カテゴリ: メキシコ

ツアーの一環でトゥーレの街に来ました。
ここにはすごく大きな木があって、というかむしろそれしかないです。
なので見学時間も30分ほどでした。
IMG_8949

こちらがその木。
樹齢は3500年ほどだそうで、写真だとうまく伝わらないんですが、なかなか見ごたえがあります。
IMG_8946

次はツアーのお約束、お土産買わせる系のところ。
しかし伝統的な織物についてたくさん説明頂き、大変興味深かったです。
まずは染料。
だいたい植物性のものを使います。
サボテンの乾燥させたやつ、藍、マリーゴールドなどなど。
一部レモン汁を混ぜたり塩を混ぜたりすることで化学反応を起こし、色を変えます。
IMG_8954

こちらは織り機。
全部手織りとのこと。
IMG_8955

最後に模様の説明です。
この階段と渦巻きみたいな模様はサポテカの伝統的な模様で、人の一生を表すとのこと。
階段は人の成長段階、出生から成人、結婚して死ぬところまでを表します。
渦巻きは輪廻転生を表し、また最初から始めることを意味します。
IMG_8956

ツアーらしいツアーですが、ポイントは抑えられており、大変満足です!

IMG_7595

死者の日が見たくて遂にアメリカ大陸に渡ってしまいました。
当初はユーラシア大陸のつもりだったけど、後悔はないです。
人種差別もなく、底抜けに陽気で飯も酒もうまい、とてもステキな国でした。
まだまだ見足りないので、また3月に戻ってきます。
そして友人に久しぶりに会えたのも、とっても嬉しかったです。

この後ついでなので南極に行こうと思っています。
ルートは2つ、一つはチリのサンアントニオからアルゼンチンのブエノスアイレスまでの航海、もう一つはブエノスアイレスから出てまた戻ってくるやつです。
チリの方が色々いけるのでできればチリコースで行きたい気持ちなのですが、治安が微妙です。
どちらも出航は1月なので、1月までにどちらかに着かないといけません。
なので、泣く泣くみんなのオススメグアテマラを飛ばしてペルーに行きます。
グアテマラは来年きます。

ペルーはインカ帝国やナスカの地上絵が大好きでした。
昔図書館で、古代文明系の教育漫画を読みあさっていて、タイトルもシリーズ名も覚えていませんが、ミイラの男の子と考古学者が文明をタイムトラベルする話とか、女性考古学者がタイムトラベルする感動エンディングのお話がとても記憶に残っています。
インカ帝国に関しては、「遥かなる黄金帝国」というちょっと大きい子向けの児童文学もとても好きです。

もちろんインカ帝国の首都である、ピューマの街クスコの探索もしたいし、マチュピチュは絶対だし、なんといってもインカ帝国最後の都市、ビルカバンバにも行きたい気持ちです。

また、南米最大の日系人コミュニティというのも楽しみにしています。
現地の人の信頼を勝ち得てきた先人たちに感謝しながら、ペルーのうまい飯もうまい酒も味わい尽くしてこようと思います!

オアハカを調べて是非行きたいと思っていた、トルコのパムッカレによく似た石灰華段丘、Hierve el Agua。
ここがなかなか遠いため、お手頃なツアーに参加しました。

入場料は25ペソですが、その前に通行料とかなんか色々あって60ペソくらいかかります。
IMG_8978

エントランスから坂道を下ると、水が溜まった石灰華段丘があります。
泳げます!
もちろん水着持ってきました。
しかし夕方だからか、水は結構冷たいです。
IMG_8979

石灰なので、この泥で顔をこするのはお約束。
だれもやってないけど、旅してるとスクラブもピーリングのやつも持ち歩けないので、時々こうやって毛穴の汚れを落としています。
IMG_8984

Hierve el Aguaとは岩の滝、という意味だとか。
その名に違わず石灰が溢れ出している絶景が見れます。
ツアーなので1時間の滞在でしたが、個人で来たらこの周りをトレッキングしたりとかもできるみたいです。
この滝を下から眺めることもできるようです。
IMG_8991

オアハカ中心部から数十キロ離れたところにあるミトラ遺跡に行ってきました。
この近くの絶景、Hierve el Aguaに行くのに200ペソ、ミトラも込み込みの1日オアハカ近郊ツアーも200ペソとあり、そりゃツアーやろ、ということで現地のツアー会社で申し込みました。
英語ツアーを申し込んだのにスペイン語ガイドしかつかず、英語部分はだれかそこら辺の人に訳してもらって、という適当っぷりでした。
日本だとクレームものだとは思いますが、今回はこのおかげでツアーのみんなと仲良くなれました。

まずはお約束の写真撮らないといけないやつ。
IMG_8976

ミトラ遺跡は700年ごろくらいに作られた神殿です。
サポテカ族には社会的階級があり、その上位の人しか入ることを許されなかったそうです。
IMG_8958

これが神殿入り口。
この辺りでは生贄の儀式も行われましたが、殺されたのは人間ではなく動物であったと言われています。
IMG_8960

円柱は2人で抱いてやっと、というくらいの巨大なものです。
IMG_8961

この神殿の見どころは、当時の模様がとてもきれいに残っていることです。
上部の、段と渦巻きの模様は、段は人の一生(出生、成長、結婚、死だったはず)を表し、渦巻きはまた初めの段階に戻ることを表します。
サポテカ族は輪廻転生を進行しており、これはそれを象徴する模様です。
IMG_8964

少し離れたところには、上位貴族と王族のみが使用できるお墓があります。
中も公開されており、神殿同様の模様で埋め尽くされていました。
IMG_8973

つくづく思いますが、インターネットが発達してくれたおかげで昔なら到底会えなかった人とも会えるようになっています。
Airbnbの体験から見つけた、オアハカ古来から伝わる方法でヒーリングしてもらう、という体験に行ってきました。
部屋に入った瞬間からハーブの良い香りが漂います。

英語の堪能なヒーラー、イネスさんが使う道具と思想を説明してくださいました。
イネスさんは、オアハカのサポテカ文明の技法でヒーリングを行います。
サポテカは文字を持たない多神教で、地水火風の4要素を大切にし、ここに自分の魂を沿わせることがあるべき姿である、という考えだそうです。
ここにイネスさんが用意したのはハーブ類(今回はローズマリーとメキシカンバジルを使用)、メスカル(昔はプルケだった)、ろうそく、楽器(オカリナと小さいシンバルみたいなもの)です。
これら一つ一つが地水火風を表します。
IMG_8938

儀式途中は写真は禁止されていました。

まずは自分の言葉でお払いしたい内容を伝え、イネスさんがそれをサポテカの言葉に直してくれます。
メスカルを飲み、ハーブを手と全身にもみこんだりして全身を清めます。
その後はイネスさん主導でライムやハーブで全身をこすってもらいました。

最後に使用したろうそくを頂き、終了です。
IMG_8939

どうやら全身にいろんなものが憑いていたようで、終わった後明らかに身体が軽くなりました。
お祓い用のツールも持っているので、私の場合は頻繁にやらなければと改めて思いました。

↑このページのトップヘ