カテゴリ: 料理

アルゼンチンで水の次に消費されてると言われるドリンクが、マテ茶。
しかしなぜかマテ茶はカフェとかには置いてなくて、飲めるお店がありません。
現地の人は基本お家で楽しむようで、日本における緑茶と同じ現象が起きているようです。
その割にマテ茶の淹れ方についてのアルゼンチン人各々のこだわりはものすごいものがあります。
なので、Airbnbの体験ツアーでみつけたマテ茶クラスでみっちり色々教えてもらってきました。

マテ茶の茶葉について
このマテ茶の原料となるとのはYerba、スペイン語でハーブ、と呼ばれている植物です。
お茶っ葉とは違うそうです。
この植物は世界でもイグアスの滝周辺にしか生息できず、イグアスの滝があるあたりの国で広まっているのがマテ茶という飲み物、もしくはその文化です。

この葉っぱにはカフェインは含まれず、かわりにマテインと呼ばれる成分が含まれるそうです。
このお茶を飲むと、元気になってシャキッとするけど、コーヒーのように強く作用することはないそうです。
寝る前も飲んでから1時間くらいおけば眠れるようなものだそうです。

マテ茶容器について
マテ茶の入れ物は、今でこそシリコンやら陶器やら色々ありますが、伝統的なものは瓢箪で作られます。
その周りを皮で覆ったり、銀で縁どりしたりするのが伝統的なものだそうです。
その入れ物に入れたお茶を、ボンビージャというストロー状のもので吸います。

木やひょうたんで出来た茶器を新しく買った時は、使えるようにするため丸2日を要します。
まず使用済み茶葉を入れ、24時間放置し、茶葉を捨てて水で中を洗います。
もう一度使用済み茶葉を入れて24時間放置し、洗ったら完成です。
洗う時はもちろん水洗い、この手の器に洗剤はご法度だそうです。

マテ茶のマナーなど
マテ茶は、茶道のようにかしこまったものではないですが、アルゼンチンをはじめとするラテン圏の人に根付いた文化だそうです。
何人かでおしゃべりするときに1つのマテ茶を回し飲みするそうです。
この時ストローをシェアするのはみんな抵抗がないそうですが、次の人に回す時はお茶を全部飲み切って、新しいお湯を足して回すのがルールだそうです。
また厳密に言えばカードゲームの親みたいにマテ茶奉行みたいな役割の人がおり、その人が葉っぱを入れたり、次の人に回すときにお湯を入れる役割を一挙に担います。
また、万が一そのマテ茶が美味しくない場合やお腹いっぱいの場合は、マテ茶奉行に渡すときに「ありがとう」というともう要らない、という合図になるそうです。
この調子で、家や仲間内、オフィスでももりもりマテシェアしているそうです。
特に会議中には誰かがマテ茶とお湯を持参し、みんなでお茶シェアしながら話すとか。
IMG_0724

マテ茶ができるまで
マテ茶は茶葉を収穫し、サイロに入れて乾燥させ、刻みます。
その後最大2年ほどの熟成期間や、物によっては薫製にして、出荷されます。

味の違いは以下の通り。
・熟成期間
・茎を入れるか入れないか
・薫製の有無

まずは熟成させたもの。
袋に18Meses、18カ月熟成と書かれています。
IMG_0731

茎入りかどうかは、袋にElaborada con Paloと書かれています。
IMG_0732

こちらは薫製、Metodo Barbacuaと書かれています。
IMG_0733

マテ茶の淹れ方
茶葉を入れる前に、必ずカップからストロー(ボンビージャ)を取り出します。
出さないと葉っぱが穴に詰まるらしいです。
IMG_0725

カップに葉っぱを詰めます。
カップの4分の3くらい入れます。
(講師のお姉さんが500gの茶葉を1週間で消費すると言ってた意味がよくわかる)
IMG_0726

その後、カップを傾けてトントンして、傾斜をつけます。
その傾斜の低いところにショットグラス半分くらいの水を落として湿らせます。
IMG_0727

先程湿らせたところからボンビージャを突っ込み、底から茶葉を押し上げるようにして、ボンビージャを固定します。
IMG_0729

80度くらいのお茶をこの傾斜部分に注ぎ、飲んでいきます。
この時上の茶葉は乾いたままなのがミソだそうです。
マナー的には全部飲んだらマテ茶奉行に戻し、次の人に回しましょう。
この茶葉でだいたいお湯1リットル分くらいだそうです。
なので、この国で売られている保温水筒の多くは1リットルです。
IMG_0730

こんな感じで色んな茶葉を思う存分にテイスティングさせてもらえて、お茶大好き勢にはたまらないすごく素敵な体験でした!
IMG_0734

チョリパンって初めて聞いたときは、本当に日本語の調理パンのことかと思いました。
実際調理していました。

ブエノスアイレスの一番の観光地と思われる場所が、ボカ地区カミニートというインスタ映えスポット。
そこはステーキ屋で有名で、もちろんレストランもありますが、このチョリパンというのも路上で売られています。
調理してるおばちゃんはペルー人、売り子はブラジル人で、なんだかアルゼンチン要素が見られません。
IMG_0703

