カテゴリ: 料理

メキシコに来て、多分普通のビールよりもよく見かけるのが、このミチェラーダというもの。
ビアグラスの口に塩をつけ、レモンジュースとビールを混ぜる、ビールで作るソルティドッグみたいなのがミチェラーダです。
唇の皮が剥けていたりすると、なかなか悲劇的にしみます。
IMG_8046

プロレス会場で見るミチェラーダはこちら。
この赤いのがドロッとついてます。
おそらくトウガラシのこなと少量の砂糖を混ぜたドロドロをつけて、ゴマをかけています。
このドロドロ部分はちょうど梅干しのような味です。
ビールの中には上記同様レモンジュースを入れます。
IMG_8465

そしてこのプロレスミチェラーダ、悲劇的なのが早く周りを舐めないとめちゃくちゃ垂れてくること。
まだ飲み慣れておらず、普通のビールがいいなあと感じるところです。
IMG_8468

バルバッコア、とは英語メニューを見るとバーベキューと書いてあったんですが、実際モノを見ると全く違ってたので、そのお話です。
今回は3人用のセットを頼んだのでそのお話です。

まずはソースとトウモロコシチップスがやってきます。
これは肉とスープの薬味です。
IMG_8087

お肉とスープが来ました。
バルバッコアとは英語ではバーベキューと訳されるようですが、メキシコにおけるバルバッコアは蒸し肉です。
そこに先ほどのソースをつけて食べます。
ソース一つ一つは結構酸っぱ辛いんですが、肉の脂と相まって、酸味も辛さもちょうど良くなります。
ソースそのものも、肉も、味の変貌ぶりには驚きました。
IMG_8089

上の写真のスープは、到着時は薬味が入っていません。
この時はかなり獣臭い、米とひよこ豆の入ったスープです。
そこに自分でライムを絞り、玉ねぎとコリアンダーの薬味を入れます。
するとこちらも大変身、途端に美味しいスープになります!
IMG_8090

バルバッコアとはアステカ時代から続く伝統的なお肉のご馳走用の調理法です。
蒸すためにもアガベの葉っぱを使うなど、こだわりポイントがたくさんある大変面白いもののようです!

ある日朝ごはんで頼んだ、チラキレスという料理です。
この卵の下には、ドンタコスのようなトウモロコシチップスが入っています。
スープ部分は緑色の、結構辛いです。
私は緑のスープを選びましたが、赤も選べます。
上からはチーズがかけられ、豆のシチューのフリホーレスと一緒に辛いスープをまろやかにしてくれます。
朝から食べるには少々辛い味で、正直ビールのつまみにしたい一品でした!
IMG_7911

メキシコシティサン・フアン市場は、食料品からお土産まで手広く揃う市場です。

メキシコは昔からタンパク源が少なく、虫を食べるレベルでした。
道端でもよくバケツに入った虫が売られているのですが、買っている人を見たことがないため、手を出せずにおりました。
ここサン・フアン市場ではちゃんと食べる用に虫が売られています。

ずらっと並ぶ虫さんたち。
タランチュラもありましたがちょっと生前のお姿を前にしたあとは食べる気になりませんでした。
IMG_8010

お店の人に一番のおススメを聞いたところコイツを勧められました。
FullSizeRender

コタキナバルの幼虫の踊り食いが一瞬頭をよぎります。
あの時焼いてもらったけど食べるの辛かった。
IMG_8018

いざ実食。
IMG_8022

あれっ、これは知ってる味。
IMG_8023

カッパえびせんの味がして美味しい!
IMG_8026

美味しいです!って言ったらお兄さんも、せやろ?言うたやん、と。
IMG_8032

最後にメスカルをキュッとして締めます。
IMG_8033

生魚って世界でも手に入りにくい食材だと思います。
フランスでは生牡蠣をモリモリ食べて満たされていたのですが、イギリスに行くと途端にフィッシュ&チップスくらいしか魚がなくなります。
そしてメキシコ。
期待してなかったけど偶然見つけてしまいました!

フリーダカーロ美術館の近くにあるコヨアカン市場、その中には軽食屋さんが並んでいます。
そして誘うように現れる、生魚。
これをパリパリの揚げたトルティーヤに乗せてもらって、1個30ペソ!
これをトスターダと言います。
生魚だもの、払う!
IMG_7924

こちらがセビーチェのトスターダ。
和えられているコリアンダーが絶妙。
IMG_7925

これはホタテの貝柱のトスターダ。
クリーミーなソース(マヨネーズ?)とチーズが不思議にマッチして大変美味でした!
IMG_7926

具はこんな感じで横から見ても盛られているくらいたくさんついてきます。
私はの生魚欲は大いに満たされました!
IMG_7945

↑このページのトップヘ