カテゴリ: ギリシャ

続いて赤ワインです。
先日私がバンジージャンプをした近くのネメア、という生産地域。
もうお分かりの方もいる通り、ここの有名なブドウはアギオルディティコです。
IMG_4907

豊満なお花のような、チェリーのような香りがふわっと漂う素敵なワイン。
アギオルディティコは、ギリシャ到着日にホテルの近所のお店で買って飲んでみたんですけど、なんか鬼殺しを飲んでいるようなものすごい味で、イメージがよくありませんでした。
後から聞くと、ビオディナミで作るとそういった味わいになることがあるようです。
IMG_4910

最後に、マケドニア、ナウサはクシロマブノです。
この地図の丸の、海側ではなく上の方です。
IMG_4911

こちらは、ほどほどのタンニンがありつつチェリーのような甘みと、そこそこの酸味があります。
つまりはトマトです(日本のトマトじゃなくて地中海のトマト)。
IMG_4914

このタイプの本気のテイスティングは、やはりワインをある程度勉強した人の方が楽しめるものと思われます。
また、この日教えてくださったイローナさんは、ジョージア出身でソ連崩壊と同時にテッサロニキに移住し、今では会社員とソムリエを掛け持ちする素敵お姉さんです。
ジョージア、ロシア語分かる、ワイン好きって言う共通項がたくさんあり、わからない言葉はロシア語で補足しつつ、とっても話が盛り上がりました。
彼女が担当してくれたから、こんなにも楽しめたと思います!

アクロポリスほど近くにあるワインバーにて、ギリシャワインをグラスで一通りテイスティングできるクラスがあるのをトリップアドバイザーから予約しました。
もちろんワインは土着品種単一100パーです。
つまみはPDO、PGIに指定されたチーズたちと、サラミと、辛いつけもの。
特に松ヤニコーティングのチーズがとっても美味しくて私は好みでした!
FullSizeRender

まずギリシャのPDO生産地域をお勉強。
去年のちょうど今頃血眼で勉強したやつの復習です。
IMG_4890

まずは白ワイン、アッティカ地方です。
こちらで生産されるサバティアノ、という品種を頂きます。
サバティアノ、とは土曜日、という意味で、サバト、とかсубботаもそこから来ています。
このぶどうはかつて土曜日に収穫されていたそうです。
IMG_4892

こちらの白は2018年ながら味わい深く、柑橘や花よりもイーストの香りが強いです。
チーズと飲むとこれまた味わいがガラッと変わって大変面白いものでした。
IMG_4893

次はサントリーニ島のワイン。
サントリーニ島は活火山で、今だに火山灰が降り積もっています。
なので、フィロキセラもこの島のぶどうは侵食することができなかったとか。
また、火山灰やら鳥からぶどうを守るため、この島ではぶどうを覆っています。そのためぶどうの皮本体がとても緑が濃くなっています。
IMG_4897

飲んだぶどうはアシリティコという品種。
土壌が土壌なこともあってかなりミネラリーで、ほんのり海の味を感じます。
柑橘っぽいですが、全体的にあっさりしており、特に和食と合うとされています。
柑橘系の酸味と海っぽさが、ウマミっぽく感じるようです。
IMG_4901

最後の白ワインは、テッサロニキでつくられたもの。
テッサロニキはギリシャ第二の都市、常にアテネと張り合ってるそうです。
巨人阪神みたいだなと思いました。
IMG_4902

このワイン、香りがまさにジャスミン!ライチ!といったトロピカルなフルーツやお花のようです。
その割に味はドライでさっぱり!
スパイシーなアジア料理によく合う、とのことです。
外国人向けのタイ料理や、ココナッツミルクとシーフードを使った料理に合わせたいなあ、と思いました。
IMG_4906

前回来た時はまだ17歳、酒の味なんてわからないし、家でしか飲ませてもらえませんでした。
今回は思いっきり飲みます!

まざはレッツィーナ。
ぶどうの絞り汁の最後の方(よくないぶどうのことかよくわからなかった)をワイン同様に醸し、発酵中に松ヤニを加えて香りをつけます。
とはいえ飲んでもほぼ松ヤニっぽさは感じません。
むしろちょっと置いたサンセールみたいな味がします。
これは基本スブラキ屋とかケバブ屋によく置いてある安酒の類で、こちらではコーラで割って飲むのが一般的だそうです。
IMG_4792

ウゾ
ウゾはぶどうの絞りかすを蒸留した、いわばグラッパです。
そこにどのタイミングだかアニスを入れて香りをつけます。
水を入れたら濁る系の蒸留酒です。
ギリシャでは水割りかロック、もしくはチェリージュースで割るのが一般的だそうです。
写真のコーヒーウゾリキュールはお店のおばちゃんのイチオシです。

