かでおしゃべりするときに1つのマテ茶を回し飲みするそうです。
この時ストローをシェアするのはみんな抵抗がないそうですが、次の人に回す時はお茶を全部飲み切って、新しいお湯を足して回すのがルールだそうです。
また厳密に言えばカードゲームの親みたいにマテ茶奉行みたいな役割の人がおり、その人が葉っぱを入れたり、次の人に回すときにお湯を入れる役割を一挙に担います。
また、万が一そのマテ茶が美味しくない場合やお腹いっぱいの場合は、マテ茶奉行に渡すときに「ありがとう」というともう要らない、という合図になるそうです。
この調子で、家や仲間内、オフィスでももりもりマテシェアしているそうです。
特に会議中には誰かがマテ茶とお湯を持参し、みんなでお茶シェアしながら話すとか。
IMG_0724

マテ茶ができるまで
マテ茶は茶葉を収穫し、サイロに入れて乾燥させ、刻みます。
その後最大2年ほどの熟成期間や、物によっては薫製にして、出荷されます。

味の違いは以下の通り。
・熟成期間
・茎を入れるか入れないか
・薫製の有無

まずは熟成させたもの。
袋に18Meses、18カ月熟成と書かれています。
IMG_0731

茎入りかどうかは、袋にElaborada con Paloと書かれています。
IMG_0732

こちらは薫製、Metodo Barbacuaと書かれています。
IMG_0733

マテ茶の淹れ方
茶葉を入れる前に、必ずカップからストロー(ボンビージャ)を取り出します。
出さないと葉っぱが穴に詰まるらしいです。
IMG_0725

カップに葉っぱを詰めます。
カップの4分の3くらい入れます。
(講師のお姉さんが500gの茶葉を1週間で消費すると言ってた意味がよくわかる)
IMG_0726

その後、カップを傾けてトントンして、傾斜をつけます。
その傾斜の低いところにショットグラス半分くらいの水を落として湿らせます。
IMG_0727

先程湿らせたところからボンビージャを突っ込み、底から茶葉を押し上げるようにして、ボンビージャを固定します。
IMG_0729

80度くらいのお茶をこの傾斜部分に注ぎ、飲んでいきます。
この時上の茶葉は乾いたままなのがミソだそうです。
マナー的には全部飲んだらマテ茶奉行に戻し、次の人に回しましょう。
この茶葉でだいたいお湯1リットル分くらいだそうです。
なので、この国で売られている保温水筒の多くは1リットルです。
IMG_0730

こんな感じで色んな茶葉を思う存分にテイスティングさせてもらえて、お茶大好き勢にはたまらないすごく素敵な体験でした!
IMG_0734

今朝ホステルの朝ごはんのとき、お茶コーナーで見つけたマテ茶のティーバッグ。
そういえばアルゼンチンはマテ茶の国だった!と思って街を歩いていて見つけた、マテ茶キット!!
安いやつは100円くらいからあります。
IMG_0460

しかし放浪の民わたしは、シリコン製のかわいいフニフニマテ茶カップ約900円を購入しました。
昔々好きだった俳優のViggo Mortensenという人がアルゼンチンとの混血で、インタビューの時とかずっとこれでお茶すすってたのを見て、いつかアルゼンチン行ったらこれ買うんだ!と思ってました。
そのいつかまで、思ってから15年かかりました。
IMG_0461

お茶を、この専用ストローですすって飲みます。
たしかボンビージャという名前のはずです。
IMG_0462

マテ茶の葉っぱは細かいから、一緒に飲まないように、このフィルターつきストローを使うそうです。
IMG_0465

葉っぱはティースプーン3杯半入れました。
IMG_0464

お湯は葉っぱの倍くらいの高さまで入れ、ちょっと水混ぜて冷まします。
あまり混ぜないようにと言われました。
濃くて苦味の感じられる、日本人好みのお茶が完成します!
IMG_0466

この葉っぱを吸い込まない優れものストローとカップ、ペルーで買った肝臓強化対策ハーブをすするときにも役に立つ気がしてきました!

ペルーの市場や、街中にもたまにあるシャーマンめいた薬局には、薬草やナチュラルな何かがたくさん売られています。
こちらはクスコの市場の薬草ショップ。
風邪や腹痛からガンに効く何かまで、盛りだくさんでした。
ちなみにアマゾンの宝とも呼ばれるコパイバオイルもこういうところで売ってます。
FullSizeRender

そこで私が買ってみたのが、お腹痛い時用のお茶。
パッケージで用途がよくわかるのがイケてます。
お店の人曰く抗炎症作用もあるみたいです。
IMG_9910

なんだか雑多な草がたくさん入っています。
お茶にした時の香りは、柔らかい感じのハーブの香りでした。
今なんでか本当にわからないけどめちゃくちゃお腹を壊してます。
それがこのお茶を飲むとピタッと治りました!
IMG_9911

私のスーツケースには旅行用の折りたたみ式ケトルとサーモスのスープジャーが入っています。
これだけ長いと色々な気候環境に触れる機会があり、暖かいものが飲めるかどうかで生活クオリティは大きく違ってきます。
食費が高いところではお湯沸かしてラーメン作ることもできるし、保温力の高いサーモスのスープジャーはいざとなれば炊飯も可能です。
なにより、お茶を作って飲めるのは思った以上の癒しになりました。

ペルーではハーブが料理のみならず薬としても多用されています。
市場なんかでは薬草ばっかり売ってる専門店があるくらいです。
そんなペルーの庶民の健康法が、このハーブウォーターのエモリエンテです。
夕方くらいになってくるとどこからともなく現れる屋台。
私はこの場で、あったかいエモリエンテを頂いてきました。
鍋の中では松の葉っぱみたいなのが煮込まれています。
そこにシロップと何か色々出してくれて、このグラス一杯で1ソルでした。
お持ち帰りだと、ビニール袋に入れてストローさしてくれる東南アジアスタイルです。
IMG_9227

ジュースみたいに甘く、嫌味のある草っぽさは全く感じられません。
飲んですぐから体がポカポカして、少し汗ばむくらいです。
クスコでは登山続きでめちゃくちゃ疲れてるので、これ毎日飲んで体を癒そうと思います。

こちらはスーパーでたまたま見つけたエモリエンテの素。
おそらくこれ全部鍋に突っ込んで煮ればできると思われます。
IMG_9228


このページのトップヘ