酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: 和食と酒の肴

2018年7月、友人の結婚式で沖縄に行った時に、公設市場で見つけた乾燥(薫製?)イラブー(ウミヘビ)。
沖縄ではかつて位の高い人しか食べられなかったらしいイラブー料理、提供している名店が週3日くらいしか営業しておらず、この時2泊くらいで行く時間がなくて行けなかったのが残念。
イラブーを燻したりするのだけで1週間くらいかかるとかで、後継者問題もあるとかないとか。
お肌がプルプルになるとか、パワーがみなぎるとか、なんか漢方的な効果があるらしいです。
確か5000円くらいだったかしら、ウミヘビを食べられるだけでなく自分で調理までできるっていうんだから、楽しさの詰まり方がすごいと思って、公設市場でぶら下がっているのを見つけた時に迷わず購入しました。
image

まず説明書にある通り、亀の子たわしでイラブーさんをガシガシと擦りました。
するとしばらくしたらうーっすらしま模様が出てきます。
30分くらい擦ってもそこから変わらないので、もうぶつ切りにします。
包丁ですごい頑張ったら切れましたが、鉈とかマイナスドライバーと金槌とか使ってもいいかもしれません。

その後煮込み6〜8時間、そんなラーメン屋みたいなことできないので、圧力鍋で2時間ほど加熱したのがこちら。
濃いカツオだしの香りがします。
つけ麺のスープみたいになっていて、超濃厚です。
本当はここで布で濾し取るのですが、めんどくさいからやりません。
塩を入れて調味し、いざ実食!
image

とってもおいしいカツオだしの味がします!
イラブー本体は食べる感じではありませんが、まるでつけ麺の汁です。
ラーメンをブチ込みたい味がします!
お肌とかどうでもいいし、基本的に元気だから漢方的効果は全然わからないけど、とにかくおいしいです。
image

私は友達多い方だと思うんですが、まだコロナになった人は周りに一人もいません。
しかしイギリス在住の友人は、お隣さんがコロナにかかった、と言っていました。
イギリスでは症状が出たらコールセンター?みたいなところに電話するそうです。
症状が酷ければ入院だそうですが、そうでは無い場合は検査もされないまま家で待機だそうです。
なので、めちゃくちゃ増えてるイギリスの患者数は、あくまで入院になった人の数であり、それ以外にも気合で寝て治したカウントされないひとたちが多数いるようです。
どの国もそうですが、表示される数より凄そうです。
イギリスのみならず世界各国に住む友人たちの無事を祈ります。

今日もニート私はおうちで過ごします。
いつものようにおつまみ作りに励み、朝から同居させてもらっている友人と一杯やっていました。
これは友人から教えてもらった一品。
関西で生まれ育った私は、ちくわぶというものは東京に来てから知りました。
おでんに入れるらしいと言われてやってみたけど、そこまでうまいもんじゃ無いなあと思っていました。
これを食べるまでは。
やっと、ちくわぶのための最良の料理法をみつけてあげられたな、という気分になりました。



ちくわぶの炒め揚げ
材料
ちくわぶ 1本
ごま油 大さじ2-3くらい
醤油 適量
かつおぶし 小袋の半分くらい

作り方
ちくわぶは薄切りにする。
フライパンにごま油を多めに敷き、フライパンが暖まったらちくわぶを入れる。
手早く混ぜ、ちくわぶ全体にごま油を行き渡らせ、フライパンに広げてじっくり焼く。
オススメはカリカリになる程度。
IMG_2550

カリカリに焼けたら醤油を垂らし、かつおぶしをかけたら完成!
IMG_2551

シンプルですが、大変美味です。
ビールでも日本酒でも無限に飲みたくなってしまいます。

あー早くアル中ニート生活やめて働きたいなあ。

ある日ダチョウの卵を食べた話をします。
友人宅でダチョウの卵を調理するというので行ってきました。
どこのご家庭にもあるダチョウの卵が、なんか3個も。
重量は1キロ超えです。
IMG_2623

金槌とかペンチを使ってちょっとずつ割ります。
割れて出てきた中身は、1個あたりボウルに一杯。
IMG_2624

まずは目玉焼きにします。
IMG_2626


できました。
比較は普通の卵です。
IMG_2629

分厚い。。
これで8分の1サイズです。
でかい。
私は生まれて初めて目玉焼き食ってて飽きたと思いました。
味変アイテム必須だった。
IMG_2633

プリンも作りました。
これは1個を半分にした卵液で作りました。
普通に卵の香りがとても良くて美味しかったです!
全部食うのが何より大変でした。
IMG_2637


最近毎日飲んでます。
同居している友人と顔を合わせるのが主に朝なので、二人で朝から晩酌しまくってました。
そして私はえらいから、今日は流石に休肝日にしようかな、と思いました。




ふと冷蔵庫にこれがあるのを思い出しました。
HARIBOグミの蒸留酒漬けです。
IMG_2526
HARIBOの蒸留酒漬け
材料
HARIBO  好きなだけ
蒸留酒 グミひたひたかちょっと多め

作り方
HARIBOを密閉容器に入れ、HARIBOが隠れるくらいお酒を注ぎ入れる。
1時間くらい漬けたら既にめちゃくちゃイケてるし、1日2日経てば周りの蒸留酒が飲み頃になる。
5日ほど経てばグミが酒を吸いきって、周りが柔らかくちょうどいい感じになる。

写真は5日ほど経ったものです。
使ったお酒は、ブラジルのカシャッサです。
これはもしかして黒糖焼酎でも美味しくなるかもしれません。
グミが酒を吸うので、固めに作られたHARIBOが最適です。
あのHARIBOの中では唯一食えないリコリスの黒いタイヤももしかしたらこうやれば食えるようになるんでしょうか。
休肝日のおやつに最適な逸品だと思います!!!


にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