酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: 雑記

今年の初めくらいから、なんか食べる量が減ったなというのは実感していました。
在宅勤務になったのも一つ要因としてあると思います。
が、主に年齢なのかなぁとか思ってゆるゆる構えていました。
ソムリエ試験で飲みまくったこと、旅の間は節約して低所得者向けの飯を食ってたこと、帰国してからは運動しないのに食ってることも相まって、私の体重は過去最高値をマークしていました。
健康診断の結果もよくなかったので、3月ごろからオンラインピラティスを週3くらいでやっています。

帰国してからピルをヤーズフレックスとかいう最大120日間生理を止められるものに変えたのですが、その辺りから白髪とフケが増え始めた感じがありました。

これだけやっても胃腸の調子は良くないし、白髪もフケも出るし、体重も減らないし、一度ピルをやめてみました。
と、今度はどれだけ待っても生理が来ませんでした。

いよいよやばいと思って友人に紹介してもらった高名な針の先生のところに行くと、胃腸の悪さが生理に影響しているとのことでした。
先生の指示により、1日の食事量を1.5食くらいまで減らしています。
刺激物や脂肪分はなるべく避けています。
ここにきて人生初の夏バテを感じており、難なく食事制限をクリアしています。
食べられるものは、素麺、とうふ、かまぼこ、漬物くらいです。
しばらくお料理の更新はするとしても漬物が主流になります。
過去に行った面白いレストランの話でも書いていこうかと思います。

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」


ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」


他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book

英語版のファイルをアップロードしたのは5月30日でした。
Kindleのステータスもすぐに出版準備中になったのですが、そこから72時間経っても販売されないため、問い合わせを行いました。
最初の問い合わせのレスポンスは見逃しており(迷惑メールボックスにいた)、二度目の問い合わせで問題点がわかりました。

Kindleの設定画面で設定した言語と、私がアップロードしたファイル(メタデータ)の言語が一致しないことが原因でした。
具体的な設定箇所は
Kindleの設定画面の言語設定(一番最初)
 スクリーンショット 2021-06-09 16.57.58

アップロードファイルの設定(Macbook、PagesでEPUB化する際の画面)
スクリーンショット 2021-06-09 16.52.51


このエラーを解消するとアップロードから三時間ぐらいで販売開始されました。

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book

最近またいろんな人とアカデミックにワインを深める機会があり、ナチュラルとオーガニックの違いとは、などというお話になったので、備忘録的に書いておきます。

ビオワインとは
EU内での有機栽培認証を受けたワインのこと。
オーガニックワインと同義。
ぶどう栽培時は認証を受ける機関のルールに従った方法で有機栽培を行う。
醸造時の制限は亜硫酸の使用可能量や、砂糖や酵母の原料も有機栽培であることなどあるが、規制はほぼない。

ナチュラルワインとは
ぶどうを作るときは化学薬剤を一切使用しない有機栽培を行い、醸造時にも化学薬品は基本的に使えない。
ビオワインよりも厳しい。
その土地と規格に合うぶどうが栽培・醸造されるとも限らないため、AOCに当てはまらずVin du Franceにカテゴライズされることも多々ある。
しかし最近「ヴァン・ナチュール防衛協会」がAOCの代わりに「Vin method natur」という呼称がフランスで認定される。
そう言った規定に縛られたくないのがナチュラルワインを作る人々なので、広まるかどうかは謎。 



また別でビオディナミという農法もあり、混乱の元になっています。

ビオディナミ(バイオダイナミクス)農法
シュタイナーという人が考案した、月齢やちょっとスピリチュアルなルールに従って行う農法。
肥料なんかも動物の糞などを多用するため、結果的に有機栽培っぽくなる。
シュタイナーはホメオパシーなど、ちょっと科学的には立証されてない、若干スピリチュアルに寄ったような感じのものを多く考案しており、ビオディナミもほぼ宗教という人もいる。
しかしロマネコンティもビオディナミで作られており、日本は古来から太陰暦的なものに沿った農業をしてきたので、私個人としては何かしら良いのだろうと思っている。


IMG_4136

猫がうちに来て8ヶ月になりました。
2匹とも体重は4キロを超え、当初懸念してた下痢ももうありません。
先週猫の血清を狂犬病の抗体検査してくれる研究所に送り、金曜日には抗体価の証明書が発行されました。
あと半年ほど経てば海外渡航が可能になります。
私の会社は入社1年後には他部署への移籍が可能になるので、ちょうど良いかもしれません。

また海外にいくまでに、日本で終わらせておきたい勉強を終わらせるべく、3月1日にはSAKE DIPLOMAを申し込みます!


SNSの一人旅グループに張り出されていた、世界で一番長い、歩ける道というのがあります。
南アフリカのケープタウンから、ロシアはオホーツク海に割と近い街、マガダンまで歩ける、というもので全長2万2千キロあるそうです。
その間17カ国を渡り、1日8時間歩くと計算して587日かけて歩き切ることができる、というものです。IMG_3993

旅していて痛感したGoogleマップの欠点は、
坂道や高低差を考慮しないこと

危険な道かどうかがわからないこと
の2点です。
坂道はともかく、危険さについて話します。
例えばブラジルの大きな街にはファベーラというスラム街が点在しており、そこに近づくか迷い込むのは犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。
Googleマップが提案する経路は、単に道を案内するだけなので、ファベーラの中を突っ切ったりする可能性があります。
このマップを見ると南アフリカから南スーダンやら不穏なところを突っ切ることになっています。
危険なのは人間だけではなく、野生動物の可能性もあります。
アフリカはもとより、ロシアの何もないところでは熊やらなんやらが出てきます。
なのでこの道を使うと野宿の可能性も大いにありますが、それもかなり危険です。

どうしてもこの徒歩旅をやりたい人は武器を持って使える状態にすることと、信頼できる仲間が必要だと思います。
よくアフリカ縦断した女子大生とかが、ホステルでひっかけた男の子をボディーガードがわりに旅するとか聞きますが、ホステルにいたというだけの人が本当に信用できるものでしょうか。
私は旅の間は基本的に自分しか信用してないので、仲間を連れるなら旅してない時に知り合って、せめて何度か会ったことのある人でないとちょっと怖いです。


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

このページのトップヘ