酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: ロシア・Russia

初めてロシアに行った18の時に一口齧って感動したチーズ菓子、シローク。
いつも行くたびにお腹ピッピになりながら食べまくっていました(乳糖不耐症)。
帰国したらないことに耐えられず、たまにカッテージチーズから作っていました。


それがどうやらやっと日本に輸入されたようでカルディで買えるようになったみたいです。
シロークの中でも現地でもちょいイケてるシロークのアレクサンドロフブランドのやつが輸入されてます。
あと銀座に赤の広場っていうロシア食材のお店ができて、そこにはさらにたくさんの種類があるみたいです。
最高です、輸入業者も売ってる店もめっちゃ偉いです。
私は嬉しいです、喜びの舞を踊り狂っています。
IMG_4232

たまたま写真撮ったやつがホワイトなんですが、カッテージチーズ(牛乳を加熱してレモン汁を加えて絞ったもの)を甘くしてさらにチョココーディングしたっていうやつです。
罪深いです。
カロリーは気にしてはいけません。
ちょっとまじ美味しいので、売ってる店を増やすがために、これだけは布教すべく載せておきます。
IMG_4233




【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」



オリビエサラダはロシア革命のちょっと前にロシアで考案されたじゃがいもとマヨネーズのサラダで、日本のポテトサラダのベースになったと言われるものです。
角切りにしたじゃがいも、にんじん、ゆで卵、ピクルスなんかをマヨネーズで和えます。
前回の旅でロシアに行かなかった私がオリビエサラダに出会ったのは、なんとイランでした。
イランの国内線(よく落ちると話題)の機内食で出てきたのは、じゃがいもがマッシュされた、日本で見慣れたポテサラでした。
どういう経路を辿ってイランで広まったのか、機内食で出るということはきっとイランでも人気なのでしょう。
FullSizeRender

この日は友人の立花奈央子さんが調理風景の写真を撮ってくださる日、メインはボルシチなので、サラダはオリビエサラダを作ることにしました。

オリビエサラダ

材料
じゃがいも 2個
ゆで卵 1個
にんじん 3分の1くらい
きゅうりのピクルス 2本くらい
マヨネーズとか 適量

じゃがいも、ゆで卵、にんじんは茹でておきます
IMG_4222

皮むきが絵になってるすごい
IMG_4212

具材は角切りにします。
IMG_4223

マヨネーズで和えるのですが、マヨネーズはあまり好きでは無いので手作りのドレッシングを使いました。
イルキャンティ行ったことないけどこのレシピめっちゃ好き。



IMG_4216

できました!

IMG_4215

ついでに可愛く撮ってもらったゼノもみてほしい
IMG_4221



【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


友人の写真家、立花奈央子さんに調理風景と料理の写真を撮ってもらいました!
メニューの一つはフォトジェニックに色が出るボルシチにしました。

ボルシチ 5人分くらい
材料
牛肉シチュー用 200-300グラム
ビーツ 缶半分
キャベツ 4分の1
にんじん 半分
玉ねぎ 4分の1
ケチャップ 大さじ1くらい
ローリエ1枚

作り方
キャベツは大きめの千切り、玉ねぎはくし切り、にんじんは小さめの乱切りにします。IMG_4217

肉を炒め、表面に焼き色をつけます。
色づいたら玉ねぎなどを入れて軽く炒めます。
火が通ったら水を入れます。
煮たって灰汁が出たら適宜取ります。
IMG_4219

ビーツは千切りにして、鍋に入れます。
煮汁も鍋に入れてしまいます。
IMG_4211

ケチャップとローリエを入れ、圧力鍋で一回マックスまで圧をかけて火を止め、圧が下がるのを待ちます。

IMG_4218

圧が下がったら、塩で調味して完成です。

IMG_4213

盛り付ける時は、サワークリームの代わりにヨーグルトをのせます。
セブンイレブンのプライベートブランドのヨーグルトはマジで現地のサワークリームに近いのでオススメです。
それとディルを散らします。

