酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

カテゴリ: メキシコ・Mexico

エアカナダに搭乗できなかったその日は、ひとまず空港近くに宿をとっていた友人の元に身を寄せました。
思った以上に動揺して、一旦落ち着いてから色々考えようと思いました。
エアカナダの言い分としては、外国人はアメリカに入国できないということなので、アメリカ経由も絶望的、直行便は片道24万と、なかなかにシビアな状況でした。
おまけに直行便をポチる直前に売り切れサインが出て買えず、何をやっても裏目に出るので、一旦寝ることにしました。
翌日アメリカ経由でイギリスに帰国する友人がうまく飛行機に乗れるところを見届けてから、アメリカ経由での帰国を考える予定でした。

翌日早朝目が覚め、どうしても落ち着かなかった私は改めてアエロメヒコのサイトでメキシコシティからの成田直行便を検索しました。
すると、なぜか翌々日の直行便が前日の半額である片道12万円で出ていました。
もちろん即刻買いましたが、なんだか狐につままれたような気分で、遽には信じられません。
日本にいる友人が神社に願掛けに行ってくれたようでした。
正直今この状況では現実よりも神頼みや占いの方がまだ信じられます。
朝イギリスに発つ友人を見送ったのち、メキシコシティに移動し、空港ホテルで待機しました。
なんだか近未来的なカプセルホテルでした。
IMG_2263

搭乗券をもらってセキュリティゲートを通ってもまだ信じられず、ここでもまだ欠航になるんじゃないかと半信半疑でしたが、飛行機は無事飛びました。
機内食はカレーでした。
FullSizeRender

無事帰国し、帰国スタンプをもらいます。
これがないと保険の請求事項があったときや住民票の手続きで面倒なことになります。
そして1年かけて世界一周を果たしました。

この日、成田にはコロナの検査場があると思っていました。
メキシコからの帰国者は検査対象外なこともあるのか、検疫には設備もなにもなく、普通に通過しました。
IMG_2283

公共交通機関を使わないようにするという呼びかけにも当てはまらないため、普通にリムジンバスで東京に向かいます。
成田から新宿へ向かうリムジンバスの乗客は私だけでした。
だれにも要請されませんでしたが、空港という危ない場所にいたこと、また飛行機という密室にいたこともあり、今後14日間はしっかり自己隔離を予定しています。
その後会いたい友人たちに会う会などできればいいなと思ってます。
IMG_2286

エアカナダ職員が「アメリカにはアメリカ市民権を持っている人しか入国できない」と言った件について追記です。
現在どこの国でも、航空会社職員からパスポートコントロールの人に至るまで、昨今情報が錯綜して大混乱しているそうです。
職員が正しい情報を把握していない可能性も大いにあります。
アメリカ在住インド人の友人によると、アメリカには過去14日間でヨーロッパやら中国やらに行ってない人が入国できるはずなのに、アメリカ人しか入国できないと勘違いしていた国境職員がおり、彼は入国するのに一苦労したということです。
同じことがアメリカのみならず世界中で起きているようです。

多分、帰国して友達に「どうだった?」と聞かれても、とても一言で表せる1年ではありません。
いい時もあったし、悪い時もあったけど、それは全部学びだったし経験になったし、、

何度も行ったタイで初めて過ごすソンクラン

マレーシアの友人たちとわちゃわちゃボルネオ島に行ったり、イモムシを踊り食いしようとしてみたり

インドで心身共に作り替えられたようになってみたり

イランの美しさに心底感動して

トルコではずっと好きだったバンドのライブを見て

ギリシャではずっとやりたかったバンジージャンプをして

イタリアではワインをたらふく飲んで

フランスではご飯を作ったりワインを作ったり

イギリスではいろんな友達に再会して

メキシコで初めて生で見る死者の日

ペルーはずっと昔から見たかった遺跡をいくつも見れて

イースター島でモアイさんたちに囲まれた過ごす日々はもう感無量

アルゼンチンでは感動的なうまさの牛肉をたらふく頂いて

南極までクルーズしたら、またいろんな人と仲良くなって

ブラジルではアマゾンからカーニバルまでハイライトを堪能

そして戻ったメキシコでは世界のコロナ悪化によりいろんなことが中止になりつつも友人に再会

そしてどの場面にも仲良くなった人たちの顔が浮かびます。
みんなコロナを生き延びてまた会うんだから、その時までにたくさん話のネタを作りたい。

帰国後は就活と並行して、いろんな国で質問された日本のことをもっと勉強しなおします。
あといろんなイベントやります。
状況的にいつになるかわかんないけど。
報告会とかポケモン交換会とか!