ぶっといチョリソーを半分に切って焼いてくれます。
IMG_0704

パンに乗っけていろんなソースをかけます。
IMG_0680

奥の野菜ゴロゴロのやつがペブレソース、手前がチミチュリソース、緑のはペルーのチリソースだそうです笑笑
IMG_0679

お値段はさすがの観光地なので150ペソ約300円!
エンパナーダだと1個100円を切るこの国で、なかなかします。
しかし歩き疲れた小腹にグッとくる旨味。
こってりチョリソーに生玉ねぎとトマトとパクチーが爽やかさを添えます。
塩気の少ないパサパサのパンがソースの油をぐんぐん吸い込みます。
この場合パサパサは褒め言葉、パサパサじゃないと汁吸ってくれません
そしてめっちゃビール欲しくなります。
堪らずこの後カフェでタンゴ見ながら飲みました。
IMG_0682

ちなみにアルゼンチンには、ステーキを挟んだVaciopan、ステーキとチョリソー全部乗せしたBondiolaというサンドイッチも存在します。
こういう露店は両方売ってます。
年齢による胃もたれがする私は、どっちか片方でいいかな!と思いました!

南米全土くらいの勢いで広がる南米ピロシキ、エンパナーダ。
今日はアルゼンチンのエンパナーダについて書きます。

チリで食べたエンパナーダは、1個でめっちゃお腹にたまるサイズの揚げパンでした。
そんなエンパナーダがアルゼンチンのレストランでは前菜の枠でメニューに載ってました。
そんなの前菜で食べたら絶対メイン入らんやろ、、と思ってましたが。

大きさの比較対象はビール。
アルゼンチンのエンパナーダはとても小さいです。
そして揚げではなく焼きです。
IMG_0604

チリで売ったてやつは具を色々選べましたが、アルゼンチンのやつは前菜枠だからか、特に選択肢もなく、問答無用で肉入りがきました。
そしてさすがステーキ大国、ペルーよりもチリよりも、遥かにお肉が美味しいです!
IMG_0605

松屋のメニューになって何かと話題のジョージア料理シュクメルリ。
生クリームとかチーズとか使わなくても、わりと家にある材料で簡単に現地っぽい味を再現することができます。

シュクメルリ
材料(一人分くらい)
鶏モモ 150から200グラム
牛乳 150ccくらい(クリームがあればバターは減らすこと)
バター 20グラムくらい
チューブのにんにく 2センチくらい
塩胡椒

作り方
鶏肉に塩胡椒して、オーブンでグリル、もしくはフライパンで表面をカリッと焼く(後からチンするので、ここで重要なのは表面を焼くこと。中はどうでも良い。)
耐熱皿に牛乳とバター、にんにく1センチくらいを入れ、20秒ほどチンし、バターを溶かす。
お好みでパルメザンチーズを入れても良い。
バターはカロリーを気にせず、結構多いかなと思うくらい入れること。
チンした牛乳を混ぜて、バターやにんにくを溶かす。
味見して必要に応じて少し塩を足す。
上記で焼いた鶏肉を投入し、にんにくの1センチ分くらいをかけて、ふんわりラップし、3分ほどチンしたら完成!

これが現地で食べたシュクメルリのお手本です。
上からみぞれのようにかかってるのは全部にんにくです。
実際は別々にグリルするのではなく、クリームかサワークリームなどと一緒に、オーブンに入れて焼く簡単料理です。
オーブンだと時間がかかってしまうので、忙しい日本人は松屋で食べるか、私のように時短レシピにするのがオススメです。
IMG_0600

メンドーサには2つの呑ん兵衛ストリートがあります。
是非ともメンドーサのうまいワインとステーキを合わせて食べたい!と思い、ホテルからまあまあ離れた大きめ呑ん兵衛ストリート(Aristides Villanueva)で夕方6時ごろからハッピーアワー巡りをしていましたが、なんだかステーキとワインの店があまりなく、ビールの店ばかりでした。
しかしビールもクラフトビールとか色々あって、なかなか良さげでした。

そこでPlaza Independenciaの近くにあるもう一つの呑ん兵衛ストリート、Sarmientoに行ってみました。
ここは割と肉とワインを置いてるちょっとお高めに見える店が多いです。
その一つでマルベックとステーキをかっ喰らってきました。

まずは前菜はタンのチミチュリソース和え、Lengua a la Vinagreta。
前菜約400円でこのボリューム、、
FullSizeRender

チミチュリソースはコリアンダーをふんだんに使ったソースで、漬け込んだハーブとオイルとビネガーをローストして作るそうです。
オイルの割合が割と大きいイメージでした。
IMG_0472

続いてメインのステーキ。
脂身が驚くほどあっさりしています。
オーストラリア人曰く、牛の餌を草にするとこういう素敵ビーフになるらしいです。
FullSizeRender

ソースはチミチュリではなくバジルかにんにくの模様。
パプリカとビネガーのソースも美味しいです。
IMG_0475

アルゼンチンで食べる牛肉は、間違いなく今のところ世界で一番美味しいです!
そしてこれだけ飲んで食べてお会計は570ペソ、1000円ちょっとくらいです!!
お洒落な街並みでご飯とお酒を同時に楽しめてこのお値段、素敵すぎる。
私は基本的にステーキがそんなに好きではありませんが、アルゼンチンのステーキは本当に美味しくいただけます!
しかし肉の脂は胃に溜まります、、魚がたべたい、、

↑このページのトップヘ