酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: 料理・Food and Recipe

カロリーの高いものは、だいたいおいしいものです。
今日のはカロリーしかありません。
マラソンとか、運動の時の補給食とかにいいんじゃないでしょうか。

この前の旅では、ずっと行ってみたかったイギリスはスコットランドに行きました。
エディンバラの街を荷物引きずって歩いてる時に目につく、「スコットランド名物タブレット」の文字。
タブレットと言われると、フリスク的なものとか、iPadなんかを想像してしまいます。
その日は夜遅く、お店が閉まっていたので、翌朝ツアーの道すがら1つ買ってみました。
FullSizeRender

想像していたどんなタブレットとも違うやつが来ました。
味はまるでチェルシーのバタースコッチ味、食感はサクサクとして、ほろっと口の中で溶けていきます。
美味しいんだけど死ぬほど甘いです。
デブまっしぐらです。
このサイズのタブレットが1つあれば、観光しまくっても1日お腹が空くことはありませんでした。

そんなタブレットを作ってみました。
そして失敗しました。
とことん私はお菓子作りと縁が無いです。
この前からケーキを爆発させたり、石を生成したりしています。
ネットでみつけた本場レシピの半量で作りますが、軽く5人くらいいないと消費できない量ができました。
5人で1週間くらいかかりそう。
そして全てがデブになる。


スコティッシュタブレット
材料(分量は正しいです)
砂糖 452グラム
牛乳 200cc
コンデンスミルク 缶半分
バター 25グラム

作り方
まず鍋は大きめ深めのものを使いましょう。
途中砂糖が泡立って倍くらいになります。
混ぜるやつは木べらなど、柄の長いものを使いましょう。
材料はあらかじめ計っておきましょう。
途中混ぜる手を止めることはできません。

砂糖と牛乳を鍋に入れて火にかけ、溶かします。
火は弱めです。
このときくっつかないようにしっかり混ぜ続けます。
三温糖を使ったので最初から茶色いです。
IMG_2901

バターとコンデンスミルクを入れて混ぜ続けます。
IMG_2903

全てが溶けるとぶわーっと泡立ってきます。
この泡が元のかさまで戻り、とろみがついてくるまでどんどん混ぜます。
(私はここで鍋を変えました)
IMG_2905

いい感じになってきました。
IMG_2906

ここで水の中に液体を入れると固まります。
IMG_2907

指ですくうとこんな感じです。
多分これで完成です。
IMG_2908

アルミホイルを敷いたバットなどの容器に液体を流し入れ、粗熱をとったら冷蔵庫に入れて固めます。
IMG_2910

ちなみに、バットのうち1つはゲランドの塩を入れて混ぜました。
これも感じが違って美味しいです。
IMG_2909



結果、サクサクになるはずだったのに、冷蔵庫にいれても固めのキャラメルクリームみたいになって、サクサク固まりませんでした。
味は美味しいです。
アルミホイルにぬちゃーっとひっついて終わっています。
仕方がないので、別のお菓子に流用(食パンに乗せて焼くなど)しようと思います。

固まらなかった失敗の原因は、煮詰めるときの火力だそうです。
まあまあの強火でやる必要があり、焦げ付かないように混ぜ続ける必要があったそうです。

塩たらを3日かけて水で戻しました。

今日はこれを使って料理します!
IMG_2871

ソムリエ教本にも載っていて、試験前に作ってみたブランダードというタラとじゃがいものマッシュポテトみたいなやつ。
当時は干し鱈もわざわざ買わず、普通のそこら辺の切り身のタラを使いました。
美味しかったけど、なんか特に印象にも残らない味でした。

しかしフランス現地で食べたブランダードは、舌に干し鱈の繊維が触るようなざらつきと、たっぷり使われたハーブがとてもワインを飲みたくなる逸品でした。
せっかく干し鱈があるので作ってみようと思います。


ブランダード
2人分くらい
材料
もどした塩たら 2枚
じゃがいも 小4つ
牛乳 1.5カップ
にんにく 2かけ
ローリエ 1枚
タイム 大さじ1

作り方
塩たらは皮を剥き、2センチ幅くらいに切って鍋に入れます。
その鍋に、牛乳、にんにく、ローリエ、タイムを入れて煮ます。
沸騰したら弱火にし、吹きこぼれないよう気を付けながら5分くらい煮ます。
IMG_2872

その間にじゃがいもを茹でます。
私は早く火を通したいので、小さく切って水はひたひたにします。
IMG_2873

茹で上がったタラは、牛乳を半分除き、身をほぐします。
というかマッシュします。
茹で上がったじゃがいもも同様にマッシュし、タラと牛乳と合わせてよく混ぜ、滑らかにします。
余った牛乳はパンでも浸して焼いてフレンチトーストにでもするといいと思います。
IMG_2874

耐熱容器に移し、オーブンで表面に焦げ目をつけます。
今回は200度で20分焼きました。
IMG_2877

出来上がり!
写真ではわかりにくいけど焦げ目がついています。
IMG_2878

お味はまさにフランスで食べた、ワイン欲しくなるあの食感、あの味!
ハーブとにんにく、牛乳がタラの臭みを消して、とてもいい味を出しています!
(塩たらは袋を開けた瞬間から漁港を凝縮したようなすんごい臭いがします)
しかしこのタラ4切れ分入って1600円くらいだったことを考えるとおいそれと買えるものでもありません。
食感考えると、ツナ缶で代用できないもんかな?と思っています。