IMG_4210

あとねこ。

IMG_4209

完全です!
IMG_4214

このスープは牛から十分に旨味が出るため、塩だけで味付けが完了します。
もし他の肉を使う場合は、チキンブイヨンや味の素など入れないと、物足りない味になると思います。

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」

ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 
世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」

他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


仕事も平和におさまったり、久々に何にも追われることのない平穏な日々を過ごしています。
最近コンビニで東欧料理が売られる事案が多発しています。
ファミマはジョージアのシュクメルリ祭りですが、ミニストップではチキンキエフというウクライナ料理が売られています。
私が初めてこれを食べたのはロシア料理屋さんでした。
旧ソ連圏の料理はロシアでも人気で、ロシア料理とごっちゃになってる感じがします。
新しくブログのカテゴリ作るのも面倒という理由でロシア?というタイトルで書きます。

チキンキエフ、котлета по-киевски はチキンの中からバターソースがトロッと出てくる料理です。
昔から大好きでたまに作っていたのですが、鶏むねに切れ目を入れてバターを詰め込むもなんかうまくいかなくて、揚げてる最中にバターが流出してしまっていました。
今回鳥ミンチでやるという映像を見たので、作ってみました。

キエフスキーカツレツ
材料

鳥ミンチ 500グラム
玉ねぎ 4分の1
バター 30グラム程度
ディル 小さじ1
パン粉、小麦粉、ときたまご 適量

作り方
バターを室温にもどし、ディルを混ぜてソースを作る。
ソースはラップに開け、細長くソーセージ的な形に整え、冷蔵庫で再び冷やす。
玉ねぎはみじん切りにし、鳥ミンチに混ぜる。
塩を小さじ2杯ほどおなじく鳥ミンチに混ぜ、よくこねる。
ソースが固まったら、2-3センチの長さに切り、鳥ミンチの真ん中に入れて包んでいく。
衣をつけて揚げ、完成!
IMG_3984

ドキドキしながら切ってみると、、ちゃんとソースが出ました!
これなら失敗しにくくて大変良いです。
ミニストップのチキンキエフはなんか縦持ちになっており、大惨事になりそうでしたが、どうやらそんなことはなく、クリーミーなバターが詰まっているようです。

IMG_3985

世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」


ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」


世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」


他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

友人に沢山蕎麦の実を頂きました。
日本の蕎麦の実ってこんなに白くてむしろ緑なんだと驚きました。
今まで食べてた蕎麦の実といえばロシア産のもので、袋に入って売ってるやつはすでに全体的に茶色だったので、かなり炒ってあったんだと思います。
IMG_2810

ロシアの主食と蕎麦の実についてはこちらの記事を参照。

せっかくなので、わたしが一番美味しいと思う蕎麦の実のラタトゥイユかけを作ろうと思います。


蕎麦の実のラタトゥイユかけ
2人
材料
蕎麦の実 1合
ラタトゥイユの材料
 トマト
 玉ねぎ
 にんにく
 にんじん
 ナス
 ズッキーニ など好きな野菜

作り方
ラタトゥイユを作っておく。
今回はテイクアウトしたため画像なし。
具材はざっくりと切る(にんじんは硬いのでやや小さめ)。
オリーブオイルでにんにくと玉ねぎを炒めたら、他の具材を入れ、少し煮る。
沸騰してから5分後に見て、水分が半分以下なら水を半分くらいまで足して、ほかの具材がくたっとするまで煮る。
調味は塩胡椒。

蕎麦の実を茶色くなるまで炒る。
IMG_2811

鍋に移し、お湯を入れて灰汁をとりながら煮る。
15分ほどで柔らかくなるので、お湯を捨てる。
ロシア人はこの熱々の蕎麦の実に塩をかけてバターを落として食べる。
IMG_2815

碗に盛り、ラタトゥイユをかけて完成!
仕上げに粉チーズをかけるとなお良い。
IMG_2816

やはり蕎麦の実は炒るととても香ばしくて美味しいです!
香ばしさとラタトゥイユが絶妙にマッチし、美味しいリゾットみたいになります。
野菜たっぷり、ベジタリアンメニューだけど満足感もあるし、ビタミンも食物繊維も沢山取れるのでとてもオススメです!


このページのトップヘ