カテゴリ: 料理

トルコワイン、白ワイン編です。
やっぱりここにいるなら希少品種とか、ヨーロッパや日本にはないやつを出来るだけ飲みたい。

2015年、ぶどうはナーリンジェ。
昨年ナーリンジェの2017年、一年くらいしか経ってないやつを飲んだところ、味も香りもほとんどないまるで水のようなワインだったので、しっかり品種の味が出てるやつがいいと思い、今回は2015年をチョイスしました。
色は確かに黄色味が増していましたが、味は特に個性がなく、むしろ水みたいなやつの方が個性が出ているのかもしれない、と思いました。
IMG_3464

生産地域はアナトリア地方、カッパドキアの方です。
アプリコットのニュアンス、と書かれており、こっちのアプリコットはかなりみずみずしいので、味がないくらいでちょうどいいのかもしれません。
IMG_3873

こちらもカッパドキア、アナトリア地方のワインです。
ぶどう品種はエミール。
昨年飲んだのはブレンドだったので、敢えて単一品種、且つ年代上めを選びました。
カッパドキアは見ての通り剥き出しの石灰土壌で、例に漏れずこのエミールもかなりミネラリー、柑橘の香りが鼻に刺さってくるような感じでした。
お味もなかなかフルーティーで飲みやすく、ムール貝のピラフ詰めが大変に捗り、40個を一人で消費してしまいました。
IMG_3869

裏にはミネラリーだとか、魚料理に合うよ、と言ったことが書かれています。
IMG_3870

私的にいつまでも飲んでいたい傑作ワインがこちら!
セミスイートというか甘くてジュースみたいな美味しいワインです。
お値段底値は40リラ!本日のレートで1000円切ってます!
品種はミスケット、生産年は2018年でしょうか。
土壌がミネラリーなのがよくわかるくらい、注いだ瞬間からぶどうの香りが漂います。
柑橘ではなくぶどうそのもの、なんかトロンテスっぽい、と言った感じで、ミスケットとはマスカット オブ アレクサンドリアのことなのかな?と思いました。
IMG_3879

生産地域はデニズリ、エーゲ海から内陸に3時間ほど行った、パムッカレなどが有名な地域です。
ミネラリーなのも納得。
IMG_3880

トルコで色々飲んでるので、まとめます。

まずはトルコを代表するビール、エフェス。
エフェスというのはトルコ語でエフェソスのことで、地名です。
ピルスナーは軽くて臭みも少なく、ぐいぐい飲めます。
軽いとは言えイランあがりの私には立派なビールです。
最近はエフェスのモルツや、パッケージ違いなんかも出ています。
IMG_3682

エフェスから派生したブランド、ボモンティ。
こちらの方がエフェスよりさらに軽いです。
もはやソーダです。
水タバコ吸う時とか、クラっとくるときはこれを飲むのが体調的にいいなとおもいました。
IMG_3688

ツボルグ。
デンマークのブランドですが、トルコ国内流通ぶんはトルコで作っています。
工場はイズミルにあり、隣にはエフェスビールの工場がありました。
苦味や香りのバランスもなかなかよく、味的には私はこれが好きですが、雰囲気的に、せっかくトルコだしエフェス、、とかも思ったりして板挟みになっています。
IMG_3683

中東近辺の料理で、トマト煮込みに卵を落とした料理が各地であります。
おそらくその流れを汲んでいると思われるのがこちらメネメンです。
卵OKベジタリアンであれば食べれます!

メネメン
材料
玉ねぎ
ピーマン
トマト

作り方
多めのオリーブオイルで、粗みじん切りにした玉ねぎとピーマンを炒めます。
とてもよく炒めます。少なくとも15分くらい炒めてました。
しかし油多めなので、ほぼ放置な感じでした。
IMG_3956

トマトを粗みじん切りにして投入し、トロトロになるまでさらに放置します。
トマト缶を使ってもいいかもしれません。

塩を適当に入れます。

その後卵を割り入れ、適当にくしゃくしゃかき混ぜて放置します。
IMG_3958

出来上がり!
オリーブオイルが旨味を引き立ててくれます。
IMG_3959

これはお店で出てきたやつ。
卵多めでした。
玉ねぎがあると旨味が格段に増します。
FullSizeRender

冷蔵庫のサクランボが熟してきたので、そろそろジャムにしてはどうかと提案したところ、実の部分は無事ジャムになりました。

そしてそのタネと茎の部分。
これを干してカラカラになったところでお湯で煮出してお茶にします。
本来は残骸1キロ分ぐらい大鍋で煮出すそうです
うす赤い感じの液体になります。
味は、ほんのり酸味がある感じ。

これがなんとトルコ流減肥茶だということです。
もうすぐフランスでマラソンあるわ、痩せねば、と口だけ言ってた私にトルコ人の友達が勧めてくれた方法。
動く量よりカロリー摂取量が多いため、まだ効果は実感できていないのですが、今のところ利尿作用はすごいあります。
IMG_3893

ギュべチ
野菜とお肉のトマト煮込みですが、友達がベジタリアンのため、お肉は入れずに作ります。
本当は土鍋で煮るのが正式だそうです。

材料
玉ねぎ
じゃがいも
ピーマン
なす
トマト
ラム肉(今回は省略)
マーガリン

作り方
玉ねぎを粗めに切り、鍋底に敷き詰めます。
その上からピーマン、じゃがいも、なす、トマトをゴロゴロといれます。
肉も恐らくこの段階で入れます。
IMG_3884

マーガリン投入。
これはこのでかいスプーンで4回すくうくらい入れました。
すごいように見えますが、なすが全部吸っちゃうのでモーマンタイです。
IMG_3886

水をカップ3くらいと塩を入れ、火にかけます。
結局45分くらい煮てました。
IMG_3887

ピラウ
お料理の付け合わせにするご飯です。
お米が少ししかなかったので、パスタ多めです。

作り方
フライパンにバターをたっぷりとかします。
そこにパスタと米を投入し、よく炒めます。
中指の第一関節が隠れるくらいの水と塩を少々入れ、炊きます。
日本とは違い、時々蓋を取って混ぜていました。
IMG_3889

水がなくなったら、米を蒸らします。
こちらのお宅はこんな感じで蒸らしていました。
IMG_3890

完成です!
IMG_3891

↑このページのトップヘ