狩猟免許、第1種とわな免許を併願し、受験してきました!
問題集も教科書も分量は多いけど出るところはそれほど多くなく、ひととおり一度やれば充分受かるのでは、とこれまで色々エクストリームな試験を色々受けてみて、個人的に思いました。

朝は9:30に試験場に集合し、試験は9:50開始です。
通常試験だと30問のところ、併願だと36問になります。
これで7割取れたら合格です。
30分経てば部屋を退出できるのですが、多分10分あれば回答して、30分あれば見直しまで終わると思います。

部屋を出たら健康チェックを受けます。
視力検査と運動能力、聴力の検査です。
視力検査はよく知ってるあの丸っこいやつの開いてる方向を答えます。
聴力検査は運動能力検査の前に名前を呼ばれ、聞こえるかどうかの検査です。
運動能力検査は手を前に伸ばして指を開いたり閉じたり、屈伸、深呼吸ができるかどうかの簡単なテストです。

ここで筆記の合否を聞いて、午後以降は実技です。
鳥獣の判別の試験とわなの判別と設置、猟銃の取り扱いと目視で距離を測る試験です。
併願の場合、鳥獣の判別試験は2回受けることになります。
私は鳥獣判別が結構苦手で、これは割と勉強しました。
ネット上に色々、特にYouTubeとかに練習問題があるので、それでやるのがいいと思います。


わなの判別と設置、銃の取り扱いは講習会に行きましょう。
目視で距離を測るのは、短い距離から試験場の廊下に出て、あそこの建物までの距離は?などということを4問聞かれます。
どのくらいで合格なのか全然わかりません。