カテゴリ: イラン

イスファハーンでたくさん買い物してしまった私は、日本に向けて荷物を発送することにしました。

イマーム広場から徒歩約10分ぐらいのところにある郵便局に来ました。
真夏のこの時期、イスファハーンのお役所や郵便局は朝6時から昼の1時までの営業になる、とのことでした。
場所や人によって色々事情が変わる国なので、都度誰かに確認しましょう。

郵便局はPOSTと英語で書いてあります。
IMG_2863 

国際小包の入り口に向かいます。
中は繋がってるんですが。
IMG_2861

これが送り状です。
見ての通りとっても欄が小さいです。
書ききれないので、担当のおばさんに住所をタイピングしてもらってプリントアウトします。
プリントアウト代で合計130000リヤルもとられました。
FullSizeRender

その後荷物の中身を一個一個赤外線でスキャンします。
ここで1時間くらい経過していますが、キレてはいけません。

何度もスキャンし、全部OKが出てからやっとパッキングです。
郵便局指定の黄色い箱に詰めてもらいます。
テープで止めるところまでやってくれるので、こちらで用意するものは特にありませんでした。

今回2箱発送し、全部でだいたい5キロくらいで、送料は2つ合わせて4000円もしませんでした。
イランからの発送は全て航空便になる、とのことで、追跡番号もちゃんとついてます。
ペルシャ語で書かれてるので、数字は頑張って読みましょう。
ここから約2週間後、荷物の1つが届きました!
最速2週間での到着になるようです。

カーシャーンでも発送を試みましたが、カーシャーンからは一部の国への発送ができなくなっているとのことでした。
その荷物はテヘランからの発送を試みましたが、中央郵便局に行ったのに、担当者早退のため断られてしまいました。
テヘランの友人に発送を頼んできましたが、日本では考えられないことが色々起こるもんだなあと実感しました。

トルコに入国後もなんかバスの中に警察とか来たけど私爆睡しててあんまり覚えてません。
サービスエリアに止まりますが、こういう肉プレートや肉サンド系の料理はだいたい20リラを超えます。
ATMはありません。
私の手持ちは20リラ、うまそうな肉を横目にここからは必死で2リラのクッキーを買いまくって食いつなぎます。
IMG_3384

時々洗車休憩もあります。
IMG_3385

みんなが元気になったら、運転手さんが音楽のボリュームを上げます。
イランでは歌うことも踊ることも法律で禁じられているため、みんなここぞとばかりに踊って盛り上がります。

とあるサービスエリアで止まったとき、タバコの箱数抜き打ちチェックがありました。
イラン人は越境時にタバコを3カートンまでしか持ち込めないのですが、時々越境後に違法なタバコおじさんから買ったりするのでその対策だそうです。
全員荷物を全て持ってバスを降ろされ、大きな荷物も全部開けて調べられました。

6月30日昼過ぎ、アンカラに到着します。
バスターミナルの横だし、昼間だし、アンカラでおりとけば良かった。
IMG_3387

イスタンブールに着いたのは夜10時を過ぎていました。
オルタキョイの橋から、ブルーモスクたちが見えました!
IMG_3395

降ろされたのはイスタンブールの繁華街、アクサライ駅付近。
ここはイラン人街になっているようで、些か治安がよろしくない感じがします。
イラン人向けなのか、ATMはクレカも国際キャッシュカードも受け付けてくれませんでした。

地下鉄Yeni Kapi駅から終電に滑り込んで数駅、Otogal駅はバスターミナルに直結しています。
しかし目的地であるイズミルはビーチで有名、バスはどこも朝まで満席でした。
そこでなぜかイズミル行きの呼び込みをしていたのでチケット買ってみたら違法バスだったみたいで、ものすごく小さいバスでした。
IMG_3399

隣の人が痴漢で、暴れながら7時間、やっとイズミルに到着しました。

友人宅の猫さま。
わたしおつかれ
IMG_3419

2019年6月29日朝10時、テヘラン西のアサーディー塔近くのバスターミナルから、イスタンブール行きのバスに乗りました。

荷物を預けた時のチケットは、パスポートに直貼りされます。
IMG_3353

機内食は、最初に出てくるジュースとお菓子、あとこのお弁当のみです。
ぜひ色々買って乗り込むなり、道中買い足すためのお金を持参するなりしましょう。
FullSizeRender

