酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: ロシア・Russia


バイカル湖に行った時大変感動したのは、バイカル湖にしか生息しない魚オームリの燻製の美味さである。
味は例えるならホッケ、大根おろしが欲しい味である。
そして2回目に行く機会があったので、その時はフリーズドライの大根おろしと日本酒を持参した。

バイカル湖のほとりの街、リストビャンカのお土産物屋さんゾーンでは湯気が立ち上り、オームリ、オームリと呼び声が聞こえる。
正直海外の魚って、しかも水産物はだいたい缶詰や冷凍で売られてるロシアなので全く期待していなかった。
オームリは温燻と冷燻が選べて、その場で食べるなら断然温燻である。
湯気が立ち上るせいろのような木製の容器の蓋をカパッと開けると、燻製のいい香りと魚の匂いがフワフワやってくる。
正直もうこれだけで飲める。

近くのカフェに魚をもちこみ、一番でかいビールを注文して飲みながらいただく。
お箸はないので手掴みで食べる。
プリッとしていて身離れがよく、身もたくさんついている。
なんかもう気分は完全に金曜日の夜の居酒屋でホッケをかっ食らってる感じである。
もう、あの蓋を開けたところの香ばしい湯気モワッのところからもう一回やるためだけにまたここに来たいとすら思える。
1A3552BA-2FD6-4415-95AF-258F76751240

ということで、焼き魚を食べてもお腹を壊さない程度に回復したのでこれを作ってみようと思う。

フライパンにアルミホイルを敷き、その上に緑茶の葉っぱと砂糖を置く。
これが初燻製なので量はなんか適当にやる。
ひとまずお茶っ葉小さじ半分と、砂糖小さじ1くらいを均等にアルミホイルに撒く。

その上に蒸し器を置いて、魚を乗せたら蓋をして火をつける。
煙が出てきたら弱火にして20分放置する。
火を止めてから40分ほど放置して完成。IMG_5592

出来上がり!
大変いい感じに飴色になってくれた。
ロシアの燻製機はなんか同時に蒸しっぽいこともしていたのか、あのモワッはなかったけど、なんかものすごくプリップリに仕上がった。
皮を下にしたからか、身の方にはあまり香りがついていないけど、大変美味しく出来上がったので、試行錯誤しつつ他の魚でも今後こうやって調理していこうと思った!
IMG_5593


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book



大学時代はロシア語を専攻し、ロシア料理屋さんでバイトしてました。
もちろんロシアにも一度行ったことがあったりと、かなりロシアどっぷりな4年間を過ごしてから東京に出てきました。
このロシアどっぷり生活が恋しくて、当時住んでいた明大前付近から探した行きやすいロシア料理屋さんがここでした。

こちらのお料理はバイトしていたお店よりもロシアの味に近く、ランチはお値段もお手頃ですごくたっぷり食べられました。
アラカルトで頼んでもなんでも美味しくて、ハズレがありません。

もう一つポイントが高いのは、ジョージア料理を扱っているところです。
ものによっては平日のみだったり予約必要だったりしますが、食べる価値大ありです。

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book




旧ソ連圏あたりのお店でたまに見かけるのが緑のソーダ。
これはクリームソーダの中身とかではなく、タラゴン(ロシア語でタルフン)のソーダです。
tarhun_but

あまりにも毒々しいその見た目に、まさかハーブが原料だとは思いもしませんでした。

最近野草(というか雑草)を食べることにハマっており、よもぎを食らっている私は、タラゴンがよもぎ科であることを知り、これはもしかして作れる流れではなかろうかと思って調べたら案の定作り方を見つけました。
タラゴンソーダ
材料
タラゴン100グラム
白砂糖150グラム
レモンとライム2こずつ
水200cc
ガスウォーター2リットル

作り方
よもぎを摘むときは、酢を2~3倍くらいに薄めてスプレー容器でもっていき、摘むあたりに軽くスプレーしてから摘みます(虫除け)。
摘んだよもぎを入れるビニールの中にも酢をスプレーしておきます。
洗う時は酢かワインに10分くらいつけてから水で洗いました。
何故ここまでするかというと、先日よく洗ったはずのよもぎでスープを作ったらめちゃくちゃ虫が浮いてきたからです。
私は吹きかけるのは園芸用品のところで売ってるアースガーデンの「やさお酢」というのを使っています。

お鍋に水と砂糖を入れ、火にかけます。
お砂糖を完全に溶かします。
あーー、うち茶色い砂糖しかなかったなあ、と後悔しました。
IMG_5186

砂糖が溶けたら洗ったよもぎを入れ、10分ほど煮て、蓋をして2-3時間置き、レモン汁を入れます。
IMG_5187


それを炭酸水と混ぜ合わせて完成です!
茶色い砂糖で作ってしまったのは完全に失敗でした。
よもぎの苦味は砂糖で緩和され、香りさえ嫌いでなければ飲みやすくなっています。
着色料まみれの現地タラゴンソーダより、もしかしたら健康的で日本人にあっているかもしれません。
IMG_5217

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」
English translation of my book



クバスを仕込んでわずか1日、暑くなってきているため速攻クバスができました。
出来上がったクバスは冷蔵庫で保管します。IMG_5094

そんなクバスを使って冷製サラダスープ、アクローシカを作ってみようと思います。
クバス作るのが面倒な人は、黒ホッピーで代用してください。

アクローシカ
材料
クバス 材料を入れてからひたひたになるくらい
きゅうり 1本
玉ねぎ 8分の1個
茹で卵 1個
ウインナー 4本
じゃがいも 1個
ディル 適量
ヨーグルト スプーン1杯

作り方
きゅうり、玉ねぎはみじん切りにします。
卵とじゃがいもは茹でてから賽の目に切ります。
ウインナーは輪切りにして炙っておきます。
IMG_5093

材料を器に盛り、クバスを入れ、塩をひとつまみ入れて軽く混ぜます。
ヨーグルトとディルを飾って完成!
FullSizeRender

想像できないかもしれませんが、意外なうまさです。
食べてみたいけど作るのは面倒な人は、ホッピー黒で代用してください。
夏バテの人も食べれそうなしゅわしゅわサラダスープ、是非お試しください!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」

ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 
世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」

他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book


ロシアの微発酵飲料、クバスとかクバースとかクワスとけ言われるものを仕込みました。
見た目はコーラそっくりですが、本来はライ麦パンから発酵させて作ります。

夏のロシアといえばクバス、路上にはクバスを売る車が現れます。
IMG_5090

また、アクローシカという、クワスを使ったスープなんかも美味しいです。
クワスが完成したら作ります。

クワス
材料
パン(できれば黒パン)  2切れ
水 2.1リットル
砂糖 60グラム
イースト 3グラム

作り方
パンは黒こげになるまでよく焼きます。
私は魚焼きグリルで焼いて燃えてました。消毒した瓶に材料を全て入れ、蓋をしてよく振り混ぜます。
混ざったら、爆発しないよう軽く蓋を開けて、発酵が進むのを数日待ちます。
IMG_5089


理想の見た目はコーラとか黒ビールの色です。

暖かくなってきたので、すぐ飲み頃になると思われます。
乞うご期待!


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book



このページのトップヘ