酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: イラン・Iran


FullSizeRender
ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました!


メニュー
ゾロアスター風レンズ豆のスープ(シュリ)

ナスとトマトのふわふわなめろう(ミルザガセミ)
白身魚のタマリンドソース(ガリエマヒ)
ご飯(バスマティライス)
セキャンジャビンジュース

IMG_3878

日時: 11月28日 12:30-
来場者数: 5人 (定員8人)
会場: Cafe des Soleils

次回以降は夕方、お料理よりもお話メインでの開催を考えています。
私のワインの試験の都合により、次回開催は2月になります。


報告会の準備をきっかけに書き忘れを見つけたシリーズ第二弾は、絨毯商人の街カーシャーンの観光名所、ヒストリカルハウスです。
このヒストリカルハウスは1軒ではなく、何軒もあります。
ヒストリカルハウスって日本語にすると伝統家屋だけど、もっと自由なスタイルで作られていて、おそらく当時はすごく独創的だったと思われるくらい、1軒1軒のスタイルが違っています。IMG_3268

天井もやっぱりとても綺麗です。
IMG_3266

こちらは伝統浴場ハマム。
現在は使われていません(イランにはハマムの習慣はほぼ残っていない。時々市民プールとかの健康ランド的なところにある)
こんな銭湯あったらいいなあ。。

IMG_3269

ハマムの天井を外から見るとモコモコしていてとても可愛らしいです。

IMG_3277

宮殿のようなつくりのお宅。
綺麗で可愛いけど、家はそんなにデカくなくていいとつくづく思います。
小市民すぎて掃除が大変そうに見えます。
IMG_3292

ステンドグラスもたいそう美しいです。
IMG_3279

上の段の窓も細かいステンドグラスがとても美しいです。
西洋の教会のそれとはまた違っていて、私としては規則正しく並んだこちらの方が見てて飽きなくて好きです。
IMG_3289


【お知らせ】
このブログの電子書籍は12月18日の出版を予定しています(審査の都合で前後する可能性あり)。

各国のマイナーな観光地やら珍しいお祭りの様子をまとめた
「酔う子とピラニアのからあげ」

世界各国で掘り出してきたうまいもんとそのレシピ
「酔う子とドリアンのまるやき」

密造酒からボルドー一級まで飲んだ世界の酒蔵放浪記
「酔う子とひつじさんの酒だる」

ハードなゲテ食や政治宗教エロまで語る
「酔う子とペンギンのゆでたまご」 


イランに行くにあたり、経験者から是非飲むよう言われたのが彼女曰く「きゅうりのジュース」というものでした。
半信半疑で行ってみたら本当にありました。
きゅうりはイランではフルーツの扱いです。
イランは果実のジュースというよりもシロップを水でとかしてチアシードやらなんやら入れたドリンクが人気なのですが、中でも夏に国民が手放せないのが、セキャンジャビンと言われるさわやかドリンクです。
セキャンジャビンというシロップを水で溶いてきゅうりを飾ったものだそうです。
IMG_2266

セキャンジャビン
材料
白砂糖 2カップ
水  2カップ
ワインビネガー 半カップ
ミント ハッカ油を1プッシュ

作り方
砂糖と水を火にかけ、砂糖が完全に溶けたらワインビネガーを入れて水が3分の2くらいになるまで30分ほど煮詰めます。
IMG_3862

本来はまだ熱いうちにミントの葉っぱを一束漬けて粗熱が取れたら引き上げますが、そんなに贅沢にミント使えない小市民なので、ハッカ油を1プッシュしてシロップは完成です。


飲む時はコップ1杯に対して大きいスプーンで3杯くらいのシロップを入れます。
ウオッカなどでカクテルを作っても美味しいです。

IMG_3881

このシロップ、飲む以外にもレタスにつけて食べたりもする、とレシピサイトに書いてありました。
古代ペルシャから存在するらしい歴史的な甘味、是非お試しを!

【お知らせ】
ブログの書籍化について、文章部分は完成し、現在入稿作業に入りました!
予定通り12月には出版します!
皆様の旅欲をハードに満たしていただける本になったと思います。

メインの観光やらお祭りのことを書き綴った
「酔う子とピラニアのからあげ」

レシピや食のコラム
「酔う子とドリアンのまるやき」

愛するお酒を現地で作って飲んできた渾身のレポ
「酔う子とひつじさんの酒だる」

実は一番面白いかもしれない、読む人を選ぶネタをかき集めた
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

報告会のために写真やブログ記事を見直していたら、カーシャーンの記事をほとんど何も書いてないことに気づいたので、今更ながら上げていきます。

カーシャーンは絨毯商人ひしめく豪商の町、歴史的建造物も大金持ちの趣向を凝らした邸宅がたくさんあり、観光地になっています。
そんなカーシャーンにあるフィン庭園はカージャール朝時代にスルタンによって作られた美しい庭園で、現在は世界遺産に登録されています。IMG_3218

イスラム庭園といっても、タージマハルやイスファハーンのイマーム広場のように、刈り込まれた芝生の広く見渡せる庭園ではなく、木々が生い茂る緑豊かな場所です。

IMG_3221

中の建物の装飾はやはり一級、青い装飾のモスクに対し、こう言った落ち着いた色の装飾もまた一興です。

IMG_3229
IMG_3228

庭園の中にあるハマム(イスラム風呂)では時の宰相が殺されるなど、いろんな歴史の舞台にもなったそうです。
IMG_3234


【お知らせ】
ブログの書籍化について、文章部分は完成し、現在入稿作業に入りました!
予定通り12月には出版します!
皆様の旅欲をハードに満たしていただける本になったと思います。

メインの観光やらお祭りのことを書き綴った
「酔う子とピラニアのからあげ」

レシピや食のコラム
「酔う子とドリアンのまるやき」

愛するお酒を現地で作って飲んできた渾身のレポ
「酔う子とひつじさんの酒だる」

実は一番面白いかもしれない、読む人を選ぶネタをかき集めた
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

image

ご予約はこちら!
↓↓↓
酔う子の世界一周報告会 イラン編
https://peatix.com/event/1677625


ソムリエ酔う子が世界一周してきた旅の報告会第2段!
今回は行けなさそうで意外と行ける、ディープなイスラム世界イランをご紹介します。

砂漠でハッスルしてみたり、
密造酒を味わったり、
引き込まれるキレイなモスクたち!
文字に書けないネタ含めて約3週間のイラン滞在よもやま話を、
今回もここでしか食べられないイラン料理と一緒にお届けします!
(イランは禁酒国なので、今回はお酒は別料金です。)

場所: Cafe des Soleils
   世田谷区大原1-9-13
日時: 2020年11月28日 12:30-14:30
料金: 3000円

メニュー
ゾロアスター風レンズ豆のスープ(シュリ)
ナスとトマトのふわふわなめろう(ミルザガセミ)
白身魚のタマリンドソース(ガリエマヒ)
ご飯(バスマティライス)
イラン紅茶1杯つき

ドリンク(別料金)
イラン紅茶 300円
赤ワイン 600円
スパイスワイン 650円

※2800円のチケットはブラジル編に来場され、かつ当日に当イベントにご参加表明いただいた方のみ購入可能です(購入時に名前が出ます)。
※内容は一部変更の可能性があります。
※ご来場時はマスクの着用をお願いいたします。
※勧誘目的でのご来場はご遠慮願います。

ご予約はこちら
↓↓↓
酔う子の世界一周報告会 イラン編
https://peatix.com/event/1677625

このページのトップヘ