お席は3列シートのゆったり仕様、女性の一人旅でも安心です。
IMG_3359

国境到着前、Khoyという街の交番でパスポートチェックがあります。
全員パスポートを一度回収されます。

そこから約2時間ぐらい、20時頃国境に到着しました。
これがイラン側の国境。
ここでバスを降り、荷物を全部持って越境します。
IMG_3369

やる気のない担当者による荷物検査を経て、血圧を測ります。
なんで血圧かはわかりません。
担当のオッさんはノリノリでセルフィーしていました。
IMG_3370

イラン側のゆるゆるパスポートチェックを経てトルコへ入国します。
このローマアルファベットの安心感が半端ない。
IMG_3371

トルコ側のパスポートコントロール。
ここでは全く英語が通じず、ソーリー?と聞き返すとソーリーという地名か何かだと思われました。
IMG_3373

この後に税関でタバコのカートン数チェックがあります。
3カートンが持ち出しの限度です。
トルコ側に行けば違法タバコおじさんがいて、買えたりします。

越境。
奥にうっすら見える山はアララト山、ハイキングもできるみたいです。

この後同じバスに乗るのですが、バスの越境に3-4時間かかるため、ここで待つ必要があります。
外はかなり冷え込んでおり、思わずパーカーを引っ張り出しました。
IMG_3374

イランは今回が初めての訪問でした。
当初友達も1人もおらず不安でしたが、友人たちの紹介により、イラン関係の日本人と知り合い、ホームステイでイラン人と友達になることができました。
イラン人はよく言えば人懐っこい、悪く言えばしつこいところがあり、特にイスファハーンの観光地では声をかけられるのが怖くて疲れ果てて、もうイランには来ない!と思ったことも ありましたが、やっぱりイランでできたお友達にはまた会いに来たいと思います。

トルコは今回が2回目の訪問です。
トルコと初めて関わったのは高校時代、モンディアロゴというUNESCO主催のスクールコンテストでチームを組んだことがきっかけでした(このチームは世界大会で準優勝)。
そこからトルコのロック・ポップスを聞くようになり、今回やっと念願のロックフェスに参戦することになりました。
IMG_2293
また、最初の目的地であるイズミルには、トルコ人の友人がおります。
再会するのを楽しみにしています!



食文化、食習慣について、私がこの3週間で見聞きした範囲で書きます。
3週間で全てわかるとは思っていないです。
訪れたのはテヘラン、イスファハーン、ヤズド、シーラーズ 、カーシャーンなど観光主要5都市です。

食事の時間
朝は起きたら食べるのですが、お昼は大体3時ごろ食べます。
その後夜ご飯に至っては10時か11時頃です。
夜は軽くたべる、と言いながら食べるものがピザだったりとかします。
ご家庭にお呼ばれしちゃうと、夕方行っても夜までフルーツのみ、日付が変わる頃にやっとちゃんとしたご飯が出てきます。

重めの食事について
脂っこいこってりしたものは、朝食べる習慣があります。
そうすると夕方まで腹持ちするからだとか。
これをヘルシー、と表現するイラン人もいます。
やってみたけど慣れないのでちょっと気持ち悪かったです。
お茶漬けたべたい。

基本の調味料
塩、コショウ、ターメリックです。
FullSizeRender

サフランは確かに比較的多く使うけど、そんなにそこまで多くありません。
そんなことよりもターメリックはほぼ何にでも入れていました。
他にもシナモン、クローブなどのスパイスを使うこともあります。

ハーブ類の使い方
ハーブ類は、食卓にサラダ代わりにどんっとバジルなんかが置かれます。
IMG_3213

バジル、ネギ、コリアンダーがよく入っています。
刻み野菜なんかを料理に入れるときは、生でもいいけど、忙しい人は乾燥のやつを買ってストックしておいたりするみたいです。

乳製品
元々遊牧民がいたこともあり、この国には乳製品があふれています。
チーズもクリームチーズみたいなやつから酸味のあるやつまで、ヨーグルトの種類も豊富です。
トルコのアイランに相当する飲み物もあります。
中でも私が興味を持ったのは、カシュク、というもの。
液体状のやつはチーズとヨーグルトの間みたいな味で、スープなんかにかけて食べます。
固形のものも売られており、酸味が強く、ちょっとずつかじっておやつみたいに食べます。
写真は、固形のおやつカシュク。
手前の黒いのも、おやつカシュクです(違いは不明)。
IMG_2880

レストランのご飯は美味しくない
家庭料理が美味しいのは当然なのですが、イランのレストランと家庭の味はかなり差があります。
レストランだとなんだか塩が足りなかったり、油っこかったり、すごく物足りない感じの味です。
全力でホームステイをお勧めします。

↑このページのトップヘ