ジョージア料理で一番好きなのは多分プハリだと思います。
あれは永遠に酒が飲めるベジタリアンなめろうくらいに思ってます。


その次くらいに好きなのは多分このサツィヴィです。
見た目がなんとも地味で映えないのですが、鶏肉を美味しく食べる大正解の一つをうまく示しているのはまちがいなくこのサツィヴィだと思います。

サツィヴィ
材料
鶏胸肉 2枚
にんにく 2かけ
くるみ 50g
玉ねぎ 小1個

作り方
鶏胸肉は皮を剥がして、鍋に入れます。
ひたひたの水、にんにくひとかけ、塩小さじ1で弱火でじっくり煮ます。
炊飯器で炊飯してもいいです。
煮汁はチキンスープが美味しく出てるのを使うので捨てないでください。
IMG_8166

チキンを煮てる間に玉ねぎを調理します。
玉ねぎをみじん切りにし、フライパンで飴色になるまでじっくり炒めます。

フードプロセッサに飴色玉ねぎ、くるみ、にんにく1かけを入れ、これもひたひた量のチキンスープを入れて回します。
味見して、適宜塩を足してください。
これでソースが完成です。
IMG_8167

お皿にチキンを切って盛り付け、ソースをかけて完成です!

映えない!!なんか全体的に肌色!!!

FullSizeRender


でも飴色玉ねぎ、チキンスープ、にんにくが混ざって不味くなるわけがありません。
くるみはあまり知られていませんが、かなり旨味の強い食材です。
パンにつけて食べても絶品です。
この見た目に懲りずに一度食べて欲しい気持ちです!