カテゴリ: 中国

上海の、南北に走る青い線路、地下鉄8号線の大世界駅ほどちかいところにあるのがザリガニストリート。
上海生まれの友達が連れて行ってくれました。

これがザリガニストリート、だいたい全部ザリガニ食えるレストラン。
IMG_0256

行ったのはゴールデンウイークということもあり、ザリガニが旬のシーズンには若干届かない。 
とはいえザリガニたちはどこにいるのか、どのお店もガンガンザリガニ揚げています。
右側の白いのはシャコエビです。
IMG_0257

レストランに入ります。先進国上海のレストラン店内はWi-Fiが飛んでおり、そこにつなげてメニュー上のQRコードを読み込んで注文するスタイル。
流石の一言。
頼むからWi-Fi速くして、遅すぎて使い物にならないよ。

何とか注文した、ザリガニ香辣味。
使い捨ての手袋がありますが、すぐエビの殻に破られてドロドロになります。
美味しい、辛うま。
身は小さいけど辣油が大変美味しく、ビールがすすむ。
IMG_0258 

シャコエビ。これはもっと辛い。
でもすごく美味しい。
ああビール、なぜ冰的じゃない、これはぬるい。 しかし中国ではきっとこれは冷たい部類。
IMG_0259


こちらは後日訪問した火鍋屋、日本にもある小肥羊のザリガニ。
なんかザリガニストリートのやつとは違ってきれいだった。
IMG_0260

今日は3月末。
久しぶりに食べたくなってきた。
そろそろ池袋にも出回るかな?

中国、上海にほど近い町、朱家角。
運河が張り巡らされ、昔ながらの街並みが残る、ヴェネツィアに例えてもいいような大変素敵な場所です。

上海虹橋駅からタクシーに乗ること約1~2時間(とはいえそんなに高くない)のところにあります。
当時は電車は通ってなかったのですが、今は地下鉄で行けるようになっているようです。
タクシーで行ったときはどこで降りて良いかもよくわからず大変でした。このときは裏通りから入った形になったようです。

裏通りは、静かな通りに歴史的建造物やレストラン、雑貨屋さんに超絶かわいらしい宿泊施設が立ち並びます。

レストラン
54525158_10156125911002596_5498780486572441600_n

雑貨屋さんの通り
55473470_10156125910972596_8624433775071199232_n

レストランも雑貨・お土産類も、上海中心部よりだいぶお安いです。
お茶なんかは特にこちらで買った方が安いでしょう(しかし私は天山茶城に行く)。

こちらは飴細工を売ってます。
ロシアでも似たようなの売ってた。
IMG_0141

メインストリートに出ると、運河があります。
まさにヴェネツィアと表現するのが正しいのでしょう、舟でいろんなところに移動します。
13165912_10153582437667596_6164451339865618934_n

立ち並ぶ屋台では様々なスナック的なものが売られています。
そのうちの一つが、なんかすごいにおいがすると思ったら噂の臭豆腐!!!
匂いはくしゃみっていうかよだれみたいな感じでした。味も見た目も普通の厚揚げで、正直発酵の必要はないんじゃないかと思いました。
普通においしかったです。

朱家角の名物はちまき!
生米と生肉を甘口の醤油っぽいたれに絡ませて(漬けこんで?)おき、、笹の葉につつんで蒸し上げます。
55564460_10156125911822596_1990303452877553664_n

ちまきやさんたくさん。
すごい熟練の手さばきでガンガン巻いていきます。
このちまき、1個がおにぎり2個分ぐらいの腹持ち。
55758166_10156125911862596_6054683511057547264_n

人混みもさほど無く、程よく伝統的でかわいらしく、美味しいものもたくさんある朱家角は、正直豫園とか外灘よりもおススメ!

中国と言えばお茶であります。
スーパーでもお土産物やさんでもたくさん置いてありますが、どれを買えばいいのかわかんないしどんな味かもわかんない。。と悩んだことがある人がきっとたくさんいるはず!
そんな人のために、上海にとても素敵なお茶まみれの建物があるので紹介します。
その名も天山茶城。
上海の地下鉄の黄緑色の2号線、婁山関路駅から徒歩15分から20分、もしくは紫色の環状線の4号線、中山公園ならもう少し近いかもしれません。


車通りの多い空気の悪い大通りを歩くと見えてくる、明らかに増改築を繰り返した挙句怪しくなってしまった建物、それが天山茶城。
View this post on Instagram

常連の方についてきていただき、#天山茶城 に行ってきました。建物丸ごとお茶屋! 入った瞬間にあまりのお店の数にズラリと並んでてちょっとギョッとしてしまったけど、行ったのは建物に入ってすぐにある栢茗茶业。日本語の堪能な店員さんが次から次へと軽快なトークと共に試飲させてくれて、盛り上がって長居した。 これは肌にいいとか、食べたあとの脂を切るとかいろいろ聞いて、味わってあれこれ悩んで買ったのはノンカフェインの老白茶とパイナップルのお茶と乾燥シしいたけ。このしいたけがつまみにもお茶請けにも良くてつい。 おなかいっぱい試飲したあとでまた隣の店で台湾の人参烏龍を購入。家にある上海の人参烏龍と飲み比べてみようかな。 どちらのお店もお土産向けのパッケージが多くて、1回ずつ分けられてたり、数種類入ってたりして便利。しかもちゃんとお値段がわかりやすく書いてあって安心。またここで買おうと決意。 #娄山关路 駅近く。次は茶器も見たいな。 #shanghai #lifeinshanghai #china #tea #chinesetea #上海生活 #上海 #お茶 #中国茶 #台湾茶 #taiwan #台灣茶 #烏龍茶 #お土産

doryさん(@dorynodays)がシェアした投稿 -


周りをぐるっと一周してみるも、どこが入り口なのか、というか何がどこにあるのか全く分からない。
なんとか建物に入って進んでも、どうやったら帰れるのか出れるのか、本気で分からない。
エスカレーターはたくさんあるけど下りがなかったり、とにかくダンジョンのような建物でした。

お茶も何を買えばいいのかわからなかった私ですが、日本語を話すお茶屋さんで、2時間ぐらいガッツリ試飲&説明してもらいました。
相場はわからないけど、試飲と説明、さらにはその日の結婚式でやるスピーチ(中国語)の特訓もしてもらったので、私としては全然OKでした。

武夷岩茶というのが、肝臓にいいよおと勧められて買ったお茶。
これだけは手放せない。


お店はこちら。
茶叶季節
3 Yuping S Rd, HongQiao, Changning Qu, Shanghai Shi, 

↑このページのトップヘ