この適当ブログを愛読してくださった皆様、どうもありがとうございました!
今後いろんな異国メシのレシピとか、イベント案内をこのページに載せていきます。

帰国便買ってたんですよ。
エアカナダ。
カンクン→モントリオール→成田っていうのん。
そしたら買った3日後にカンクン→モントリオール便が欠航になって、カンクン→トロント→モントリオール→成田になりました。
その時点でのエアカナダに記載されてた搭乗要件はこれ。
私はカナダを経由して第三国に向かう外国人です。
IMG_2246


で、昨日空港行ったんですけど、ホームページに載ってない以下の条件を追加でもらいました。
・カナダ国内における乗り継ぎは8時間以内
・外国人はカナダの国内線使用不可
ということでトロント→モントリオール間は飛べなくなりました。
また、日本行きの便は、カンクンからだと10時間以上の待ち時間があるため、8時間ルールにも抵触します。
ということで乗れませんでしたー。
返金してくれるかどうかは明言してもらえず、予約サイトに問い合わせる必要があるそうで、今問い合わせ中です。

記念に健康調査の書類貼っときます。
FullSizeRender

今朝奇跡的にアエロメヒコの直行便が取れたので、本日メキシコシティに移動し、それに備えます。

今日は春分の日です。
本当はですね、チチェンイツァのピラミッドでククルカンの降臨を見る予定だったんですよ。
例によってコロナでキャンセルになりました。
本当に残念ですね。
こういうイベントごとと休暇日程合わせるのなんてクッソ難しいのに。

ツアーがキャンセルになったので、代わりのツアーを手配してくれるとのことで、イスラムヘーレス、ムヘーレス島(さらに言うと女の島)に行ってきました。
元のツアー代50ドルほどに対して、100ドル近いツアーなので、良い代替案でした。
IMG_2192

カンクンからツアーボートに乗り、しばらくしたらスノーケリングをしてサンゴ礁や海底美術館を見ます。
海底もそうですが、海自体のきれいさもピカイチ、多分私が見た中で1、2を争うほどゴージャスな青でした。

その後ボートはパーティーボートへと変貌し、飲み放題のお酒にガンガンの音楽に溺れて踊り狂いながらムヘーレス島に到着します。
IMG_2210

あとはのんびり。
来週帰国しちゃったらしばらく見れないであろう景色を目に焼き付けます。
IMG_2182

ピニャコラーダでも飲んでのんびり
IMG_2200

帰りもひたすら酒が提供されます。
すごいいい1日でした!
IMG_2204




ご飯のことならかなりスペイン語がわかるようになってきました。
タコスのオーダーもスペイン語で細かく伝えられるようになってきました。
プラヤデルカルメンの本屋さんでは、ユカタン半島料理本、すなわちマヤの流れを組む料理の本が売られており、アガって買ってきました。
帰国便取ったから、なんでも買える無敵状態で調子に乗りました。
中身は私がメキシコでまだ見たことないフードだらけでとても興味深く拝見しました。
コロナのせいで近々レストランが閉まるため、おそらく食べに行く機会はほぼないのが残念です。
IMG_2138

そしてビーチでのんびりしていたときに売り子さんが売りにきたのが、この本に載ってたキビKibiというもの!
なんだか歯応えのあるカリカリのトウモロコシ?生地の香ばしいパン的なものの中に、玉ねぎのピクルスっぽいやつを入れて食べます。
歴史的にユカタン半島にはレバノン系移民がいるそうで、どうやらこの食べ物もその流れを組む中東のもののようです。
小腹を満たすおやつにぴったりな一品でした。
IMG_2153

このページのトップヘ