酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

カテゴリ: 料理・Food and Recipe

マドリードではスイーツ屋に遭遇することが多かったのでよく朝ごはん代わりに食べてました。
あぶらっこいから2つほど食べたら昼過ぎまでお腹いっぱいです。
IMG_5090

買ってみました。
IMG_5122

黄色いのはアイシング、中はサクフワのパイになってました。
IMG_5123

これはシナモン風味で、ほろっと崩れるような口どけでした。
ポルポロンみたいでした。
IMG_5124

荷物を預けたお店がパンデリアだったのでここでも一つ。
IMG_5145

これ軽いのに意外と包み紙に油がうつってます。
上のはアイシング、シュークリームのシューのところだけってかんじです。
IMG_5148

マドリードで一人ご飯できるところを調べていたら出てきたのがサンミゲル市場。
いろんな店で買った食べ物や飲み物で酒盛りができる素敵スポットです。
ポーションも現実的なので私もやってみました。

まざはサングリアとパタタブラーバ。
このオレンジのピリ辛クリーミーなブラーバソースが素敵です。
ビールでもよかった。
IMG_5058

そしてイカフリット。
やわらかくて美味しいです!
しかしこの3品頼んで30ユーロ5000円すると思ったらお財布に厳しいです。
あとあぶらっこくて胃もたれするのでここで終わり。
IMG_5059

以下写真だけとってきたものです。
うまそうなオリーブ
IMG_5050


FullSizeRender

スイーツもあります
IMG_5052

IMG_5045


IMG_5044

これはホステルのすぐ下のバル。
ビール頼んだらオリーブがついてきたんですが、このオリーブが当社比前代未聞の美味しさでした。
IMG_5112

イカフライを挟んだパン。
これも名物のようでどこにでもあります。
IMG_5113

スーパーで度々なんかこのシラスみたいなものを見かけてずっと気になってました。
IMG_4825

そして調理できるホステルにきたので早速やってみました。
ググったところアヒージョにするとかいてありました。

IMG_5573

そのまま食べてみたら魚の味がするけどちょっと塩味もうちょいほしい感じでした。
フライパンに油をしいてこれを投入、ホステルにあったガーリックパウダーと塩胡椒で味付けしました。
IMG_5574

美味しいけど、なんかかまぼこっぽい味と食感です。
IMG_5576

と思って調べてみたら本当にかまぼこでした!



うなぎの稚魚だけど高いからかまぼこで代用!!!

デパ地下行ったらかまぼこじゃないホンモノありました。
こりゃかまぼこにするし、なんなら日本で五千円のうな重食べた方がいい。
IMG_5647

まさにカニカマと同じ発想です!!!
ってことは、カニカマとかかまぼこ、なんならちくわをアヒージョにしても美味しいってことではないでしょうか。

うな重食べに行こ。

チュロスはスペインの定番の朝ごはんのようです。
せっかくなのでホテルの近くにあった有名店San Ginesに来ました。
IMG_5061

ここは隣接する土地に2店舗ほどあって、一つ一つはそんなに大きくないようです。
8時オープン少し前に行ったら余裕で第一バッチで入れました。

IMG_5073

確か5.9ユーロでチュロス6本とチョコラテがついてきます。

IMG_5074

このチョコラテも濃厚なテクスチャながら甘すぎず、チュロスは日本で食べるようなどっしりぎっしり生地ではなくサクッと軽く、生地自体に甘さはなく薄っすら塩気をつけてあって、上品で口当たりよくいくらでもいける味です。
しかし私のヨワヨワの胃腸ではすぐ胃もたれしてしまって夜までお腹いっぱいでした。

IMG_5075

このスープはCaldo Gallego、巡礼者向けメニューで提供されました。
白インゲン、じゃがいも角切り、キャベツを柔らかく煮込み、牛乳のコクを足した感じでした。
レシピを検索するとハモンだとかベーコンなど肉を入れているようでしたがこれはそんなことなくて、もっと優しい感じでした。
ポルトガルのカルドベルデの変化系だそうです。
IMG_4898

Pulpo a Feira、ガリシア地方といえばこのタコとじゃがいもとパプリカ、塩とオリーブオイルだけで味付けしたシンプルながらとっても美味しい料理です。
日本で食べたこともあったのですが、こちらのは生タコをさっとゆでなのかグリルなのかしているのみで信じられないくらい柔らかかったです。
たこ焼きはこれを見習え。

IMG_5003

Pimento de Padron、このししとうの素揚げの塩だけかけたやつです。
パドロンっていう品種の名前になってるようですが、巡礼のときのサンティアゴ一歩手前の一番大きい街の名前がPadronで、そこからきているようです。

IMG_5002

セブレイロチーズのはちみつがけ。
セブレイロはフランスの道のSarria一歩手前の山がある街の名前、きっとそこの名産なんだと思います。
巡礼について調べたおかげですっかり地名に詳しくなりました。
だいたいヨーロッパで地名がついてるやつは間違い無いです。
濃厚なフレッシュ系のクリームチーズっぽい感じで、これでチーズケーキとかつくったらめっちゃ美味しそうだと思いました。
はちみつもなんか知らんすごい濃厚で美味しかったです。

FullSizeRender

ワイン!
お酒飲んだら眠りが浅くなるので巡礼中は控えめにしてました。
リアスバイシャスのアルバリーニョはすごくフルーティーな香りでさすがでした。
このワイン2.5ユーロ、タコ14ユーロでなんかこの国全体的に酒がめちゃくちゃ安いのでは。
IMG_4999

このページのトップヘ