相変わらず油ものを食べるのが辛く、日々お粥をたべています。
そんなことをしていたら体重が12キロ落ち、3年前のソムリエ試験受験前くらいまで戻りました。
お肉を食べるのすらキツくて躊躇していたら、友人がフランスで野菜料理が主に載った料理雑誌を買ってきてくれました。
ここに載ってたうまそうなのがこれ、バターナッツかぼちゃの栗とキノコの詰め物です。
IMG_5826

バターナッツかぼちゃの栗とキノコ詰め
材料
バターナッツかぼちゃ 1個
玉ねぎ 4分の1
甘栗むいちゃいました 1つ
ブナシメジ 1パック
タイム 小さじ1
塩 少々
ディジョンマスタード 小さじ2-3くらい

作り方
バターナッツかぼちゃを縦半分に割り、ワタを取り、軽くチンする。
ちょっと柔らかくなったくらいのところで、かぼちゃの中身をほじくり出す。

これが終わったタイミングでオーブンを180度に余熱する。

玉ねぎはみじん切りにする。
フライパンにオリーブオイルを敷いて玉ねぎとしめじ、かぼちゃの中身を炒める。
少し玉ねぎが透明になって火が通ったら、くり、タイム、塩、ディジョンマスタードを入れてトロトロになるまで炒める。

バターナッツの中に炒めたものを詰めて蓋をしてオーブンで1時間焼く。
天板の上のバターナッツは不安定なので、アルミホイルで土台を作る、凧糸で縛るなどして安定させる。

かぼちゃの表面がこんがりしたら出来上がりです!
IMG_5905

パカッ
FullSizeRender

白ワインによく合うおつまみになります!
雑誌を見ると、リコッタチーズを付け合わせに食べるのが美味しいようです。
(私は乳製品もお腹壊すので食べられません。)
糖質制限してる人はちょっと材料見直さないとかもですが、野菜たっぷりの美味しい料理です。
正直かぼちゃ掘るのめんどくさいので、かぼちゃ刻んで普通に玉ねぎとキノコでソテーしてもいいな、と思ってます。
IMG_5914


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book