酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: 料理・Food and Recipe

体重が7キロ減りました。
胃腸は植物性油脂なら耐えられる程度に良くなってますが、バターとか乳脂肪、動物性油脂はお腹ものすごいことなります。
意識的にタンパク質取ってますが、食べられるものが少なくて飽きます。
私が食べられる数少ない動物性タンパク質に鶏ハムがあります。
なのでいろんな味付けにして作ってみました。

これを棒棒鶏にしました。



サラダチキン棒棒鶏 1人分
材料
サラダチキン 3スライス
きゅうり 半分
ごまだれ
 タヒニ 小さじ2
 醤油 小さじ1
 みりん 小さじ1
 デーツシロップ 小さじ1


作り方
具材を千切りにします。
サラダチキンはケバブ味を使いました。
FullSizeRender

ごまだれの材料を混ぜます。
IMG_5501

そうめんの上に盛り付けました。
簡単!!!
FullSizeRender

タヒニって、ごまってほんとどこの国の料理にも合うと思うんです。
今回はハムもケバブ味だから特にタヒニを使ったごまだれによく合います。
鶏ハム、一つ作るとかなりバリエーションも広がるし、いつでも切って食べられるし、とても便利です!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book




胃が悪くなってから油物を一切受け付けなくなりました。
サラダチキンとか鶏ハムはギリギリ食べられるのですが買うとまあまあお値段するので、手作りすることにしました。
同じ味だと飽きてしまうので、今日はいろんな味を作ります。

鶏ハム
材料
鶏胸肉 1個あたり1ポンド(450グラムくらい)
塩 小さじ半分
ポリ袋

ブルゴーニュ風
タイム 小さじ半分
赤ワイン 大さじ2
コショウ 少々
鷹の爪 1個

ケバブ風
すりおろし玉ねぎ 8分の1個ぶん
すりおろしにんにく ひとかけぶん
クミン 少々
粉唐辛子 少々
トマトピューレ 小さじ1

タンドリーチキン風
すりおろし玉ねぎ 8分の1個分
すりおろしにんにく ひとかけぶん
コリアンダー 小さじ半分
クミン 小さじ4分の1
ターメリック 小さじ4分の1
唐辛子 少々

作り方
鶏胸肉です。
わたしは皮は今食べられないので剥がします。FullSizeRender

鶏肉と材料をポリ袋に入れます。
私が使ってるのはこれで298円とかだったはず。
IMG_5456

玉ねぎをすりおろし、ケバブ風とタンドリーチキン風の方に入れます。
これは面倒でもすりおろしてください。
みじん切りではダメです。
ニンニクはチューブを活用しましょう。
IMG_5457

材料を入れてよく揉み込み、こんな感じになりました。
赤ワインが入ってるやつはアルコールのおかげで鶏肉に早く味が沁みるけど、他のやつは30分ほど放置して味を染み込ませます。
IMG_5458

30分経ったら沸騰したお湯に入れます。
15分ほど火にかけてグラグラさせたら、火を止めて触れる温度になるまで放置します。
その後一晩置いたら食べごろになります!
IMG_5459

これ、作りおきしておけば冷凍で保存することもできます。
汁もすごくいい出汁が出てるので、素麺や冷麺なんかに入れて食べています。
さらにこのポリ袋調理を応用すれば、ラタトゥイユやシチューなんかをこれで作っておくことができます。
ご活用ください!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book



以前膵臓ぶっ壊して食べれなくなった時は、食べないことが一番の治療と言われて、野菜サラダにノンオイルドレッシングかけたやつを1日一食とかで食べてました。
当時出張中でコンビニメシするしかなくて、サラダチキンが売られる前だったし、栄養の知識もなくてそんな食生活してたら1ヶ月で7キロ落ちましたが、おそらく筋肉もごっそり落ちたと思います。