マスティーハ
これは松ヤニから作ったリキュールで、蒸留酒にシロップ?を加えた甘いお酒です。
松ヤニはギリシャではガムやらチーズやらに色々使われており、人気フレーバーの一つのようです。
これはレッツィーナとは違ってガッツリ松ヤニのさわやかな香りがします。
多分ギリシャのうまい蒸留酒一位かも。
IMG_4796

ビール
種類がほんとにたくさんあって、日本の比ではありません。
味わいはどれもほぼ薄めさっぱり系ですが、クラフトビールも作られていたり、苦いのも需要は一部あるみたいです。
IMG_4811

ほうれん草パイ
材料
ほうれん草
ミント
ディル
フェタチーズ
パイクラフト
とき卵

作り方
ほうれん草とミント、ディルをみじん切りにし、フェタチーズと混ぜ合わせます。
IMG_4837

溶き卵をつけながらパイ生地にほうれん草のフィリングを敷いて丸めていきます。
最後は写真のように丸めます。
しかしお店で売ってるやつは、巻いてるやつよりも、ただパイ生地にフィリングを入れて、半分に折って、接着部を水か卵で止めていました。
また、フィリングそのものに卵を混ぜているお店もありました。

これを天板に乗せ、さらに上から卵を塗って、オーブンで焼きます。
IMG_4838

出来上がりがこちら!
ジャジキをつけながら食べるのが美味しいです。
IMG_4854

次にデザート。
これはパイという名前なんですが、完全にケーキでした!

オレンジパイ
材料
本体
オレンジ
ギリシャヨーグルト
砂糖
重曹
バニラエッセンス
パイクラフト

シロップ
オレンジ
砂糖
シナモン
クローブ

作り方
まずパイクラフトをちまちまめっちゃ細かくちぎります。
IMG_4848

その間にボウルにオレンジの皮をすりおろし、ヨーグルト、重曹、砂糖、バニラエッセンスを入れて混ぜます。
パイクラフトを刻み終わったらそれも加えて、ドロドロな生地にします。

これを天板に伸ばし、オーブンで焼きます。

別の鍋にさらにオレンジの皮をすりおろし、砂糖と水、シナモンを加えて煮て、オレンジシロップを作ります。
IMG_4849

出来上がった本体の生地に包丁で所々切れ目を入れ、シロップをかけます。

切り分けて残りのオレンジを飾って出来上がりです!
IMG_4855

これが思ったほど激甘ではなく、とても美味しいです。
私の舌が麻痺しているのかもしれない。
日本人向けにはハチミツをつかったりして甘さとカロリーを抑えるよう工夫してもいいかもしれません。

今日は料理教室。
参加者はアメリカ人ばかりで、みんな好き勝手思い思いにやる感じが日本っぽくなくてなかなか素敵でした。

一品めは、トルコでもよくあるやつ。
トルコのは炊いた米を混ぜるのに対し、こちらでは生米を入れて炊きます。

ドルマテス
材料
クレソン
ディル
ミント
玉ねぎ
肉(牛または鳥)
ぶどうの葉っぱ、キャベツなど

作り方
①ハーブ類と玉ねぎはみじん切りにします。細かめで。
②材料を混ぜます。
IMG_4839

③混ぜた材料をぶどうの葉っぱで巻きます。
IMG_4841

④ひたひたの水とオリーブオイルを入れて、水がなくなるまで1時間ほど炊きます。
IMG_4842

二品めは、こちらもトルコにある坊さんの気絶という料理。
料理の名前のイマーム(坊さん)という部分はギリシャでもイマームのよう。
トルコでは坊さんが
ただギリシャでは坊さんは気絶ではなく絶命するようです。

坊さんの絶命
材料
なすび
トマトソース
ディルとかハーブ類
ピーマン
玉ねぎ
にんにく
にんじん
ミニトマト
チーズ
上に乗せる用のバジル

作り方
まずはなすを縦に半分に切り、中の白いところによく熱が入るよう包丁で切れ目を入れる。
それをオーブンで焼く。
焼けて冷ましたら、中身をくりぬいて、皮と中身を分けておく。
IMG_4843

次にナスの具を作る。
ナスの中身を粉砕する。
ハーブ類、ピーマン、にんにく、玉ねぎ、にんじんをみじん切りにする。
にんじんあたりは千切りマシーンでシャリシャリする。

鍋を火にかけ、オリーブオイルを敷く。
にんにく、玉ねぎ、ナスの中身、ピーマン、にんじん、ハーブ類を投入し、よく炒める。
炒めたら、トマトソースと塩胡椒を入れ、よく混ぜる。

ナスの皮に具を詰める。
具の上にチーズ、半分に切ったミニトマト、バジルを乗せる。
IMG_4847

オーブンでしばらく焼いたら完成!

こちらが完成図。
トルコもギリシャも美味しいんですが。。
ドルマなんかは、米から炊くだけでこんなに味わいが変わるのかと。
坊さんの方は、こちらの方がお酒に合わせやすいと思いました。
IMG_4853

↑このページのトップヘ