カテゴリ: 南極・Antarctica

ご飯メニューが前と同じのが出始め、書きにくくなってきました。
なので工夫が面白かったものとか、特に美味しかったものを載せていきます。

こちらは前菜で出てきたセビーチェ。
ペルーで食べた、私がセビーチェだとイメージしてたものとは全く違うけど、ポップコーンを使ったりミカンを使う工夫はとても面白かったです。
世界中のグルメな人が乗ってくるクルーズ船で、そんな人たちの舌を満足させようとすると、通常一辺倒では面白くないもんだなと思いました。
IMG_1196

ペルーのセビーチェ記事はこちら参照


これはフレンチオニオンスープ。
チーズを上に乗せて焼き上げてあります。
中はこっくりと煮込まれたオニオンスープとしみっしみのパンが入っています。
これはいつでも頼める日替わりじゃないメニューなのですが、旨すぎてリピートしました。
IMG_1251

こちらはロブスターのエスカルゴ。
ロブスターもエビのぶつ切りがそのまま入っているのではなく、フワッフワのつみれみたいなのが入ってました。
バターも香り高くてすごく美味しかったです。
IMG_1250

こちらはタラのフィレ。
上にかかってるのがハーブのサクサクしたパン粉みたいなやつでした。
バジルとオリーブオイルでローストしているようです。
見た目にも綺麗だし、食感も面白いし、素晴らしい工夫だと思いました。
IMG_1240


豪華客船はドレーク海峡の荒波をゆるゆると超えてフォークランド諸島までやってきました。
しかし、強風と荒波のため、スタンレーへの上陸が中止になってしまったので、行きたかったところの未練がましい紹介を書いていきます。
客船を沖に停泊させ、こういう救命ボートを使って着岸させる予定でした。
私が乗るはずだった救命ボートが荒波にもまれて窓が割れた時は、これホンマに命救えんの?と大変不安になりました。
安全第一だと思います。
IMG_1187
フォークランド諸島は、西欧から南米のいろんな国が領有権を求めてここ200年ほど争っているエリアです。
色々あって、今はイギリスが実効支配しており、通貨はイギリスポンドやらフォークランドポンドだそうです。
しかしイギリスとアルゼンチンは長年領有を巡って争い、いろんな条約やら両国間での政治的なお話やらはありつつも、未だにアルゼンチンがいつ攻め入るかわからなかった頃の名残りで、島の一部には地雷が埋まっているらしいとききます。
フォークランド紛争というやつです。
年齢的にも全く知らなかったので、今回新たにググりました。
ディナーで同じテーブルに座っているアルゼンチンのご夫婦から聞いた話では、アルゼンチン国旗がついたTシャツとか、アルゼンチンのサッカーチームのロゴ入りのTシャツは、ここではタブーらしいということです。
領有問題があるので、記事のカテゴリは南極に入れました。

まず私の大いなる未練の大半を占めるのがこちら。
ペンギンの卵を食えるらしいです。
日本語で検索したときは2012年の誰かの噂レベルのブログ記事しか出てこなかったんですが、英語で検索したところ2018年のYouTubeがヒットしました。
しかしスタンレーのペンギンエッグを食える店を検索しても出てこないため、私は朝イチのボートで上陸して、島民に聞いて回る気持ちでした。
IMG_1177
また、フォークランド諸島はウシュアイアよりもペンギンやら野生動物に近づきやすいところだそうです。
ペンギンに囲まれて怖かったとか、めちゃくちゃ大きい女王ペンギンに出会ったとか、割とエクストリームなペンギンエピソードをいろんな人から聞きました。
なのでわざわざペンギンに間近で会えるツアーも予約してました。(200ドル2時間)
船のツアーデスクで予約してたから返金されるみたいでよかったです。

他の見どころはこちら。
IMG_1176

未練たっぷりの私は早速フォークランド諸島へのフライトを検索しました。
直行便が出ているのは、ブラジルのサンパウロ、アルゼンチンのコルドバとリオガジェーゴス、チリのプンタアレーナス(南極大陸直行便もある) のみです。
しかも往復便の一番安いやつで1000ドル近いお値段を叩き出しているため、ちょっと行けるお値段じゃないです。
また、3月のサンパウロ発の便が5本ぐらいしかなかったりと、そもそも行くのがめちゃくちゃ難しそうです。
むしろクルーズで込み込み旅行した方が割安だと思います。
スタンレーの港を目の前にこんなこと検索するなんて悲しい。。 