フランスで食べたブランダードは、この写真の真ん中の、バットに入ったもの。
南フランスらしくハーブがたっぷり入っており、滑らかで、ステイしていたワイナリーの白ワインととってもよく合いました!
IMG_6387

五反田の南米食材店で、ブラジルの塩ダラを買ってきました。
これで大体10cm×20cmくらいの大きさで、4枚タラが入って1600円くらいでした。 
ブラジルの、というか元々はポルトガルの食べ物です。
IMG_2820

このパッケージの中にタラが4切れ入っていました。
厳重に包まれたラップを開けると、途端に魚屋さんというよりもはや漁港みたいなすごい匂いがします。
IMG_2821

まずは2切れ戻してみます。
これの周りについた塩を流水で洗い流した後、水につけ、冷蔵庫にいれておきます。
この水を1日4-5回交換するという作業を3日ほど続けます。
さらに、この水も冷蔵庫同じ温度ではないといけないそうで、ペットボトルに入れて一緒に保存します。
もしかして動物飼うよりめんどくさいのでは。
IMG_2822

3日後の塩たらがこちら。
ふっくらプルプルになっています!
IMG_2871

先日コロナ支援で、鹿児島のさつま揚げを大量に購入したのがまだまだあって、再現料理がすすみません!
代わりに日本酒がもりもりと進みます。

今日は昨日紹介したお魚のハーブソースの料理、ガリエマヒの横に添えてた空豆ご飯について書きます。
空豆はちょうど季節だし、是非作ってみてください!


バガリポロ
二人分くらい
材料
米 1.5合位
空豆 10個くらい
ディル 大さじ2くらい

作り方
空豆の薄皮?みたいなやつを剥きます。
IMG_2838

米を研ぎ、分量の水を入れてから空豆と塩を2つまみほど入れ、炊飯します。
IMG_2839

炊き上がったらディルを入れてよく混ぜます。
IMG_2842

お皿に盛り付けて完成です!
IMG_2843

ディルの香りがたまらなく美味しいし、空豆が手伝ってかなり酒が進む感じになってます。
香ばしくてめちゃくちゃいい。。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

今回は日本米で作りましたが、現地ではバスマティライスを使用します。
私が作ったやつはディル大さじ1くらいなので、かなり入れてもいいということでレシピの量は倍にしました。
IMG_2935

今日は二日連続イランレシピの1日目です。

イランはイスファハーンでホームステイした先のMehrnoushさんは超絶料理上手。
私の中の作りたいと思うイラン料理レパートリーはほぼ彼女に教わったものです。
私が「ねえねえ、イラン料理はパクチー使わないの?食べてみたい。あと魚をもう1か月以上食べてなくてマジで死にそう(インドでベジタリアン生活してた)」と言ったら教えてくれたのが、海に近いイランの南の方でよく食べられるこの料理でした。
ソースを長時間かけて煮込み、揚げた魚にかけて食べる料理で、ソースをガリエ、魚をマヒというそうで、そのまんまガリエマヒという料理名になったそうです。


ガリエマヒ
2人分くらい
材料
タマリンド 50グラムほど
玉ねぎ 1個
トマトソース 大さじ2、もしくはトマト半分
ハーブ類
 パクチー3束
 乾燥タイム大さじ1くらい
 ディル大さじ1くらい
あればターメリック 2振り

作り方
タマリンドは、レンガのように固まってるので、軽くバラして10分ほどぬるま湯につけておきます。
(他の料理で使うため、ちょっと多めに製作)
IMG_2830

その後タマリンドをぎゅうぎゅう揉んで、味噌汁のような茶色い汁(タマリンド水)をこし取ります。
揉んだあとのガラは捨てます。
IMG_2832

玉ねぎ1個分を、多めの油で飴色になるまで炒めます。
そこにターメリックとトマトソース(ピューレが望ましい)を入れます。
生のトマトなら、普通のトマト半分ぶんくらい入れましょう。
今回は冷蔵庫にあったミニトマトを使いました。
IMG_2829

トマトから少し汁が出始めたら、水を2カップくらいとタマリンド水をカップ半分加えて、さらに煮込みます。
トマトがさらに潰れた頃に味見して、軽いポン酢のような酸味を目指して、必要に応じて少しずつタマリンド水を足します。
IMG_2833

みじん切りにしたハーブ類を入れます。
今回はパクチー3束分くらいと、ディル大さじ1、乾燥タイム大さじ1くらい入れました。
現地ではパクチー、生のフェヌグリーク、生のタイムを入れました。
IMG_2834

そこから弱火で1時間くらい火にかけ、塩で調味します。
酸味がきつい場合は砂糖を少しずつ足します。
IMG_2836

魚を調理します。
小麦粉か片栗粉をまぶした魚を、多めの油で両面揚げ焼きにします。
今回はタラを使ったのですが、身が崩れたので、鰆とかええんちゃうかと友人が言ってました。
IMG_2841

魚の上にたっぷりソースをかけて出来上がりです!
IMG_2843

酸味が絶妙で、ハーブの香りもムンムンしてとっても美味しいです!
空豆ごはんのバガリポロがとても合います!
こちらのレシピは明日載せます。
実際食べないとイメージつきにくいだろうから、報告会で出したいなあ。



こちらが現地のガリエマヒ。
今回は味的にもかなり現地に寄せて再現できたと思います。
灼熱のイランで、イラン美女や世界各国の女子たちとキャッキャした日々をものすごく思い出す味に仕上げられました。
IMG_2932

このページのトップヘ