今回の空前絶後の食欲不振ではタンパク質は意識して取るようにしています。
プロテインバーがこんなうまいと思ったことはありませんでした。
あと食べられるものは、とうふ、ゆで卵、ちくわ、サラダチキンくらいです。

サラダチキンは買ったら高いので、ハナマサのキロ500円くらいの鶏むねで自作しています。
ビニール袋に塩小さじ半分と好きなスパイス(ローリエ、タイムなど)、鷹の爪、お酒大さじ1入れて軽く揉み、しっかり縛ってお湯に投入して15分ほど煮たらあとは余熱です。
大量に作って冷凍しています。

ゆで卵とちくわを細かく切り、気分で豆腐かサラダチキンを少し入れてご飯茶碗一杯くらいになるところに、お漬物をぶっかけたものを食べるのが最近のタンパク質摂取のマイブームです。
IMG_5445


お漬物はこれです。
そうめんにもいいし、お豆腐にかけるのもいいです。
今2週間で4キロくらい落ちて、そこから落ち具合が緩やかになった気がしてます。

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book




今まで生きてきて、こんなに漬物が美味しいと思ったことはありません。
そんな生まれて初めての夏バテです。
米が食えません。
そうめんとか、つけものとか、豆腐とか漬物を食べて生きています。
鍼に通い、食べる量を減らし、よもぎ蒸しなんかにも行ってみて、4キロほど落としました。
食欲をなくして約3週間、コロナワクチン2回めを打って3日は熱が下がらず、それを乗り越えるとちょっと米を食べる気になりました。
少量の玄米をお粥にして、さらにお茶をかけてのばしたりして食べてます。
そしてやっぱ漬物が欲しいと思いました。


ニンニクバジル柴漬け
材料
きゅうり3本
にんにく 2かけ
バジル 好きなだけ
クエン酸 小さじ半分
みりん 小さじ1.5

作り方
きゅうりを輪切りにして、分量外の塩をまぶし、重石をしてしばらく置きます。
うちには漬物マシンはなかったので、フライパンにきゅうりを置き、上から水を入れたストウブを置いて水抜きしました。

水が抜けてしなしなのヘロヘロになったらジップロックに入れ、刻んだニンニクとバジル、クエン酸とみりんを入れて揉み、しばらく置きます。

完成がこちら、作ってから他の漬物を消費していたため着手が遅れ、結果1週間寝かせることになりました。
バジルは緑色の紫バジルを使ったので、もう少しピンクになる算段でしたが、もっと入れてもよかったなと思っているところです。IMG_5438


めちゃくちゃ美味しいので是非挑戦してみてください!


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book



暑い日が続いています。
相も変わらず私の体は食べ物をあまり受け付けません。
2週間で4キロくらい痩せましたが、タンパク質を意識的に取ることでちょっと減りを緩やかにしたところです。
食べれるものはそうめん、とうふ、ちくわ、ゆで卵、サラダチキン、お漬物など。
サラダチキンもあまり安くないので、ハナマサで安い鶏胸肉買ってきてはサラダチキンを作っています。

こんなにバテても暑くても外に出ないといけない日はあるわけで、そんな時の救世主がポカリ的なやつです。
そしてワクチン接種2回目を控え、副反応に備えてポカリを買いに行くのが嫌すぎて、自分で作ることを思いつきました。

ポカリ的なもの
水 500cc
塩 指先でひとつまみ
砂糖 小さじ半分
レモン汁 ポッカレモンひとおし

これで甘さ控えめなものが出来上がるのですが、砂糖と果汁の喉にまとわりつく感じがとても嫌いで、塩だけで美味しく作る方法を考えました。

酔う子のポカリ
レモンバーム茶 500cc
塩 指先でひとつまみ

これでかなり飲みやすくなります!
なんなら暖かいままでも大変美味しいです!
酸味が欲しい場合はクエン酸が良いかも知れない、と思ってます。
ハーブティーはミントやカモミールも美味しいと思います。
お試しください!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」


ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」


他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book


このページのトップヘ