世界を回った時、帰りは中国も行きたいなあ、と思っていました。
その一つの目的がこれ、毛豆腐でした。
中国は安徽省の名物らしく、豆腐に藁をかけて毛カビ菌の一種がついたところで頂く食べ物だそうです。
菌の種類もあるし、毛カビが発現する気候もあるだろうし、どう転んでも日本では食えないと思ってたら、インターネットの海の中に毛豆腐作りワークショップがあったので申し込み、菌を手に入れることができました。


豆腐を切ります。
豆腐は木綿、ファミマで買ってきました。
IMG_6232

これが毛カビ菌です。
水に溶かして、豆腐にまぶします。

IMG_6231

こんな感じになりました。
タッパーは予め蒸留酒で拭いて消毒します。
本当は下はすのこ的にしたかったけど、タッパーが小さすぎて何も置けませんでした。
IMG_6233 

軽く蓋をして、放置。
IMG_6234

24時間くらいで毛が生えるかと思ったら、48時間かかりました!
産毛が生えました!!
IMG_6236

続報は後日!!


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book