酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: 日本

蒼源の餃子は来らっせでも食べたのですが、来らっせにはなかった味噌だれ餃子が気になって、宇都宮駅直結のモールの中のお店に来ました。

宇都宮のクラフトゆずサワーがあったのでまずはこれを。
柚子の香りが濃くてとてもいいです。
IMG_6345

味噌だれの餃子はネギで埋まってていい感じです。
胃もたれ種族の私には大変嬉しいところです。
しかし思ったほど味噌味噌しておらず、柚子果汁と混ざっていい感じです。
コクが欲しい人には物足りないかもしれません。
IMG_6348

こちらは柚子餃子、皮にも柚子が練り込まれているようで黄色い皮です。
さわやかな香りが大変いい感じです!

FullSizeRender


売店にはオリジナルの味噌餃子だれや味噌本体、甘酒などなどオリジナルの商品も充実してました!
書い忘れたのが大変無念です!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book




宇都宮に来てしまったので、油はつらいけど餃子を食べない選択肢はありません。
色々調べてみた結果食べたい店が多すぎて、それらが全部集まってる「来らっせ」というお店に行くことにしました。
宇都宮駅から徒歩15分ほどのところの、ドンキホーテの地下にあります。


駅から来らっせに向かう途中の金券ショップにはこんなのもありました。
IMG_6344

来らっせ本店は常設店舗と日替わり店舗の2店舗に分かれています。
日替わり店舗にはいろんなお店の盛り合わせ餃子があり、常設店舗の方には盛り合わせはないけど、みんみんとか人気のお店が入っているようです。
食べ比べセットが食べたくて、日替わり店舗の方に入ってみました。
IMG_6342

ビールはもちろん地ビール、深いコクがありつつも飲みやすいお味でした。
IMG_6337

メニューや入ってる店舗は曜日がわりです。
月曜日のメニューはこんなかんじでした。
いろんなお店の盛り合わせのA盛り、B盛り、プラスで彩花と悟空の大きめ餃子を頼みました。

IMG_6339

A盛りとB盛りは、それぞれのお店の餃子が2個ずつ盛ってあるので、シェアにも最適です。
IMG_6346

これは1.5倍サイズの悟空
IMG_6340

2-3倍サイズの彩花にはシナモンや八角などのスパイスが効いていて、なんだか中華というよりも中央アジアみのある味がしました。
日本人にもこの味がウケるんだとちょっと意外でした。
IMG_6341


色々比べた結果、ジューシーな餃子がおいしいと気付きました。
個人的には餃子会館のものが大変美味しく感じました!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book




宇都宮駅からバスで15分、さらに徒歩約15分ほどのところにある百穴古墳に行ってきました。
道路沿いにある百穴古墳は、歩いてたら突然現れます。
IMG_6328

古墳だと言われていますが、見つかった時にはすでに人骨やら副葬品はなく、穴ぼこの奥に仏様が彫られた状態で見つかったそうです。

IMG_6332

古墳と名がついてはいるものの、本当にお墓かどうかは定かではない感じの書き方でした。
IMG_6330

百穴という名前ではありますが、穴の数は52個だそうです。

IMG_6329

公民館の隣にあって、駐車場もトイレも完備でした。
この穴ぼこのみならず、奥にも人工的に加工したような岩が散見され、大変好奇心を掻き立てられる場所でした。
どうやら百目鬼(どうめき)という伝説も残っていて、なんだか手塚治虫のどろろを彷彿とさせるお話です。




この歌は日光の日本画家、小杉放庵の歌だそうです。
IMG_6331


調べたら、ほかにも埼玉なんかに百穴的なものがあるようです。

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book




元々60キロないくらいの体重だった私ですが、ソムリエ試験のために盛大に飲み食いし、旅に出たらありとあらゆる飯を食い、帰国したらステイホーム全盛ということで10キロ以上太っていました。
2021年7月ごろからなんだか胃腸の調子が悪くなり、油ものを全く受け付けなくなって、食べる量を減らすなどしていたら13キロ痩せました。
ビフォーアフターはこちら。
IMG_6219

今ソムリエ試験前の体重まで戻りました。
記念に友人の写真家、立花奈央子さんに写真をとっていただきました。


3年前にメキシコで撮ってもらった時の記事はこちら



今回は酒瓶たちと共に撮っていただきました。
ヘアメイクもプロにお願いしました。
IMG_6223
IMG_6268

あとワイン関係者がよくやってるグラス傾けるやつ。
IMG_6270

めちゃくちゃ綺麗に撮ってもらえるし、自己肯定感は上がるし、なんなら自分の似合うってものを超客観的に見た上で一番良く見えるようにプロデュースしてもらえるので、大変おすすめです!
気になる人はこちら


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book




山梨に来たらほうとうをたべないといけないと思います。
油も入ってないし、麺は消化にいいし、お野菜たっぷりでわたしも食べられる大変おいしいごはんです。

1軒目は河口湖駅前のほうとう不動。


なめこが入ってるのがポイント高いです。
IMG_6174

こちらは勝沼ぶどう郷駅前の銀月。
具沢山なのは一人暮らしにはうれしいところです。
IMG_6196

味噌汁だけでもあったまるのに、ほうとうは反則級にポカポカになります。
近々作ってみようと思いました!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book




このページのトップヘ