1月23日にウシュアイアを出て以降、まだ一度も寄港していません。
今日もエレファントアイランドが見えただけで、陸だー!と歓声が上がるくらいみんな陸ロスです。
IMG_1162

今日の前菜は、マグロのポキ!
おそらくハワイ料理だと思われますが、私は白飯と魚が食べられるだけで嬉しくて仕方ありません。
スナップえんどうがとてもいい仕事をしていました。
IMG_1163

そしてダブルコンソメもいただきます。しっかり出汁が出たスープに、具材の野菜は出汁を取ったものとは別に調理したもののようでした。
IMG_1164

メインはモロッコ風ラムケバブ、何故かライタ添え!
中もいい感じのミディアムな焼き加減。
クミンなんかのスパイスは、追いスパイスできるように横に添えられています。
お肉の下のブルグルも、お野菜やスパイスが効いていて、とても美味しかったです。
IMG_1165

デザートは、何かわからない料理を見つけたら頼んでみる性格なので、カフェポットなんちゃらを頼んでみました。
IMG_1168

これがまたおそらく今までのデザートで最高に美味しいかもしれない傑作でした。
とろけるコーヒークリームのブリュレっぽい何か、とろける具合が尋常じゃなく美味しかったです!
IMG_1169

南極と一言に言っても、南極大陸から伸びた南極半島もあれば、そのほかいくつもの島があります。
この日行ったのはその島のうちの一つ、エレファントアイランドです。
色々南極旅行を調べたけど、大陸本体に上陸するのってかなり難しいようでした。
だいたいのツアー会社が島か、南極半島くらいへの上陸にしていました。
本土に上陸したい場合は、プンタアレーナスから飛ぶか、しらせの隊員になるかしかないようでした。

船で、右手に島が見えます、というアナウンスで慌てて服を着込んでバルコニーに出ました。
最初は霧が立ち込めており何も見えませんでしたが、徐々に現れる島、、
IMG_1130

山頂部が見え、、
FullSizeRender

島全体が見えました。
正面に見える巨大な氷河は圧巻です。
IMG_1139

氷の大地が次の山をつなぎます。
IMG_1143

この日は沢山ペンギンがいました。
島が見える前から、船の周りをたくさんのペンギンが泳いでいました。
写真はこんな残念なのしかないけど、動画は綺麗なので、船を降りていいwifiを見つけたらアップロードします!
IMG_1149

Jan 25th 2020, The ship was supposed to be in Paradise Bay in the morning, delayed til 3 in the afternoon due to the weather condition.

Before arriving to the bay, Antarctic view kept on appearing to me.
Around 10 o'clock in the morning, the captain gave the announcement saying 'a huge iceberg is coming in 30 min', and this is it!
My first iceberg!!
IMG_1032

I get out to the deck, and found this foggy thing in far distance.
But it was a land, the Antarctica!
FullSizeRender

The icy land is getting bigger, appearing both sides of the ship.
IMG_1051

And the land is becoming like a mountain.
I coudn see so many penguins and whales in the sea.
IMG_1086

Finally, this is the Paradise bay, it was named because it is very beautiful as a paradise.
This ship tried to come into the bay 2 times so far, but it is the first time to reach inside the bay.
And this ship became the biggest ship in the history to get into this bay!
IMG_1098

When I was in Chamony, France, to help the trail running race held in Mont Blanc, I met a runner who have been to Antarctica for racing.
Trail running ultra race seems like very extreme, they run in Sahara desert for a week, they run in so many extreme places in the world several days, running more than 100km.
And one of those crazy race is held in Antarctica.
It sounds more like surviving. 
IMG_1097 

It made me interested, and I am finally here.
Antarctica is extreme nature with no excuse.
If it's in another continent, it will be easier to call a rescue airplane and stuff, easier to find a shops and restaurant...
But it is Antarctica, no shops, totally nothing, even nothing to avoid the wind.
It is such a crazy idea to run in such a extreme environment... but I like the idea.
IMG_1107

The sad fact I know yesterday is, I am not going to land onto Antarctica!
I have googled again, and the tour with landing says 'Land Tour' on the title of the tour.
More than that, it costs at least 5 times more than this cruise.
IMG_1111

I used this website to look for cruises, and this seems to be the cheapest cruise with landing.
This price is for one person, that means 2 person in the room, so It will cost at least 25000USD.
FullSizeRender

I don't think I will be satisfied just to land onto the continent.
I want something more, like running a half marathon, or I want to work as a stuff in such competition!


↑このページのトップヘ